主婦、フリーター、個人事業主など会社勤めでない場合に健康診断を受けるには?

スポンサーリンク
728×90

体の不調を特に感じていなくても、定期的健康診断を受け、健康状態をチェックしたり、生活習慣を見直すことは、毎日の健康を守るために大切なことです。しかしながら、会社勤めの方であれば毎年会社が行う健康診断を受けに行くだけで良いものの、主婦の方や、フリーターの方、個人事業主の方といった場合は、ついつい忘れがちであったり、そういえば何年も受けていない…ということはないでしょうか?また、ふと思い立っていざ受けてみよう!と決めても、どこでどのように申し込み、受けられるのか意外に悩むものです。そこで今回は、主婦の方、フリーターの方、個人事業主の方など会社勤めでない方向けに健康診断の受け方について詳しく解説しましょう。

主婦が利用できる健康診断とは?

主婦の方で健康診断を受けたいという場合、ご主人が会社員であれば、ご主人の会社が加入している協会けんぽ、あるいは健康保険組合などに、健康診断の費用を一部補助してくれる制度などがありますから、これを利用するのがおすすめです。

これらの制度は、条件を満たしていれば、被保険者であるご主人だけでなく、その妻といったご家族も対象になるのが一般的。

たとえば、全国的な協会けんぽの場合は、「特定健診」と呼ばれる健康診断がありますし、ご主人の会社が大企業などの場合では、独自の健康保険組合による「家族検診」や「主婦検診」を実施しています。

ただし、年齢上の制限や、会社指定の病院で受ける必要がある、ほかで健康診断を受ける予定が無い、といったようにそれぞれ条件も違いますし、どの程度、費用を負担してもらえるのかについてもそれぞれ異なります。

中には、全額負担、またはそれに近い場合もあるようですから、一度詳しく確認してみるといいでしょう。

各自治体が行う健康診断も!

各市区町村の自治体でも各種健康診断を行っており、費用も割安で済むのが一般的です。検診の内容や対象の年齢、費用の負担額、申し込み方法などは各自治体によってまちまちですから、お住まいの地域の市役所やホームページなどにて一度チェックしておきましょう。

また、通常の健康診断とは別にがん検診などのクーポン券が一定の年齢に達すると各市区町村から送られてくることもありますが、こういったクーポン券を利用することで、無料または割安で受けることができますから、見逃さないようにしたいものです。

病院に直接申し込む方法も!

費用は全額自己負担になりますが、最寄りの病院に問い合わせて、健康診断を申し込むという方法もあります。

健康診断をほかで受ける予定の無い方はもちろんですが、健康診断を受ける機会のある方でも、検査の内容は基本的な項目や最低限の項目に限られてしまうことも多いので、受けたい項目が検査できなかった場合や、より詳しい内容の検査を希望する場合は、病院にて直接確認してみるのがおすすめです。

検査の内容は、会社勤めの方が受けるような基本的な項目をそろえたプランをはじめ、病院によっては独自のプランを用意していたり、大きな病院では人間ドックを受けられることもあります。

費用にも幅がありますから、病院を通じて申込みをする際には、希望する検査内容を伝え、相談してみるといいでしょう。

会社で健康診断が受けられないときは?

会社勤めの方の場合、会社としては社員に対して健康診断を受けさせるという義務があり、これは労働安全衛生法によって法律で定められています。

そのため、健康診断にかかる費用も会社負担で受けさせてもらえますが、もしも会社で健康診断が無いという場合は、会社に対して健康診断を受ける権利があることを主張できますから、一度直接、確認し、万一、聞き入れてもらえない場合は都道府県の労働局や労働基準監督署にて相談してみましょう。

ただし、たとえ短時間のパートの方であっても会社の配慮で健康診断を受けさせてもらえる場合もありますが、アルバイトやパートなど、雇用形態によっては、条件を満たしておらず、健康診断を受けさせてもらえる対象にならないこともあります。

また、会社の健康診断では決まった項目しか受けられないため、ほかの検査も受けたいという場合には個人でも受けることを検討しましょう。

最後に

会社員のように一般的な健康診断を受けられない…という方は特に考えておきたい、健康診断の受け方についてご紹介してきましたが、前述したように法律で健康診断を義務づけられている会社勤めの方でない限りは、健康診断について考える機会は意外と少ないものです。

個人で受ける場合など、多少費用がかさむこともありますし、忙しくて暇がない、わざわざ足を運ぶのが面倒ということもあるかもしれませんが、やはり病気の早期発見のためには健康診断が欠かせませんし、早期発見によって治療費が少なく済むことも十分ありえるのです。

定期的に自分の生活習慣を見直す良いきっかけにもなりますから、健康診断を受ける機会が無いという方は、ぜひご紹介した方法も参考にご自身で働きかけて受けるようにしてくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら