節分の日はイワシで厄払い!伝統的な柊鰯(ひいらぎいわし)を飾ってみよう

スポンサーリンク
728×90




2月3日は節分の日。そういえば、TOKIOのリーダーが鉄腕ダッシュでの頭を何か飾っているを思い出し、節分になぜイワシをま門口に飾るか調べてみました。今年の節分、少しだけ飾りを変えてみませんか。

柊鰯(ひいらぎいわし)って一体何のこと?

節分になると家の軒先にイワシが飾られる、という光景を目にしたことはありませんか?これは西日本に多く見られる「柊鰯(ひいらぎいわし)」という風習です。節分と言えば豆まきが一般的ですが、柊鰯も平安時代から受け継がれてきた伝統的な門守りです。門守りとは、家の門口に飾る、邪気などをはらうもののことを指します。時代や地方によって、柊はもみであったり、イワシはぼらであったりすることも。共通する点はチクチクした葉と、手に入れやすい魚ということのようです。

柊鰯には二つの効果があります。まずは柊のチクチクした葉先で鬼の目を突くこと、そしてイワシを焼く匂いと煙で鬼を近付けないこと。何とも鬼泣かせな風習ですね。

柊鰯の楽しみ方とは

柊鰯の材料は、その名の通り柊とイワシです。柊は、節分の時期になるとスーパーマーケットや園芸店で手に入れることができます。イワシを焼いて頭を切り取り、口が外側を向くようにして柊の枝に差せば完成。竹筒などに入れて玄関先に飾り、鬼を追い払います。マンションやアパートにお住まいで外に飾りにくいという方は、ドアの内側や靴入の上に飾るといいでしょう。お札や、お守りを合わせて飾る地域もあるので、参考にしてみてくださいね。

中には一尾丸ごと飾る家もあるようですが、多くは頭だけを用います。余ったイワシの身は家族できちんといただきます。このように節分にイワシを食べることを「節分イワシ」といいます。DHAやEPAが豊富で健康にもいいイワシで一年の無病息災を願いましょう。

また、「柊挿す」「鰯挿す」は俳句の冬の季語となっています。家族で柊鰯を作って飾った後は、俳句に挑戦してみるのもおすすめです。

節分前でも手に入れられる柊鰯の原型

柊鰯は、元は注連縄に差して飾るものであったことが土佐日記にも記されています。この伝統を受け継いでいるのか、伊勢神宮にはお正月に柊を差した注連縄が売られていることがあります。

柊鰯の風習が栃木県など海のない県にも広まっているのは、このような大きな神社に詣でた人々が近年になって家庭に取り入れ、地域に広めたからと考えられます。沿岸部などイワシが容易に手に入る地域のみの風習だったものが、内陸部まで伝わったのは、高名な神社の影響によるところが多いようです。伊勢神宮に詣でた際はぜひ注連縄を手に入れて、節分に柊鰯として活用してみてくださいね。古くから伝わる柊鰯で節分をもっと楽しい、実りある一日にしましょう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら