生活に彩りを与えてくれる簡単なクッションカバーを手作りしてみませんか?

スポンサーリンク
728×90




もう少し手先が器用だったら、あんなモノも作れるし、こんなモノも作れるのにと思ったことのある方!その気持ちさえあればできますよ!!でも、作り方がよく分からないし、ミシン縫いも縫い目が曲がっちゃうし・・・大丈夫です。縫い目なんか曲がっても気にしない気にしない。まずは簡単なクッションカバーでも作ってみませんか?

お気に入りの布を使って作ってみましょう。

まずは手芸屋さんに行って、自分の好きな布を選んできます。

ここ重要ですよ!

必ず自分のお気に入りの布を見つけてください。たとえ縫い目は曲がってもいいから、ここは妥協なしです(笑)。ふつう布幅(横)は1m前後くらいですから、それを50センチ程の長さ(縦)に切ってもらって買ってきてください。

お手持ちのクッションがあればその大きさを図って、ようはクッションの中身が入る袋を作ればいいのです。普通のクッションならだいたい45センチ角くらいだと思います。

まずは買ってきた布を中表(表を内側に)に半分に折ってください。それから、45センチ角で作りたいならえんぴつなどで45センチ角の線を書きます。その時に、1辺は『わ』になるようにしてくださいね。

それ以外の3辺にそれぞれ1センチの縫い代をとって線を書き、ハサミでその3辺の線を切ります。『わ』は切っちゃダメですよ。

切ったら一度開きましょう。ここから縫っていきますね。ミシンで縫う人はミシンを用意して、まず端っこがほつれてこないようにジグザグミシンで周りをグルッと縫っちゃいます。

そしたら、クッションを入れる口になる辺(短い方の2辺)を1センチ裏に折って、端から5ミリくらいのところを縫います。次にまた中表に半分に折って2枚重ねにして、入れ口以外の2辺を縫います。これで袋ができましたよね。

アイロンで方をつけよう!ひと手間加えてきれいに

 次にこれをひっくり返して表を出すのですが、その前にちょっとひと手間。先ほど縫った2辺の縫い目に折り目を付けます。縫い目=折り線としてどちら側にでもいいので折って、アイロンでしっかり型をつけます。

これをするのとしないのでは、ひっくり返した時の縫い目の部分の見栄えが違うのです。それから、底の2つのカドをきれいに出すように気をつけながらひっくり返し、形を整えます。

これでほぼ完成。

ファスナー付でいよいよ仕上げです

ファスナー付けができる人はファスナーを付けるとより良く仕上がりますが、苦手な人はスナップを3箇所くらい、又はヒモを真ん中一箇所に取り付けて結びます。その時のヒモを布に合ったリボンとかにするとすごく可愛いと思いますが、洗濯に向かないリボンもあるのでちょっと注意が必要です。

さて、お気に入りの布を使って自分で作ったクッションの使い心地はいかがでしょうか。きっと、お部屋の中で目を引くものになったことでしょう。クッションの中身は今使っているものを利用してもいいですし、なければ手芸屋さんなどで売ってますよ。

あと、手縫いの場合は3目くらいごとに一回返し縫いをするとしっかりします。ほつれ止めはブランケットステッチで。大きさを変えていくつか作っても素敵ですよね。

作って楽しい、使って嬉しい手作りのクッションをぜひ作ってみてください。

最後に

フランス産の超極太糸の「フックドゥズパゲッティ」使い方ご存知ですか?次の記事でご照会をいたします!

フランス産の極太刺しゅう糸で編み物!エコな超極太糸『フックドゥズパゲッティ』

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら