節約にはやっぱり家計簿!初心者さんも大丈夫!家計簿活用のコツ

スポンサーリンク
728×90




節約のためにまずは家計簿を、と思ってはいても、難しそう、面倒、と思いこんではいませんか?家計簿はルール通りにつけることより、自分の家計を見直したり、改善したりする手助けになるように、使いこなすことが何より肝心!そこで、初心者さんでも取り入れやすい家計簿活用のコツをご紹介しましょう。

家計簿をつけるメリットとは?

家計簿をつけると、自分が何にどのくらいお金を使っているかが見えてくるようになります。節約を意識しているだけでは、実際にどれくらい節約できているのかはわかりにくいもの。

そこで、家計簿をつけて金額をはっきりさせてみると、そこから余計な支出は何かを見極めたり、それを減らしていくための改善策を考えていくことができるようになり、計画的に節約を実践できるようになります。

これが家計簿をつけるメリットですが、よほど几帳面な方でない限り、毎日、一円単位まできっちりと計算するのはなかなか大変ですから挫折してしまいがち。

しかし、逆に言えば、このメリットが達成できれば、その方法やルールは多少自分がやりやすいように変えてしまってもOKなのです!初めは堅苦しく考えすぎず、まずは家計簿をつける習慣をライフスタイルに取り込むことから始めましょう。

方法はいろいろ!まとめ方4つ

一般に、収入は限られていて覚えやすいもの。そこで、まずは毎日の支出を計算するために、レシートをとっておいたり、使った金額をメモしておく習慣をつけることから始めてみるのがおすすめ。

それを一週間ごと、一月ごとに計算してまとめれば、何にどれくらいの金額を使っているのかが見えてきます。まとめ方は、自分のライフスタイルに合う、使いやすいと思う方法を選びましょう。

市販の家計簿ノート

家計簿といってまず思い浮かべるのは市販の家計簿ノートではないでしょうか?初心者の方にとっては、必要な内容が整理されている市販の家計簿は、迷わずに書きやすいのでおすすめ。

使っていない普通のノート

わざわざ家計簿を購入するのも面倒…という方は、手元に使っていない普通のノートが1冊あればもちろん代用可能!すぐに始められる上、枠にこだわらず、自分の好きなように書き込めるのも魅力。

普段持ち歩く手帳

普段から手帳やスケジュール帳を持ち歩くという方は、カレンダーの予定を書き入れるスペースの余白やメモ欄を利用するのもおすすめ。日付やその日の予定とリンクさせながら、いつでもすぐ書き込めるので便利です。

家計簿アプリを利用

スマートホンに慣れている方なら、家計簿アプリを利用してみては?いつでも思い立ったときに入力でき、中にはレシートを撮影するだけで入力可能なものも!書き込んだりするのは手間で面倒という方にはぴったりです。

習慣にしやすいルール3つ!

せっかく家計簿をつける習慣を取り入れたつもりが、三日坊主で続かないのは残念です。そこで、あまり細かいことにこだわりすぎず、予め無理なく続けられるルールにしておくのも継続させるコツです。

項目を大まかに分けてみる

これは何費、あれは何費、と1枚のレシートを分解して考え始めると手間がかかります。もちろん、きちんと整理できればベストですが、品目が多くて面倒なときは、いつものスーパーで買ったものは全て食費扱い、日用品が安いドラッグストアで買ったものは日用品扱いという具合に、購入したお店ごとに分類すると簡単です。

まとめるのは週に一度にする

家計簿は、その日に使った金額を忘れないよう毎日つけるのがベストですが、時間が取れない場合や、毎日だと重荷に感じる場合は、レシートを必ずもらう習慣をつけ、もらえなかったときだけ簡単に控えておくようにすれば、あとは週に一度、休みの日など時間が取れるときにまとめるだけ!週に一度だけなら気軽に実践しやすいのでは?

正確さにこだわりすぎない

正確に記録しようと頑張りすぎると続かなくなってしまうもの。そこで、一円単位までこだわろうとせず、四捨五入したり、思い切って百円単位にしてみてもいいでしょう。無くしてしまったレシートは、思い出せる範囲でおおよその金額をつけてもいいのです。

まずは正確さよりも家計簿を習慣化させることを意識してみましょう。慣れてくると、より正確な金額が知りたくなって、自然と細かくつけるようになるものです。

節約を意識した生活をするには、やっぱり家計簿が役立ちます♪賢く計画的に節約を実践していくために、まずは気軽に家計簿を取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら