お茶やヨーグルトは効果がないかも?花粉症の間違った知識と基本の対策

スポンサーリンク
728×90




花粉症のつらい季節は、どうにかしたいと思うものですね。しかし、その花粉症対策は本当に正しいものなのでしょうか?実は効果が薄い間違った対策について、確認しておきましょう。

花粉症についての間違った対策

お茶やヨーグルトなどで花粉症が治る

長い目でみれば効果が現れる可能性はあります。体質改善のための薬草茶や、免疫力を高めるヨーグルトなどは、確かに体にいいものです。しかし、急によくなるわけではありません。毎日の習慣に取り入れるのは良いのですが、即効性があるわけではないのです。

症状が出てから対策をする

毎年症状が出ている人は、症状が出る前から対策をするのが良いのです。花粉が飛び始める前に医療機関などで治療を受けておくと、症状を抑える効果があるのです。

注射で花粉症が治る

花粉症の治療で、注射を1回打てば治ると思っている方がいるようですが、1回の注射で治ることはありません。また、ステロイド筋肉注射などは安易に行うものではありませんので気をつけてください。

花粉症に良くない習慣

マスクやメガネでしっかりと対策をしていても、つらい症状が治まらないという方はいませんか?それは生活習慣によって悪化している可能性もあります。

例えば、寝不足。夜更かしはホルモンバランスを崩しやすいので、花粉症を悪化させる事につながります。規則正しい生活が基本です。また、ストレスも免疫力を低下させると言われますので、日ごろのストレスは軽い運動や趣味などで発散するようにしましょう。そしてアルコールの飲みすぎは症状を悪化させます。喫煙も同じです。ほどほどにしておきましょう。

花粉症対策の基本

花粉症対策のために、花粉情報は毎日チェックするようにしましょう。できるのであれば、外出を控えるのが良いのです。しかし、なかなかそうもいかないものです。花粉飛散が多い時間帯は、午後1~3時ごろと言われていますので、せめてその時間を避けるようにするといいですね。そしてやはり基本は、メガネやマスク、そして着るものにも気をつけましょう。できるだけ花粉がつかないツルツルとした生地の上着を着るのがおすすめです。

帰宅後は玄関に入る前に、衣類を払うこと。これだけでもかなりの効果があるのです。さらに手洗いうがい、洗顔なども帰宅後に行うことをおすすめします。

最後に

花粉症はつらいものですが、医療機関へ行くとその人の症状にあった治療をしてもらえます。市販薬もよいものが出ていますが、できれば早めに医療機関にかかることをおすすめします。そして、花粉の飛散が多い時期は、花粉対策をしっかりして外出しましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら