忙しくてジムに通う時間がない!そんなあなたに。家事の合間に「ながら美容法」をご紹介!

たいていの女性は、いつまでも美しくいたいという願いを持っています。しかし、仕事や家事、育児に追われていると日々のやるべきことで精いっぱい。なかなか自分の時間がもてませんよね。体がなんだか重くなった、たるみが出たと悩んでいても、ジムに通ったり、ヨガやジョギングの時間は意外ととれないものです。そんなときはわざわざ運動の時間を取らなくても大丈夫です。忙しい人にピッタリ、お家にいながら、家事をしながらの「ながら美容法」をご紹介致します。

洗濯物を畳むときはストレッチ

まず、忙しい人がやりたくない家事ナンバーワンはなんといっても洗濯物を畳むことでしょう。でも洗濯物の量が多ければ多いほど、体に効果的なストレッチはあります。それは、座って足を開きます。体を倒して手を伸ばして届くところに洗濯物を置きます。

そのあとに足を開いたところに洗濯物を1枚づつおいて畳みます。1枚畳むだけでもかなりの股関節ストレッチになります。股関節が柔らかくなると体中の血流が良くなり、リンパもスムーズに流れますから足のむくみや、重くなった体がすっきり軽くなります。

家では常にヒールスリッパで美脚キープ

足首が太くて悩んでいる人にはこのヒールスリッパの効果はすぐに表れますよ。家にいるときのスリッパをちょっとヒールがあるものを選んで履くだけでOKです。毎日履いているだけで足首周りの筋肉が鍛えられて足首が細くなります。

また、ふくらはぎの筋肉も使うので適度にふくらはぎの筋肉が発達して、メリハリのある足に変身しちゃいます。どんなに忙しい人や忘れっぽい人でも出来ちゃう美脚効果が期待できる方法です。

手や足が使えなくても口を使ってたるみ取り

洗い物をしている時って、キッチンのシンク周りに立っているだけで、動けないですし、手は洗い物で使えない状態ですよね。しかし、手や足が使えなくても、口が動かせちゃいますよね。

「あ、い、う、え、お」をゆっくりと、大きく口を開けて、出来れば声も出して発声しましょう。普通の会話のようにたんたんとではなく、大きくはっきりと行うことがいいのです。口の周りの筋肉が鍛えられて、頬やあごのたるみが改善します。

声を出すのが恥ずかしい場合は声は出さなくてもいいですが、大きくゆっくり口を動かすことを意識して下さい。また、口の周りの筋肉が鍛えられると、しっかりと口呼吸ができるようになります。

口呼吸ができるようになると感染症防止に役立ちますので美顔のためだけでなく、健康の為にもとってもいいですよ。

最後に

このように、わざわざ時間を取らなくても、お金もかからずに、美しい身体をキープできる動きが出来ちゃうのです。一気に全部できなくてもいいので、一番出来そうなものから試して見てください。

無理して沢山する必要はありません。

それよりもちょっとづつでも毎日続けることで効果が現れますので、頑張ってください。また、家で簡単にできる美容について次の記事でもご紹介しております。続けてお読みください!

お試しください!簡単!お手軽!!美容法!!!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら