シーツや便座カバーの洗濯、フローリングの水拭き、家事の放置はどこまでOK?

スポンサーリンク
728×90

掃除洗濯といった家事は日常の一部となっていると思いますが、面倒な家事もたくさんありますよね。例えば、シーツの洗濯、まな板の除菌、フローリングの掃除、トイレの便座カバーやマットの洗濯など、細目に毎日洗濯していますか?正直面倒な作業があるものは、少しならいいかと手をつけずにいることも多いのではないでしょうか。では、実際どこまで放置していても大丈夫なのでしょう。面倒といわれる家事のデッドラインを調べてみました。

シーツの洗濯は1カ月以上放置なら危険!

シーツの洗濯って、布団からシーツを剥がすのが面倒、干すのが大変、またシーツをつけるのも大変…というように、面倒なことが多いですよね。それでも1週間に1回洗濯をしているということなら、全然ふつうのことなので大丈夫です。

しかし、これが1カ月以上シーツの洗濯をしていないとうことなら、完全にアウトですね。もしデッドラインを越えてしまうと、シーツの匂いや茶色に変色したり、肌荒れの原因となる可能性もあるのです。

謎の肌荒れに悩まされているなんて人は、もしかするとシーツの汚れが原因かもしれません。最近では、敷きパッドをシーツ代わりに活用している人もいますが、もちろん敷きパッドもシーツ同様に1週間に1度は洗濯することをおすすめします。

フローリングは濡らしたティッシュで拭いてみよう

フローリングの汚れ具合の確認方法は、まず水で濡らしたティッシュを床にゴシゴシ擦ってみましょう。もしティッシュが黒く汚れていたら、デッドラインを越えていることになります。この黒い汚れ、カビではないことを信じたいものです。

そして、勘違いしている人がたまにいるのですが、フローリングを水拭きしてはいけないという知識は全くの嘘です。

ジュースをフローリングにこぼしてしまったら、乾いたタオルで吸い取った後に別の濡れたタオルで綺麗に拭き取りませんか?もし、嘔吐してしまったら、キッチンハイターなどの塩素系の洗剤と水を薄めた雑巾で拭いて、その後に水拭き、更に念入りにもう一度水拭きをすることもありますよね。

それでも、水拭きによってフローリングにダメージがあることはないですよね。このため、フローリングは水拭きをしても問題ないということなのです。掃除機をかけるだけでは取りきれない汚れを、水拭きで綺麗にしましょう。

トイレの便座カバーは2週に1度の交換が限界

便座カバーって今日こそ洗濯するぞと思っていても、洗濯機に入っていないとつい洗うのを忘れてしまいませんか?まぁ、次の日に洗えばいいやと放置して、気付いたらいつ洗ったか覚えていないというような恐ろしいことになっている危険もあります。

便座カバーには、汗や放尿時の飛沫、ホコリなど様々な汚れが付着しています。そのため、もしいつ洗ったか覚えていないということであれば、今すぐ便座カバーを外しましょう。せめて2週間に1度は交換するのようにしておきたいところです。

また、温かい季節なら便座カバーをあえてつけないという方法もありです。便座カバーがなければ、消毒用のエタノールをスプレーしてトイレットペーパーで簡単に拭き取ることができます。便座カバーを外したり付けたりする面倒がなくなるので、夏に試してみるものいいですよ。

最後に

いかがでしたか?

今思うとあれもこれも放置している…と思い浮かぶ家事ってないですか?やはり毎日の掃除には限界がありますが、それでも放置し続けることは不衛生で身体に害を与える危険もあるのです。

試しに、今回ご紹介したシーツ、フローリング、便座カバーのご自宅のデッドラインを確認してみてはいかがでしょう。

また、洗濯物を干す時の裏ワザ(?)についてもご紹介しております。是非ご覧ください!

こんな裏技知ってる!?洗濯物は干す前、叩くより強く振ることでふんわり仕上がります♪

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら