草コインを海外取引所「HITBTC」で買った結果ハッキングされて…仮想通貨取引所を利用する時に注意したいこと!

昨年末、異常な盛り上がりを見せ、年が明けた途端大暴落。現在、底を打った感も見られるものの、油断できない状況の仮想通貨。私は、一部の仮想通貨には期待しており、盛り返しを期待して買い時を探っています。

昨年挑戦しなかった草コイン購入。草コインとは、1単位が1円以下などのとても安い価格のコインで、海外ではその価値の低さからShit coinと言われています。昨年は仮想通貨全体の地合いが良かったため、暴騰する草コインが続出。宝くじと比較すると比にならないほど確率の良いお金儲けと言われていました。

しかしそんな時代も今は昔。これからは、ちゃんと実態があり、将来性のあるコインを見極めなければ、ShitはShitのままです。

その見極めはなかなか難しいと思うので、買うつもりはなかったのですが、いつもチェックしているYoutuberさんが紹介していた草コインが妙に気になり、開発者の方々も優秀で、将来性を感じられたので、この機会にと上場日を狙って買ってみることにしました。

海外取引所HITBTCでアカウントを作った

そのコインが買えるのが、海外の取引所「HITBTC」のみということで、早速アカウントを作成しました。日本の取引所からイーサリアムを送り、上場日を待ちました。

そして上場日、いきなり暴騰して、そのまま暴落したコイン。私はその波には乗らず、価格が落ち着いたところで買い、それから毎日少しずつ買い増していきました。投機ではなく投資のつもりだったので、長期保有(ガチホ)のつもりでした。毎日チャートを見るのが楽しみでした。

あっという間にアカウントがハッキングされた

今朝のことです。目覚めると、HITBTCから2通のメールが。件名は「Successful Login from New IP」。時間は夜中の1:30。文面には「このアカウントとの連携が見られないIPアドレスからログインがありました」とあり、どこからのアクセスかを見ると、Icelandとありました。

血の気が引きながら、HITBTCアカウントを確認すると、、、嫌な予感は的中し、入れていたイーサリアムと草コインはすっかり消えていました( ノД`)。Trade履歴を確認すると、全てBTCで売却され、どこかに送られていました。

まさかこんな少額しかないアカウントハッキングされるなんて。。。驚いてもう本当に言葉も出ませんでした。ハッキングなんて、自分には縁のない遠い所の話だと思っていましたし、HITBTCはマイナーな取引所だし、少額しか入れていなかったので、誰も狙うわけないと思っていました。なので、セキュリティ対策も全くしていなかったのです。

ハッキングされた原因を考えると、先日のコインチェックハッキングと同じような単純なミスだと分かりました。

今後、同じ落とし穴にはまらないために、そしてみなさんにも注意していただきたくために、仮想通貨取引所を利用する際の最低限の注意事項をまとめたいと思います!

パソコンをインターネットに繋ぎっぱなしにするな

これは本当に基本中の基本なんだということを思い知りました。パソコンをオンラインの状態にしておいたために、ハッカーに侵入されてしまった。正にコインチェックがネムのハッキングに合った原因となった痛恨のミスですね。

つい面倒くさがってしまい、少しの手間を省いてしまっていました。それで今まで何も起こらなかったので。。。でもネットの世界には、恐ろしい魑魅魍魎がウヨウヨしていることを肝に銘じなくてはいけないと思いました。

パソコンは使っていない時はオフラインが原則ですね。

パスワードを保存しておくな

アカウントにログインする際に、「このパスワードを保存しておきますか」という表示が出ますよね。私は次回のログインがパスワード入力なしでスムーズにできるように、保存しています。ワンクリックでページに入れるととても楽なのです。

結果それが今回のハッキングに繋がってしまったと思います。やはりパスワードは毎回手入力するのが原則ですね。

二段階認証は必須

海外の取引所のアカウントはこれが2つ目ですが、1つ目は二段階認証を設定していました。HITBTCに関しては、入れる額が少額であること、マイナーな取引所だということもあり、二段階認証は設定しませんでした。

これをちゃんと設定していれば、他のセキュリティ対策をしていなくても最後の砦になってくれていたはず。。。反省した私は、早速google認証システムHITBTCを追加登録しました。今後はこの認証がないとアカウントにログインできません。

やはり二段階認証は設定する意義がありますね。

いつ取引所がつぶれても、停止されても良いように、最低限の金額を入れておく

海外の取引所で一番有名どころは、Binanceかと思います。Binanceは手数料が安く、多くのコインを扱っているので、こちらでたまに取引をしていました。

ところが、日本での認可を受けていないということで、取引停止になるのではという噂が流れました。それを知って、慌てて資金を引き揚げました。

海外でも日本でも、つぶれたり、取引を停止されたりしている取引所の話はたまに耳にします。最悪の事態を常に想定して、取引所に置いておくお金は最低限にしておくべきだと思います。私が盗まれたお金も、まぁ痛いですがまだ少額だったので勉強代だと思えます。。。

最後に

今回ハッキングをされてみて気づいたことは、結局自分の危機意識のなさと怠慢が招いたことだということです。

セキュリティについては、色々なところで耳にしながらも、自分には関係ない、対岸の火事のような意識でいました。今回それは完全に間違いだということが分かりました。

パスワードの入力や、二段階認証も、ついつい手間に感じてしまい、その数秒の手間を惜しんでしまい、このような結果になりました。仮想通貨の世界は本当に何が起こるか分かりません。甘い気持ちで足を踏み入れると足元をすくわれます。

今回のことを教訓にし、甘い気持ちは捨てて、今後はしっかりとセキュリティ対策をしつつ、また有望なコインを買っていきたいと思います!みなさんも十分ご注意ください(^^)/

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら