この春引越しをお考えの方に!繁忙期でも引越し料金を抑える裏ワザ

スポンサーリンク
728×90




新年を迎えたと思えば、往ぬる逃げる去るであっという間に3月になり新生活のはじまりとなります。3月は異動や新居を構えて、新たな地で新生活を送る人もいるのではないでしょうか。引っ越しシーズンとなる3月、4月は引っ越し業者は大忙しとなり、料金も高くなりますよね。そう考えると気になるのが引っ越しにかかる費用です。繁忙期は料金が高くなるのはみなさん知っていると思いますが、実は引っ越し料金を抑える裏ワザがあったんです。もしかすると引っ越し料金を繁忙期でも安く抑えることができるかもしれませんよ!今回は、引っ越し料金を抑える裏ワザについてご紹介します。

繁忙期の引っ越しは午後便で!

繁忙期に引っ越しをすると、通常より2~3倍も引っ越し料金が高くなると言われています。どうしても繁忙期をずらしての引っ越しが難しい場合は、引っ越しの時間帯を午後にすることです。

引っ越し業者は、だいたい1日1チームで、午前便と午後便の2件の引っ越しを請け負っています。午前便の場合なら、○月○日の午前9時からというように引っ越しを開始する時間帯を決められるのです。しかし、午後便の場合は午前便の引っ越しが終了してからとなるため、だいたい午後1時~4時くらいの間からの引っ越しというように、ざっくりした時間帯になってしまうのです。そのため、時間指定ができる午前より、午後の方が料金設定も安くなっているということです。

しかし、料金が安くなる分、デメリットもあります。引っ越し開始時間がおおざっぱで、尚且つ午前中の作業が遅れると開始時間もそれだけずれ込み、引っ越し終了の時には外は真っ暗なんてこともあります。このようなデメリットがあっても、支障がないようであれば午後便は繁忙期の引っ越しにおすすめですよ。

梱包資材は自分で準備する

よく引っ越し業者のパンフレットには、段ボールなどの梱包資材は無料ですと謳っていますよね。しかし、引っ越し業者も梱包資材を用意するのにお金をかけているので、もちろん引っ越し料金にその分も含まれているんです。そのため、ここでのポイントは「梱包資材はいらないので、引っ越し料金を安くしてください」と交渉することです。

段ボールは、ドラッグストアやホームセンターで貰ってくることができます。スーパーの段ボールの場合は、生鮮食品を扱っているため汚れている可能性もあり、引っ越しの段ボールとしては使わない方がいいでしょう。しかし、それだけでは段ボールが足りない可能性もありますよね。一番は前回の引っ越しで使った段ボールを取っておくことです。もし、今後引っ越しの可能性が少しでもあるという方は、段ボールは捨てずに取っておくことをおすすめします。自分で梱包資材を準備することで、交渉次第では引っ越し料金を安くできる可能性がありますよ。

引っ越し業者の新サービスを活用

最近の引っ越しでは、引っ越し業者が提供しているプランやサービスを利用することで、引っ越し料金を大幅に安くするというサービスがあるのを知っていますか?例えば、引っ越しと同時にインターネット回線を新設したり、ウォーターサーバーを同時申込みすると、引っ越し料金を数万円も安くしてくれるというサービスです。このように、引っ越しと同時に引っ越し業者が提供するサービスを同時申込みすることで、引っ越し料金を安く済ませるという方法もあるのです。実際、私自身も引っ越しを済ませた後、業者から後日ウォーターサーバーのアンケートで連絡がある旨を伝えられました。後日電話に出ると熱心にウォーターサーバーのメリットや、数か月無料で利用できるなどという説明もしていました。ウォーターサーバーは申し込みませんでしたが、私が契約した引っ越し業者もこのようなサービスを提供していたということですね。

もし、インターネット回線の新設やウォーターサーバーの申し込みを考えている方で引っ越しの予定がある方は、引っ越し業者によってはこのようなサービスを提供している場合もあるため、事前に調べておくといいと思いました。

最後に

いかがでしたか?誰もができることなら引っ越し料金を安くしたいですよね。繁忙期でもデメリットはありながら料金を抑えることが出来たり、その他にも交渉次第では引っ越し料金を抑えることが可能なのです。みなさんも、これからくる引っ越しシーズンにぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら