花粉症がつらい、でも薬が効かない!その原因と対処法

花粉症がつらい季節になりましたね。この時期の耳鼻科はどこも混んでいて、早く症状を改善したい人で溢れかえっていることでしょう。病院での待ち時間のリスクを考え、市販薬で済ませる人も少なくありません。しかし、鼻水や鼻詰まり、くしゃみ、目のかゆみなどの花粉症の症状に悩まされている人の中には、薬を飲んでいるのに症状が改善されないという人もいるようです。せっかく薬を服用しているのに、症状が良くならないのはつらいですよね。今回は、花粉症薬が効かない原因と対処法をご紹介します。

花粉症の薬が合っていない

花粉症の薬を服用しても、症状が改善されない理由は、そもそも薬の種類が自分の症状に合っていない可能性があるでしょう。花粉症の薬は、病院で処方される薬から薬局やドラッグストアなどで購入できる市販薬まで、いろいろな種類があります。

主な種類は、「抗ヒスタミン薬」と「抗ロイコトイエン薬」の2種類があげられるでしょう。抗ヒスタミン薬は、くしゃみ・鼻水が止まらない場合に服用すると有効です。くしゃみや鼻水が出る原因となるヒスタミンをブロックすることで、症状を緩和してくれます。

抗ロイコトイエン薬は、鼻づまりの症状に服用すると良いでしょう。鼻づまりは、ロイコトイエンという物質をブロックすることで、症状が緩和されます。

抗ロイコトイエン薬は、現時点では市販薬で買うことはできず、医師の処方箋が必要です。鼻づまりの症状に悩まされている人は、病院を受診することをおすすめします。

抗ヒスタミン薬でも、第1世代と第2世代に分けられる

くしゃみ・鼻水の症状に悩む人は、抗ヒスタミン薬を服用するのが良いのですが、発売された年代によって、第1世代と第2世代に分けられています。

第1世代は、即効性に優れ効き目は早いのですが、副作用として眠気が強く出ることがあげられます。一方、第2世代は眠気などの副作用が少なく、第1世代に比べると効き目が穏やかです。薬の効き方によっては、第2世代の抗ヒスタミン薬では薬の効果をあまり感じられこともあるでしょう。

花粉症の症状が酷い場合は、医師に相談し症状にあった薬を処方してもらうのが、安心ではないでしょうか。

風邪を花粉症と勘違いしていることも

一般的に風邪の症状は花粉症の症状と似ているため、判断するのが難しいかもしれません。もし、風邪をひいていた場合に花粉症の薬を服用しても、アレルギー反応を抑える効果はあるもののウイルスの感染によって引き起こす炎症などの症状を抑える効果はありません。

このため、花粉症の薬を服用しても、風邪の場合は効果が得られないということです。逆に、花粉症のときに風邪薬を服用しても、同様に効果が感じられにくいでしょう。症状の中で頭痛を感じた場合、花粉症と風邪で起こる頭痛のメカニズムが違うため、市販の頭痛薬では花粉症の頭痛には効かないでしょう。

風邪と花粉症の症状の違いを知ろう

1:花粉症

  • 鼻水→透明で水のようなサラサラした鼻水
  • くしゃみ→1日に何度も出る
  • 目→かゆみ、ヒリヒリする
  • 喉→咳、かゆみ
  • その他→頭痛を感じる場合もある

2:風邪

  • 鼻水→白色~黄色で粘り気がある
  • くしゃみ→出る頻度は少ない
  • 目→症状は特にない
  • 喉→咳、痛み
  • その他→下痢、吐き気、悪寒、腹痛など

花粉症の薬が効かないときの対処法

1:薬を変更しよう

薬の効果か感じられないときは、あなたの身体に花粉症の薬があっていない可能性があります。薬の種類によっては、副作用が起きやすいこともあるため、病院を受診して正しい薬を処方してもらうと良いでしょう。

2:薬だけでなくセルフケアも忘れずに

花粉症の薬に頼るだけでなく、自分でできることから花粉症を予防しましょう。日常生活の中で、花粉を身体に取り込まない習慣をつけると良いですね。

例えば、外出先から戻ったら、髪の毛や肌についた花粉を拭き取り、家の中に持ち込まないようにします。衣服は外ではらって花粉を落としてから、室内に入ると良いでしょう。

目薬の差し方

花粉症の症状で、目のかゆみに悩む人も少なくありません。花粉の時期に目のかゆみがある人は、毎日のように目薬をさすと思われますが、正しいさし方ができていますか?せっかく目薬をさすなら、効果が感じられる目薬のさし方をしましょう。

  1. 指先が目薬の容器に触れて汚染されることがないよう、しつかり石鹸で手を洗いましょう。
  2. 花粉症の目薬をさすときは、上下のまぶたを軽くひっぱり目を大きく開けて目薬がさしやすいようにします。
  3. 目薬をさし終えたら、1分程目を閉じることで、薬の効果が発揮されるでしょう。

最後に

いかがでしたか?花粉症がつらい時期ですが、薬を服用しているのに効いている感じがしないと悩む人もいるのではないでしょうか。本来なら、花粉症の症状が悪化する前に薬を服用することで、アレルギー反応を抑制することができます。花粉症かの判断がつかないときは、耳鼻科を受診して正しい薬を服用してくださいね。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら