寒い日、突然暖房の室外機が凍結して動かなくなったらどう対処する?!

先日の関東大雪は、交通機関に大きな影響を及ぼしました。2014年以来の大雪のようですが、駅では電車に乗るために長蛇の列ができていたり、転んで怪我をしてしまったりと、大変な日ではなかったでしょうか。

そんな大雪のときの困りごとのひとつに、エアコンが動かないというトラブルがあるのをご存知ですか?エアコンは寒さに弱い機会なので、雪で室外機が凍結してしまうことがあるのです。冬にエアコンひとつで暖を取っている人にとって、エアコンが使えないのは致命的ですよね。そこで、雪の日にエアコンが止まったときの解決方法をご紹介します。

どうしてエアコンの室外機が止まるの?

大雪が降るとエアコンの室外機内部に霜がついてしまい、ファンが回らなかったり暖房がストップしたりします。暖房がストップしてしまうのは、室外機の霜取り運転を自動で行っているからです。

霜取り運転は、室外機の内部を温めて霜や凍結を取り除いているのですが、エアコンの種類によっては、霜取り運転中に暖かい風が止まったり冷たい風が出てきたりすることがあります。

そのため、エアコンが故障したと勘違いされる人もいるようですが、通常の運転ができるようになれば元に戻るので安心してくださいね。事前にエアコンが止まらないよう対策をしておくことも大切でしょう。

次に、雪が降っても困らない対策をご紹介します。

室外機の周辺に物を置かない

室外機は、屋外の熱を空気と一緒に吸い込み、冷たい空気を吹き出しているのですが、吸い込み口が物などでふさがるっていると屋外の熱を上手く吸い込むことができなくなってしまいます。

そのため、効率よく熱を取り込むことができなくなり、無駄な電気代がかかってしまうのです。雪で室外機の吸い込み口がふさがってしまっても、同じように温かい風が出せなくなりますね。

ベランダは、掃除道具やごみ袋を置いているという人もいますが、室外機の吸い込み口がふさがらないよう、周辺には物を置かないのがベストですよ。

積雪がある地域では、室外機を地面から離して高い所に置くのが一般的です。寒冷地なら、雪によるトラブルを防ぐため、室外機に防雪フードを設置するなどの対策もしています。

室外機が雪に埋もれてしまったら?

普段雪が降らない地域では、高い所に室外機を置いていないので、思わぬ大雪に室外機が埋もれてしまったというトラブルもあります。

積雪があった場合は、エアコンをつける前に室外機の状態を確認しましょう。もし雪に埋もれているようであれば、室外機の周辺を雪かきして吹き出し口と吸い込み口が出るようにしましょう。基本的に、吹き出し口と吸い込み口の前は30㎝程開けておくと良いですね。

室外機の上に積もる雪も、落ちて吹き出し口や吸い込み口を塞いでしまう可能性があるので、取り除いてくださいね。雪かきが終わったら、電源フラグを抜いてもう一度入れ直し、リモコンで運転を再開させましょう。

室外機にお湯をかけてもいいの?

室外機に霜がついていると、お湯をかけて取り除くという方法を思い浮かべる人も少なくないようですね。室外機の霜や凍結を除去するという意味では、お湯をかける方法も間違いではありません。

しかし、万一室外機の内部が濡れてしまうと故障の原因になるので、あまりおすすめしたい方法ではありませんね。もしお湯をかける場合は、熱湯は避けた方が良いでしょう。また、室外機の内部に入らないよう注意してくださいね。

おすすめ!ちょっとの我慢で簡単に霜を除去!

大雪でエアコンが使えなくなってしまわないよう、さまざまな対策をご紹介しましたが、それでも室外機の霜や凍結が取り除けなかった場合におすすめの方法があります。お湯をかける方法は、故障の原因となりかねないので、ここでは試しませんよ。

エアコンの室外機の周辺に物を置かず、雪かきも完了しても暖房が使えない場合は、冷房を使うのです。「え?!」と驚くかもしれませんが、冷房をつけると本当に驚くほどの速さで室外機の霜が除去できますよ。

なぜ霜を除去できるのかと言うと、暖房を使うと室外機からは冷たい空気が吹き出され、逆に冷房を使うと温かい空気が吹き出されるため霜が溶けるのです。

冬場には少し地獄ですが、冷房を最低温度に設定して5~10分程冷風を出してみましょう。暖かい風が出ず辛い思いをしているなか、冷たい風はすぐに出てきます。5~10分程経ったら、室外機を見てみましょう。恐らく霜が溶けてなくなっているため、エアコンを暖房に入れ替えましょう。少しずつ暖かい風が出るようになりますよ。

最後に

いかがでしたか?先日の大雪で、エアコンから暖かい風が出なくなったとお困りの方もいるのではないでしょうか。故障と勘違いされてしまう人もいますが、まずは室外機を確認しましょう。雪で埋もれていたり、周辺に物を置いていたりしませんか?

雪かきをして物を片付けても解決できないときは、ちょっと辛いですが冷房をつけて霜を除去してくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら