セーターの毛玉取り、毛玉取り機の前のひと手間を!効果的な毛玉の取り方

冬はセーターを着る機会が増えますよね。そこで悩むのがセーターなどの衣類にできる毛玉ではないでしょうか。毛玉取り機を使う人が多いと思いますが、なかなかきれいに取り切れないこともあるのではないでしょうか。毛玉取り機を使う前に、ちょっと手間をかけるだけで毛玉がみるみる取れる方法があります。セーターなどの衣類毛玉にお悩みの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

毛玉取り機をいきなり使うのはNG!

セーターは着用しているときに擦れたり、使用頻度が多かったりすることで摩擦が起こり毛玉ができてしまいます。セーターをドライコースで洗うときはネットに入れるのが前提ですが、洗う頻度が多いほど摩擦ができるため毛玉も増えてしまうのです。

毛玉があるセーターは、なんだか古びて見えますよね。実は、古びて見えてしまうのは毛玉だけが原因ではありません。セーターについた埃や汚れ、袖口や襟が伸びてしまっていることも原因のひとつです。

セーターを着ようとして毛玉を見つけたら、すぐに毛玉取り機を使う人も多いのではないでしょうか。しかし、毛玉取り機を使ってもあまりきれいに取れていない気はしませんか?毛玉取り機はいきなり使うのではなく、その前にひと手間かけることで毛玉が取りやすくなるのです。

次に、毛玉取り機を使う前に行う手順をご紹介しますね。

毛玉取り機を使う前に行うこと

では、毛玉ができたセーターをきれいにする手順を見てみましょう。

セーターにスチームアイロンをあてる

毛玉を取りたいセーターには、スチームアイロンの蒸気をあてて繊維を柔らかくする必要があります。直接セーターにアイロンをあててしまうと網目がつぶれてしまうため、あて布をして霧吹きをすると良いでしょう。アイロンはセーターの上を滑るように軽くあてると良いですね。

アイロンの熱と蒸気でセーターは柔らかくなり網目も整うので、セーターの型崩れ解消にもおすすめです。スチームをあてることで、消臭効果もありますよ。

袖口や襟の形を整える

セーターは袖口や襟が伸びやすいため、あて布をしてスチームアイロンをかけると形が整います。カーディガンなどのボタンホールが伸びでしまっている場合も、スチームアイロンで形を整えましょう。スチームアイロンを持っていない場合は、霧吹きをかけてドライヤーをあてても良いですよ。

衣類用のブラシで全体をブラッシング

アイロンが終わったら、次は衣類用のブラシでセーター全体を優しくブラッシングしましょう。この段階で毛玉が取れることもあります。

衣類用のブラシなら、セーターについた埃や汚れも落ちるため、毛玉ができる原因でもある洗濯を何度もする必要もないですね。

普段から衣類用のブラシを使うことを習慣化していれば、コートやジャケットについた埃や花粉なども取り除くこともでき、毛玉の解消と合わせて一石二鳥ではないでしょうか。

ここから毛玉取り機の出番!

手順1~3を終えたら、いよいよ毛玉取り機の出番です。一般的な電池式や電動の毛玉取り機がスピーディーで便利だと思いますが、毛玉取り機は衣類に押し付けてしまうと穴を開けてしまうため注意して取り除きましょう。

特に、筆者がおすすめしたいのが「T字カミソリ」です。女性用のT字カミソリは、肌に触れても安全に使える刃なので、優しくセーターの表面に滑らせていきます。小さな毛玉も取り除けるためおすすめですよ。

最後は掃除用のコロコロテープできれいにする

毛玉を取り終えたら、最後はセーター全体のゴミや埃を取り除きましょう。掃除用の粘着式コロコロテープなら、取った毛玉や糸くずなどもきれいに取れるのでおすすめです。

毛玉を取っているときに誤ってセーターに穴を開けてしまった場合は、布専用の接着剤で裏から少量つけて穴をふさぎましょう。縫物が苦手な人も簡単にできるのでおすすめです。大きな穴を開けてしまったけどお気に入りで処分したくない場合は、お直し屋さんなどで直してもらってくださいね。

まだある?毛玉を取る方法!!

T字カミソリや専用の毛玉取り機以外にも、毛玉を取る方法があるのでご紹介します。最近、自宅にあるもので簡単に毛玉が取れると人気なのが、「台所用スポンジ」で取る方法です。特に、スコッチブライトのスポンジが毛玉を取るのにおすすめと口コミでも広がっています。

使うのはスポンジの裏側で、鍋の焦げ付きなどを取り除く緑色の硬い部分です。毛玉を取りたい部分に軽くスポンジをあて、優しくなでていきます。すると、スポンジの緑色の部分に毛玉が絡み取られていき、あっという間に毛玉が取れてしまうので、ぜひ試してみて下さいね。

毛玉ができにくくなる工夫をしよう

セーターを着るとどうしても摩擦で毛玉はできてしまいます。そこで、毛玉ができにくくなる工夫を普段からしておくと良いでしょう。

例えば、バッグが擦れることで毛玉ができてしまうなら、バッグの持ち方を変えたり持つ手を交互に変えたりすると良いですね。

自宅でセーターを洗う場合は、柔軟剤を使って静電気が起きにくくするのも毛玉を防ぐのに効果的ですよ。

最後に

いかがでしたか?寒い季節に大活躍するセーターですが、毛玉の悩みはなかなか消えませんよね。もし毛玉取り機だけで対応している場合は、スチームアイロンをかけて繊維を柔らかくしてから取り除いてみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら