貯金が苦手…という方におすすめ!振替えの手間なく自動で積み立てできる積立貯金とは?

スポンサーリンク
728×90

貯金したい!”と思ってはいるものの、「なかなか実行に移せない…」、「給料日前には貯金できるお金が残らない…」といったように、”貯金は苦手…”と感じている方、多いのではないでしょうか?

また、収入が入る口座だけだと、「余ったお金はついつい使ってしまう…」、あるいは、収入が入る口座とは別に貯金用の口座を持っていても、「肝心の振込みに毎月行くのが面倒で…」などなど、何となく”貯めたい”と思っているだけではなかなか長続きしにくかったりするものです。

そこで、そんな方におすすめしたいのは、毎月、決まった金額を、ることができる積立貯金です。

積立貯金なら、自分のペースで無理なくこつこつと貯めることができ、一度設定すればあとは収入から天引き感覚で積み立てていくことができるので、貯金が苦手な方や、計画的に貯金したいと考えている方におすすめの方法!

今回は、そんな積立貯金について詳しくご紹介していきましょう。

積立貯金とは?

積立貯金とは、「自動積立定額貯金」や「自動積立定額預金」と呼ばれ、毎月、あらかじめ決めた金額を普通預金口座から、定期預金口座へ自動で振り替えてくれるサービスのことで、そのまま普通預金口座に預けておくよりも多少金利が高いといったメリットのある預金の一種です。

金額は、自分の貯めたい目標などに応じてある程度自由に設定することができ、中には1,000円から1,000円単位で設定できる銀行もあるので、無理なく気軽に貯金を始められるのが魅力。

また、振り替える日も自由に決められることが多いので、給料日の直後に設定しておけば、天引き感覚で面倒な手間なく利用することができます。

積立貯金は、ほとんどの金融機関で取り扱われていますから、給料といった収入の入る口座と同じ銀行で手続きをして始めるのが一般的。

ただし、銀行によって細かい特徴や、金利といったメリットが少しずつ異なるため、収入が入る銀行とは別に、条件が魅力的な銀行があれば、給料の振込先を変更できるかどうか勤務先で確認してみるといいかもしれません。

ちなみに、会社によっては、給料から天引きされる「財形貯蓄」を導入している場合がありますが、勤務先を通して貯めている形なだけに、必要なときに引き出しにくいという面もあります。

そのため、自営業の方や会社がこれを導入していないという場合はもちろん、財形貯蓄を利用しているという方も、普段利用している金融機関の積立貯金も並行して利用しておくと、こちらは自分で管理できるのでおすすめです。

積立貯金のメリットとは?

貯金の目的は、欲しいものがある、旅行のための費用、夢のための資金、将来困らないようにするため…などなど、人それぞれですが、積立貯金なら、目標の金額や期日に応じて、毎月貯金する金額や満期をある程度自由に決められますから、計画的にお金を貯めていくのにうってつけの方法。

自分のペースで無理なくこつこつとお金を貯めたいという方にぴったりです。

特にこれといった計画や目標が無いという方も、積立貯金を利用して、あらかじめ決めた金額を収入から先に天引きするような形にしておけば、手軽ながら無理なく確実に将来のための備えができます。

また、積立貯金なら、毎月自動で振り替えられるため、わざわざ銀行に振込みに行くといった面倒な手間や、貯金のし忘れといったことなくお金を貯めていけるので、簡単で長続きしやすいというメリットもあります。

さらに、積立貯金は前述のとおり、多くの銀行で取り扱いがあるサービスですから、普通口座を開設しているいつもの銀行ですぐ利用しやすいということも、気軽に貯金を始めやすいポイントと言えるでしょう。

積立貯金の始め方

積立貯金を始めるには、まずは銀行の窓口、または、平日の昼間に時間が取れないという方は郵送で申込みをするのが一般的ですが、ネット銀行などでは申し込みがネット上でできる場合もあります。

直接、銀行の窓口に行く場合は、通帳と印鑑、念のために運転免許証といった身分証明書を持参するといいでしょう。

また、基本的には、収入が入る普通預金口座のある銀行で利用しますが、前述のとおり、銀行によって金利といったメリットや、細かい特徴が異なるため、収入の入る口座を変更できる場合などには、複数の銀行の中から条件を比較して選ぶのも得策です。

例えば、

  • 高金利で運用できる
  • 1,000円以上から1,000円単位で積立ができる
  • 毎月の預け入れ日を自由に指定できる
  • ボーナス月を設定して増額することもできる
  • 臨時収入があったときなど、余裕のあるときはATMなどから随時追加入金もできる
  • あらかじめ指定した日に、最低指定残高以上であれば、その超えた分の額を自動的に積立できる
  • 半年~目標日を自由に決められる
  • 終了日を決めないで継続することができる
  • 一定期間ごと、または任意の時期に残高の一部を引き出すことができる
  • 申込みや解約の手続き

…といったように、各銀行でメリットや特徴に違いがあります。

各銀行の名称や特色とは?

気になるサービスの詳しい内容は各銀行のホームページや窓口などで確認することができます。ここでは、代表的な4つの都市銀行、ゆうちょ銀行、3つのネット銀行の名称や特色の一部を簡単にご紹介しましょう。

いずれの銀行も、最新の情報は改めてホームページ等でチェックしてみてくださいね!

みずほ銀行の積立定期預金

月々5,000円~、ボーナス時の増額や、任意でATMから預け入れも可能。

https://www.mizuhobank.co.jp/saving/tsumitate/t_teiki.html

三井住友銀行の積立預金

月々1,000円~1円単位で積立が可能。

http://www.smbc.co.jp/kojin/yokin/

三菱東京UFJ銀行の自動つみたて定期預金

月々10,000円~、積み立て中の引き出しや追加の預け入れも可能。

http://www.bk.mufg.jp/tameru/yen/tsumitate/btm/index.html

りそな銀行の積立式定期預金

月々5,000円~、期間を決めない「一般型」と期間を決められる「目標型」がある。

http://www.resonabank.co.jp/kojin/teiki/tsumitate/

ゆうちょ銀行の自動積立定額貯金

月々1,000円~1,000円単位で積立が可能。

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/chokin/teigaku/kj_cho_tg_tumteigaku.html

ソニー銀行の積み立て定期預金

月々1,000円~1,000円単位で積み立てでき、ボーナス時の増額も可能。

http://moneykit.net/visitor/dc/dc06.html

イオン銀行の積立式定期預金

月々5,000円~、ボーナス時等、年6回まで希望月の増額が可能。

http://www.aeonbank.co.jp/saving/installment_deposit/

楽天銀行の積立購入

1,000円~1円単位で定期預金の「積立購入」という形で利用できる。

https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fixeddep/term/reserve.html

最後に

給料日前に残ったお金を貯金にまわそうとするより、あらかじめ貯金したい金額を最初に収入から差し引いておき、残りのお金でやりくりするようにすると貯金に成功しやすいといいますが、収入から毎月自動的に貯金する分が差し引かれる積立貯金なら、これを実践するのにぴったり!

“本格的に貯金を始めたいなぁ…”と考えている方は、ぜひ自分のペースで貯金しやすい積立貯金を活用して夢の貯金プランを立ててみてくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら