話題沸騰!初心者向け、ポケモンGOの楽しみ方とは

スポンサーリンク
728×90

日々、話題となっているポケモンGOポケモンGOをやっている人、やらない人、夢中になる人、危険だと嫌がる人、賛否両論いろいろな考えの人がいることと思います。アメリカでは、私有地に知らない間に入ってしまい、銃で撃たれたとか、夢中になっていて崖から落ちたとか、、、とても危険な話がニュースとなる一方、引きこもりがちだった人が外に出るようになったり、各地でポケモンGOイベントが行われたり、コミュニケーションの苦手な人に新しい友達ができたり、運動不足解消になったりと、良い話もあるようです。ここでは、15歳~22歳までの子供4人を持ち、正社員として働く忙しい私の、ポケモンGOとの付き合い方をお伝えします。

絶対にやらない時間を決める

当たり前の話ですが、車の運転中は、絶対に見ません。子供たちにも、自転車に乗っているときは、絶対にスマホを見ないよう話しました。そんなの当たり前だと思われるかもしれませんが、手っ取り早くいろいろなポケモンに出会えるようです。実際、日本でも、すでに運転中にポケモンGOをやっていて、キップを切られた人もいるようです。

自転車も同様です。自分が事故にあうだけでなく、人にぶつかったりする可能性が高いですね。この辺りは、子供たちにもきちんと話します。

では、歩きながらは…?

もちろん危ないですね。ポケモンGOが配信されて以来、歩きスマホをしている人を見かけますが、車の運転中はとても気を付けます。夢中になりすぎている人は、大人でも次にどんな動きをしてくるか予測がつかないからです。歩きスマホも、危険なのでやりません。

ではどうやってポケモンGOをやるか・・・

みなさん、当たり前と思われるかもしれませんが、超初心者のためのポケモンGOを楽しむ方法をお伝えします。まず、スマホのバイブをONにして、スリープモードで持ち歩きます。歩いているときは、スマホは見ないけれど、バイブが鳴ったら、周囲に危険がないかどうかを確認したうえで、スマホを開きます。歩きません。立ち止まって、その場から動かずにスマホを見ます。

ポケモンは、慌てなくても、すぐにいなくなったりしないことがほとんどです。バイブが鳴ってから立ち止まり、危険がないかを確認してスマホを開くというその程度なら、ポケモンはタッチできます。そして、一度タッチしたポケモンは、そこからさらに場所を移動して、ゆっくりとスマホを操作できる場所へ動いても、いなくなりません。慌てずに、落ち着いた場所で操作した方が、モンスターボールも操作しやすいように思います。

充電器を使わない

ポケモンGOをやっていて、スマホの電力消費量が激しいことにすぐに気が付くことでしょう。携帯電話の機種にもよるかもしれませんが、1時間もつかもたないか…。我が家の子供たちは、みな携帯の充電器を購入したりと、ポケモンGO対策をしていますが、忙しい私は、あえて充電器を使わないことにしました。

自分で、携帯のバッテリー量が10%切ったら、ポケモンGOは終了と決めました。そもそも、忙しい時間の合間に楽しむものなので、ポケモンGOに夢中になりすぎて、家事がおろそかになるのもどうかと思うのです。

けれど、一度やり始めると、結構はまってしまうポケモンGO。自分で断ち切れないのなら、携帯に断ち切ってもらうという手です。

家族でポケモンGOの話をしよう

思春期・反抗期の我が家の子供たちですが、ポケモンGOの配信前から、我が家はポケモンGOの話で盛り上がっていました。最初のポケモンはどれにするか。所属の色は何色?などなど・・・そして今は、レアポケモンを捕まえた子が、他の子に、どこで捕まえたかを話したり、今まで捕まえたポケモンの見せ合いっこをしたり…。

子供たちと、近くのジムに対戦しに行ったこともあります。まさか、こんなに子供たちと共通の話題になるとは・・・

ポケモンGOに振り回されない生活を♪

やり始める前から、自分のリアルな生活に支障をきたさないということを心に誓っておきましょう。今、家の中に、ピカチュウがいる!なんてことになったら、とりあえずその1匹はゲットするとは思いますが、そのために、天ぷらをあげているのをそのままにして…なんてことになったら危険です。

ゲットできなかったとしても、そのポケモンとは縁がなかったのだと思うことにします。変に執着すると、かえってストレスをためてしまいます。ポケモンGOに振り回されずに、ポケモンGOをうまく生活に取り入れて、楽しんで使いこなす生活になるといいですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら