女性だけとは限らない!外反母趾は誰でも起こる足の病気

外反母趾とは、足の指があらぬ方向に曲がって激痛を起こす、足の病気です。女性に多く起こる病気として有名ですが、女性特有のものではなく、どんな人でも油断は禁物です。なぜ足の形が歪んでしまうのか。外反母趾原因予防改善方法をご紹介します!

外反母趾になる原因とは

外反母趾は、足の親指が人差し指側のほうに激しく曲がり、骨が変形して固まってしまうことで起こります。悪化すると激痛を伴います。原因には先天的、後天的なものがそれぞれ存在します。

サイズの合わない靴を履いている

靴のサイズが合っていないと、正しい歩き方ができないために足の筋肉の使い方が不自然になってしまいます。特に外反母趾になりやすい靴がハイヒールです。そのため、外反母趾は女性に多く起こる病気だと言われています。

ハイヒールは踵が高く、履くと体が前のめりになりやすいです。さらに先端部分が細くなっているため、歩く度に爪先が圧迫され、内側にどんどん曲がっていくため、放っておくと外反母趾の症状が悪化してしまうのです。

ハイヒールでなくても、小さすぎる靴は足全体を圧迫して骨を変形させてしまうため、女性だけではなく男性も注意が必要です。

逆にサイズが大きい靴を履いていると、靴が脱げないように気をつけながら歩く癖がついてしまうため、足の使い方が不自然になります。すると足の指がおかしな方向に曲がってしまったり、偏平足(へんぺいそく)を併発してしまう危険があります。

遺伝的な要因

遺伝によって生まれつき足の形状がおかしい、もしくは外反母趾になりやすい体質の人がいることが分かっています。

遺伝が原因で外反母趾を引き起こす人のほうが、生活習慣の影響で発病する人よりも圧倒的に多い、という研究結果もありますが、まだ詳しい解明は進んでいません。大半は関節が柔らかいうちに矯正を行うことで正しい足の形に直すことができますが、再発する危険もあります。

激しい骨の歪みなどで改善が難しい場合には、手術をする必要もあります。

足の指が動かせていないことが最大の原因

外反母趾になってしまう最大の原因は、足の指がしっかりと動かせていないことです。正しい動きで歩いている人は、一歩一歩を踏み出すごとに、踵から指先までしっかり使って柔軟な歩行をしています。

対して歩き方のおかしい人の多くは、動きがぎこちなく、ペンギンのようにペタペタとした歩き方です。そうすると足の指を使わないので、指の筋肉が固まって自力で動かせなくなり、歪んだままになってしまうのです。

歩き方が変だと、指先や付け根に痛みを生じます。その痛みから足を庇うために、さらに変な歩き方をして悪循環を招くこともあるため、注意が必要です。

外反母趾の予防・改善方法

足の環境の悪化によって起こる外反母趾は、その環境を改善して足の指を正しく使うことで、自分の力でも直すことができます。

歩き方を改善する

歩き方がおかしいかどうかを主観で気付くのは難しいです。歩く姿を誰かに見てもらって違和感を指摘してもらう、動きを録画して見直してみる、綺麗に歩いている人と比べてみるなどして、正しい歩き方を意識することで少しずつ改善していけます。

基本の歩き方

  1. 足を地面につける時は踵から下ろす
  2. 爪先までしっかり地面につけて、指の力で踵を持ち上げて足を浮かせる

爪先をバネのようにしならせて動かすことがポイントです。正しい歩き方をすることで足にかかる負担を減らすことができるので、疲れやむくみが少なくなります。筋肉を正しく使えば代謝も上がってダイエットにも繋がり、一石二鳥ですよ!

足の指を柔軟に保つ

既に外反母趾の症状が起こっている人は、指の筋肉が固まってしまっているため、急に動かそうとすると痛みが走ることがあります。

正常な動きに戻すために、最初のうちは指を丁寧にマッサージしてほぐし、血行を良くする必要があります。すぐに改善は見られないかもしれませんが、根気強く続けることが何より大切です。

ある程度柔らかくなってきたら、足の指だけで地面に置いたティッシュペーパーやタオルなどを掴む訓練をすると良いでしょう。足の指を手の指のように柔軟に動かせるようになれば、指の位置も自然と元に戻っていきます。

足に負担をかけない履物を選ぶ

外反母趾を防ぐためには、足にぴったりフィットするを履くことが一番ベストですが、足の形は人によって様々なので、見つけるのは難しいです。

どうしてもサイズの合う靴がない場合には、少しサイズの大きい靴を選び、底や爪先に詰め物をしてサイズを合わせるようにすると良いでしょう。

紐靴の場合は、脱いだり履いたりする度に、きちんと紐を結び直すことで、歩きやすいサイズに整えることができます。サンダルも、足首や踵でしっかり固定できる脱げにくいものを選ぶと自然な歩き方ができます。

最後に

外反母趾は誰にでも起こる危険のある病気です。男性の方でも油断せず、足に痛みを感じたら自分の歩き方や履いている靴を見直してみてくださいね。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら