赤ちゃんの首や額、膝裏・肘裏にできる”あせも”対策にベビーパウダーは大丈夫?

スポンサーリンク
728×90




5月から真夏日を記録する日々が続いていますがご自身のスキンケア、また子育て中の方なら赤ちゃんのスキンケアに悩まれる日々がやって来たのではないでしょうか。私の身近にいるこども(あかちゃん)もや、膝裏にすぐあせもが出来てしまいます。かゆがったりなどしている様子はありませんが、やはり肌荒れしていると気になってしまいます。今日はあせもの正体から対策までを追っていきたいと思います。

そもそもあせもって何もの?

あせもは夏期に多くみられ小児にかかりやすい疾病です。また発熱性疾患の方や高温での作業に従事している方に見られることもあります。汗の皮膚表面への流れが妨害されると汗が皮膚内にたまり小水泡を引き起こします。

直径1ミリ~3ミリ程度の小さな水泡が多数現れます。たくさん汗をかいた時に汗管(カンカン・汗の出る線)がつまり発症します。紅色汗疹(こうしょく)これは高温多湿な場所での発汗が持続した時などに発症します。

栗粒から米粒ほどの汗疹が密集して生じます。なぜ小児に多く見られる症状かというと、ひとつとして小児は屋外での活動が多いことと、成人に比べて汗腺の単位面積あたりの数が多いことがあります。感染密度は大人に比べ新生児だ12倍、一歳児で8倍と言われているそうです。

また肥満や甲状腺の疾患による要因も考慮されます。症状としては上記にあげた小さな水泡が現れるものを「水晶様汗疹」と言い白いあせもです。

日焼けの後や急性発熱性疾患のときに現れます。透明で水滴のような水泡が特徴で炎症やかゆみといった自覚症状がなく、水泡は自然に破け数日で治ります。これに反して紅色汗疹は皮膚表面で汗がたまり水泡を作ったものでかゆみや汗をかくと痛みを伴います。

額、首、肘の内側、ひざ裏のあせも。予防法はあるの?

あります。はい汗を、かかないことです。そんなことはわかっていますけれども、無理なので。一番は汗をかいたらこまめに汗を拭き取ることです。拭き取ることで汗腺がつまることを予防できます。

あせもは額、首、肘の内側、足の付け根部分、ひざの裏にできやすいので特に注意して汗をかいたら」かいたらかいたらこまめに拭く、シャワーを浴びて肌を清潔に保つことが重要です。

衣服もあせもがひどい時にはコットンや、綿素材の肌あたりのよい清潔なものを着用し着替えもこまめに行いましょう。補足ですがシャワー時に石鹸を使う必要はありません。一日に何度も石鹸で洗うと肌の保湿能力やバリア機能が乱れてしまい逆にトラブルを招いてしまします。シャワーで流したら必ず保湿して肌を守りましょう。

ベビーパウダーは肌にいけないもの?

筆者は育児中なので子供が新生児の時には既にベビーパウダーを使うことは汗腺を塞ぐとして汗疹対策に使わないよう情報が出ていました。しかし私自身ベビーパウダーをはたいて育ってきました。現在もあの香りやサラサラ感がたまらなく大好きでよく使います。そして子供にも肌表面を撫でる程度ですが軽くつけてきました。現在も使っています。

そうまずベビーパウダー自体は治療薬ではなく予防薬であることを再確認してください。ベビーパウダーをつけるタイミングはご存知でしょうか。ベビーパウダーは肌が乾燥している状態で使うことが必須です。

肌の表面が乾燥していない時にベビーパウダーをつかうから汗腺をベビーパウダーの粒子と肌の垢や汗で塞いでしまうのです。入浴後に使用する場合は水分をしっかりと拭き取り完全に乾燥した肌へ塗ります。逆に保湿材は肌が若干湿っている時に使うのがベストタイミングです。

ベビーパウダーは使ったあとに肌を触ってサラサラとしていなければ使うタイミングが間違っているといえます。またすでにあせもができている肌へ使用するしてもすでに汗腺が詰まってあせもになっているのでベビーパウダーは機能せず逆に悪化させてしまう危険性もあります。

濡れた肌への塗布や厚く塗る、あせもがある状態で使用するとベビーパウダー本来の機能が発揮されずより重症化させてしまします。上記のことからベビーパウダーが毛穴を塞ぐという説が正しい使い方を知らないことが原因であるといえます。

あせもを上手に乗り切ろう

あせもを根本的に解消するにはエアコンをつけ汗をかかないこと。しかしこれでは乳幼児時期に大切な汗をかいて体温調整をする機能を発達させることが出来なくなり、結果熱を放出することが出来なくなり熱中症などにかかりやすくなってしまいます。

汗をかいたら清潔なタオル、または、濡れタオルで優しく拭き取り保湿する。こまめに着替えをすることです。シャワーが可能な時にはサッと洗い流してあげましょう。ベビーパウダーを使う時には乾いた清潔な肌に薄く伸ばしましょう。

あせもが出来てしまった時には中止し、皮膚科専門医へ相談しましょう。薬をなるべく使いたくないお母さん方もいらっしゃると思いますが、悪化させる前にきちんと処方された薬で治す、あせもを作らないスキンケアを心がけることが大切です。引っ掻いて化膿させてしまうとより強い薬を使わなければなりません。

初期段階でしっかり治してあげましょう。

最後に

赤ちゃんのスキンケア。基本的には日々のお風呂です!こちらの記事でご確認ください!

アトピーのリスクを減らす!赤ちゃんのすべすべ肌を守るスキンケア方法

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら