夏はアイスが食べたい!でも摂取カロリーが心配?!ダイエット中のアイスの選び方について

スポンサーリンク
728×90

暑くなってくるとついつい冷たいアイスが食べたくなってしまうもの。ダイエット中でも、なんとなくアイスは大丈夫…なんて誘惑に負けることはないでしょうか?実はアイスも選び方・食べ方次第?!

アイスの種類

「アイス」と一口に言っても、

  1. アイスクリーム
  2. アイスミルク
  3. ラクトアイス
  4. かき氷やシャーベット

などの氷菓の4つに大きく分けられます。アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスは含まれる乳固形分、さらにその内の乳脂肪分の量によって分けられていますが、より多く含むのはアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの順になります。

気になるカロリーもこの順に高くなりがちですが、最も少ないラクトアイスはアイスクリームの風味を出すために植物性脂肪を多く含むことがあります。

その場合はカロリーが高くなりますので必ずしもこの順にカロリーも高いとは言い切れませんが、アイス選びに迷ったときには参考にしてみるのもいいかもしれません。

一方、氷菓と呼ばれるかき氷やシャーベット類は乳固形分は3%未満!カロリーが気になるときに迷ったらアイスクリーム類よりもこちらの方が同じ量でも低カロリーに抑えられるのでおすすめ。

ただし、かき氷なども練乳や糖分たっぷりのシロップなどが添えられたリッチなタイプはもちろんカロリーも上がりますので要注意!

アイスクリームのフレーバーとカロリーについて

一般的にはアイスクリームはフレーバーによるカロリーの差はそれほど大きくないので迷ったら好きなものを選んでOKと言われます。

しかし、差は全くないわけではなく、少しでも低カロリーのアイスクリームが食べたいと思ったときに選ぶポイントは、チョコレート系やナッツ系を避け、フルーツ系を選んでみる!ということです。

たとえば、有名なハーゲンダッツのアイスクリーム(ミニカップ)のカロリーを見てみると、大半が約250kcal前後なのに対し、

「ストロベリーバナナ」は173kcal、

http://www.haagen-dazs.co.jp/products/minicup/strawberry-banana.html

「バナナミルク」は182kcal、

http://www.haagen-dazs.co.jp/products/minicup/banana-milk.html

そしてナッツ系は300kcal近くのものも!

サーティワンのアイスクリーム(レギュラー)を見てみると、こちらも大半が約250kcal前後なのに対し、

「バナナアンドストロベリー」は220kcal、

https://www.31ice.co.jp/contents/product/flavor/fl013.html

「ベリーベリーストロベリー」は200kcal、

https://www.31ice.co.jp/contents/product/flavor/fl004.html

さらに「オレンジソルベ」は170kcal!

https://www.31ice.co.jp/contents/product/flavor/fl112.html

そして、ナッツやチョコレート系は275kcalのものがあります。

ちなみに、551HORAIのアイスキャンデーで比べてみても、大半が約100kcal前後なのに対し、チョコレートとあずきは130kcal、パインはわずか60kcalとなっています。

http://www.551horai.co.jp/menu/icecandy.html

もちろん、こちらもすべてのアイスクリームに同じことが言えるわけではありませんが、迷ったときにはぜひご参考に!また、ワッフルコーンなどもそれだけでカロリーが大きくなりますので、カップタイプにするのが断然おすすめです。

ダイエット中のアイスは小さめパッケージがおススメ!

ダイエット中などにアイスが食べたくなったときは、カロリーを重視することも大切ですが、食べる量や時間帯に気をつけなければいけないのはアイスも他のおやつと同じです。

アイスは少しずつ食べるのは難しいので、もともと小分けタイプになっているなどあらかじめ小さめパッケージのアイスを選ぶのがおすすめ。

また、アイスで体を冷やすと内臓の消化器官の機能が低下してしまい、代謝低下や血行不良、食欲不振や夏バテなどにつながってしまうことも。

くれぐれも食べ過ぎには注意して、体を冷やしてしまったら温かい飲み物やお風呂、適度な有酸素運動などで体を温めるケアを忘れずに!

最後に…

いろいろなアイスをチェックしておいて、カロリーが気になるときはコレ!というお気に入りアイスをいくつか見つけておくと、迷ったり、もやもやした気分で食べることもないのでおすすめ!ダイエット中にちょっとひと息つきたいときの満足感もアップしそうですね♪

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら