あなたのお尻は大丈夫?お尻まわりの筋肉が落ちて「垂れ尻」を招く原因となる生活習慣とは

スポンサーリンク
728×90




年齢とともに身体のたるみが気になるところ。ぽっこりとしたお腹は自分の目で見ることができますが、なかなか後姿まで気を付けることってできませんよね。もしかすると垂れたお尻を見てビックリ!なんてこともあるかもしれません。さらに、垂れ尻を加速させてしまう習慣もあるのです。今回は、お尻の形診断と垂れ尻を加速させるNG習慣についてご紹介します。

あなたのお尻の形は何型?

自分のお尻の形まで意識することは、なかなかないかもしれません。これを機に自分のお尻の形をチェックして、お尻の状態を知ってみましょう。

1:丸尻

丸みを帯びた形のお尻は、最も理想的なヒップラインと言えます。

2:平尻

平尻は日本人に多いヒップラインで、のっぺりして厚みがないのが特徴です。メリハリがなく外国人特有のセクシーさに欠けています。

3:たれ尻

加齢や出産、運動不足などにより垂れてしまったヒップラインのこと。垂れたバストと同じように重力に逆らえずに垂れ下がる現象と言えます。

4:四角尻

出産などで骨盤が開いてしまった人に多いヒップラインです。腰からお尻の下まで、脂肪と筋肉がガッチリついている状態です。

5:ピーマン尻

加齢により変化したピーマンのような形のヒップラインで、お尻の上部は角張り下部は脂肪がつき垂れ下がった形となります。

あなたのお尻の形はどれに当てはまりますか?たれ尻やピーマン尻の方は、お尻の形が老化している可能性があるため要注意です。

垂れ尻の原因となるNG習慣について

お尻の形がたれ尻やピーマン尻でないから大丈夫と思ってしまいそうですが、実はそうでもないようです。あなたの生活習慣によって、もしかするとたれ尻を加速させてしまうかもしれません。それでは、たれ尻を加速させる可能性がある習慣についてご紹介します。

1:長時間のデスクワーク

身体の中でもお尻はとくに筋肉量が多い部分です。そのため、加齢により筋肉が低下してしまうと、お尻を支える筋肉も衰えるためたれ尻となってしまいます。長い時間同じ体勢で座っていると、お尻の筋肉を動かさないため筋肉量も低下していきます。

長時間座り仕事をしている方で、とくに筋肉が低下してくるアラフォー世代が要注意でしょう。

2:毎日ヒールの靴を履いている

高いヒール靴を履いている女性で、膝が曲がった状態で歩いている人も少なくありません。ヒールが高すぎることで体重が前にかかり、膝を曲げないと歩けないからです。

毎日この姿勢で歩き続けると、膝が内側に入りやすくお尻の筋肉を使って正しい姿勢に戻せなくなってしまいます。これがたれ尻を作る原因となるのです。

3:お尻が垂れる座り方をしている

脚を組んだり、脚を前に投げ出すように座ったりしている人や、椅子に浅く座って背もたれに寄りかかった座り方をしている人は、たれ尻になるだけでなく腰痛や身体の不調を引き起こす可能性があります。

4:内股で歩く癖がついている

内股で歩くと、歩いているときにお尻の筋肉に力を入れることができません。実際に試してみると、内股でお尻に力を入れてもなかなか力が入らないのを実感できるのではないでしょうか。このため、お尻の筋肉を使って歩くことができないため、たれ尻となってしまうのです。

5:がに股で歩く癖がついている

がに股の歩き方は、お尻の奥の筋肉が固く縮んだ状態となるため、筋肉がこわばっていることになります。そのため、お尻の奥の筋肉が使えなく縮んだ状態となると、反対に一番目につく外側の筋肉が緩んだ状態となりお尻がたるんでしまうのです。

6:ストレッチのし過ぎがたれ尻の原因に

ストレッチといえば身体全体がほぐれて健康的なイメージですよね。それでは、なぜたれ尻の原因になるのでしょう。それは、身体を一方だけに伸ばし続けることが原因となるのです。

太ももの裏を伸ばす長座前屈をよくしている方は、身体を柔らかくしたいために行っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、太もも裏の筋肉はよく伸びますが、そればかりをしてしまうと太もも裏の筋肉は表の筋肉に引っ張られ、表の筋肉が優位に働き太もも裏が反対に弱くなってしまうのです。

そして、太もも裏と連動しているお尻の筋肉も弱まってしまうことで、たれ尻となる可能性があるのです。太ももの裏ばかりを伸ばすストレッチをしている方は、太もも前もしっかり伸ばす必要があります。

背筋を伸ばし前足の膝が90度になるように曲げ、後ろ足の付け根がしっかり伸びるような体勢をとります。両手は前足の膝に乗せるようにして、ゆっくりストレッチすることで均一に身体を伸ばすことができるでしょう。

最後に

いかがでしたか?知らないうちに日常生活の中で、たれ尻となる原因を作り出しているかもしれません。年齢には勝てないと感じるかもしれませんが、正しいストレッチにより美尻を手に入れることもできるのです。

まずは、あなたのお尻の形をチェックして、たれ尻予備軍ではないか、もしくはすでにたれ尻となっていないか確認してみましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら