足を暖かくして冷え性にサヨナラ!冷え性さん必見の足冷え対策ガイド

スポンサーリンク
728×90

冬が近づくと、「足が冷たいのは冷え性だから」と諦めていませんか?でも、足冷えの原因は冷え性だけじゃないんです。物理的に冷えるべくして冷えている、ということがあるのです。そんな時は、物理的に暖めてあげれば、足の冷えは改善します。足は第二の心臓と言われるくらい大切です。「今年の冬こそ足を暖かくして過ごしたい!」と思いませんか?そこで足元が暖かくなるグッズや選び方をご紹介します。

厚着をしても手足が冷たいのはナゼ?

寒い外より、暖かいはずの部屋にいる方が手足が冷えるという時があります。なぜなら外では暖かい靴を履いて活発に動き回るので、血行も良くなり体も手足も暖かいのです。でも、お部屋にいると靴下一枚で暖房の前にいることが多いですよね。

暖かい空気は部屋の上部へ、冷たい空気は足元に溜まります。真冬だと、天井近くと足元の温度差が10℃近くになることもあります。その為、顔は暖かいのに足は冷え冷えということが起こります。

体を暖かいウエアで包んでも、足元の室温が低いので足が冷たくなり、「私って冷え性だから」と思ってしまいます。でもこの場合、原因は冷え性ではないので、足を保温すれば暖かくなります。

あったかグッズで暖かく

あったか靴下

寒くなると「あったか」というネーミングの靴下につい目が行きますよね。あったか靴下は種類が豊富で、素材と厚さ、そして長さが自由に選べます。足裏にも滑り止め加工が施してあったり、安全面にも配慮されています。

素材は唐辛子成分のカプサイシンや遠赤外線素材があり、「薄くても暖かい」のが特徴です。でも最近はカプサイシンや遠赤外線素材で厚い靴下もあります。やはり、どんな素材でも暖かさを追求すれば、靴下は厚いほど暖かいですね。

また長さは、ふくらはぎを覆ってくれるロング丈がオススメです。伸縮性のある素材で、ズリ落ちてくる心配もありません。足首丈の靴下とロング丈の靴下を実際に履き比べると、暖かさに格段の違いがあります。足首から冷気が侵入しないので、「こんなに暖かいのね」と思うほど保温性に優れています。

室内用スリッパ 

室内用としては、フカフカのあったかスリッパがあります。スリッパを選ぶ際は、フカフカが内側全体にあるかを手で触ってみてください。内側の上部、つまり足の甲に当たる部分もフカフカかどうかがポイントです。

指先から足の甲は皮膚が薄いので、どうしても冷え易いのです。ですので、指先から足の甲まで暖かく包んでくれるスリッパの方が足全体が暖かです。

またフカフカのスリッパはデザインも豊富で、可愛いデザインが多いです。動物の顔がフカフカになっているスリッパもあります。猫や犬、ウサギのスリッパは縫いぐるみのように可愛くて、モコモコで暖かいので、寒い冬も楽しく過ごせますよ。

ルームシューズ

足カバー的なルームシューズは一般的に衣料品コーナーにあり、短いシューズと足首まであるルームブーツがあります。ポリエステル生地に中綿が入っているタイプやニット、フリース素材などがあり、足裏は滑り止め加工がしてあります。柔らかい生地が足全体を包んでくれるので暖かく、歩いても脱げたりしません。

また介護用品コーナーに並んでいるルームシューズは、主に高齢者やリハビリ向けとなっていますが、一般的にも利用したい優れモノです。生地素材はウレタン製で柔らかく、靴底もスリッパに近いので、靴的要素を備えています。

足の甲にはマジックテープ止めなど機能面で優れています。靴裏には滑り止め加工も施されているので、安全性にも配慮しています。また素材的にもフワフワ感があるので暖かく、防寒としても役立ちます。

ルームシューズを選ぶ際は、靴底が防水仕様になっているかどうかもポイントです。キッチンなどの水回りも自由に歩けるように防水仕様になっていると、更に利便性が増しますよ。

レッグウォーマー

ふくらはぎの冷えは、足だけじゃなく全身の冷えにつながります。ふくらはぎをマッサージすると健康に良いというくらい、ふくらはぎは大切な場所です。ふくらはぎが冷えると血流が滞り、全身の血行が悪くなります。ですので、ふくらはぎを暖かくすると血行も改善されて健康にも良いのです。

ふくらはぎの血行は入浴や運動でも改善されます。でも長時間のテレビやスマホで同じ姿勢だと、どうしてもふくらはぎの血行が悪くなります。特に寒い日は、入浴でせっかく温まったふくらはぎも、すぐに冷えてしまいます。

そんな時はレッグウォーマーが頼りになります。レッグウォーマーは足首から膝下までふくらはぎ全体を覆うので、ふくらはぎを冷えから守ってくれます。中には膝上までの超ロング丈もあるので、丈も自由に選べます。

素材も伸縮性に富んだニットやニットの内側がボアになっていたり、遠赤外線素材もあります。まず素材と長さを優先して、その後で色とデザインを選んだ方が、実用的で暖かいレッグウォーマーが見つかりますよ。

ネックウォーマー

「足が冷たいのに首を保温するの?」と思われるかもしれませんが、首と足は密接な関係があるので、首の冷えは足冷えにも及びます。首周りをネックウォーマーで包んであげると、肩の緊張もほぐれ体全体が暖かくなります。手足が冷たい時は首が冷えていることが多いですから、首元を暖かくしてあげて下さい。

ネックウォーマーには様々なデザインがあります。ただ被るだけの円筒形タイプや前で合わせるタイプ、そして肩まで覆ってくれる就寝用など、用途に合わせて使い分けられます。

円筒形であれば、端を収縮して調節できるタイプがオススメです。ネックウォーマーの両端が空いていると、冷たい空気が侵入してきます。端を絞れるタイプは暖かい空気を外に逃さないので、効率的に首の冷えを防いでくれます。

また前合わせタイプは、肩まで覆ってくれる就寝用タイプが優れモノです。首から肩まで包んでくれるので、布団から首と肩が出ていても暖かです。特に前合わせ部分はマジックテープやスナップになっていると着脱に便利ですよ。

素材は主にフリースやニットが多いです。他には羽毛が入ったフワフワのネックウォーマーもあります。いずれも暑さに応じて着脱が簡単なので、こまめに体温調節が出来ます。とにかく首を冷やさないことが大切です。

最後に

足が冷え冷えという時は、体調だけでなく環境や衣服にも原因があります。床面は室温に比べて温度が低いので、足は特に暖かくする必要があります。体が寒ければ足はもっと寒いのです。でも、体はセーターやあったかパンツなのに、足だけは靴下一枚という人が多いですね。

そんな時は、足もセーターに負けないくらい暖かくしてあげて下さい。足が暖かければ、全身も暖かくなります。足は第二の心臓です。足を暖かくして大事にしましょうね。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら