どっちを選ぶべき?知っておきたい医療費の保険適用と適用外の違い

美容整形外科のCMなどを見ていると、「保険適用外」といった宣伝文句がよく目に留まります。病院やクリニックなどで診察を受ける際には、医療保険が欠かせません。保険を利用することで誰でも平等に治療を受けられるわけですが、なぜ保険を適用せずに行う治療や手術があるのか、ご存知でしょうか。どんな治療方法が保険が適用か適用外かを知ることによって、自分に合った治療法を的確に見つけて、最小限の負担で病気を完治させることができるようになるかもしれません。今回は、医療保険適用適用外についてのメリットやデメリットをご紹介します。

医療保険の仕組み

日本で使用できる公的な医療保険には、健康保険国民健康保険後期高齢者医療制度などがあります。他に、民間の保険会社が提供する、入院・通院保険や手術保険など任意で加入できるものもあります。

保険の仕組みは主に、一定額の保険料を国や保険会社に支払い続けることで、医療機関を受診したり入院、通院、手術などを行った場合にかかる高額な医療費の一部を負担してくれるというものです。

医療先進国の一つである日本では、誰でも平等に水準の高い医療施術を受けることができます。いつでも病院で診察を受けられるようにするために、日本に籍を置く以上は、何らかの保険に必ず入っておかなければなりません。

保険が適用されない医療施術もある

保険料を支払って活用している以上、我々が受けられる医療は全て保険が適用できるものだと思われがちですが、中には保険適用外となり、治療費を全額負担して行わなければならない「自由診療」と呼ばれる治療方法が存在します。

厚生労働省が認可していない治療方法、先進医療

世界中で、医療は常に進化を続けています。最先端の治療を受けることができれば、今までは治すことができなかった疾患を完治させることができる場合もあります。

しかし、その治療方法が厚生労働省の許可を得たものでなければ、保険適用の医療として認められず、治療費を全額負担することになります。

先進医療に関しては、効果の期待はできるものの、臨床回数が少ないために、その安全性や確実性を証明することができないため、多くが認可されていません。

今までになかった新しい方法や道具を用いた手術、効果の実証が不完全な新薬、抗がん剤などの使用が、保険適用外に該当します。同じ理由で、医療業界で臨床調査が進んでいない鍼灸治療や整形外科手術なども、一部を除いて保険適用外である場合が多いです。

健康診断、任意の予防接種

健康診断は、会社員や学生などは、福利厚生制度を活用して、年に一回無料で受けることができますが、自営業、専業主婦などの人たちは実費で受ける必要があり、保険を適用することはできません。

診断の結果、手術や詳細な検査を受ける必要が出てきた場合は、その検査費は保険で負担できる場合もあります。

予防接種に関しても、国や自治体が接種を義務化、推奨しているものは無料で受けられますが、任意で受けるかどうかを選べる予防接種を行う場合には、ワクチン料を自己負担する必要があります。

妊婦の自然分娩

医療保険は主に病気や怪我の治療の際に発生する医療費を負担するものです。日本の医療の世界では、赤ちゃんが自然に生まれる過程を病気とは考えず、産婦人科で出産を行っても、その際の入院費などは保険適用外になります。

出産までの行程で重大な病気や疾患が見つかった場合は、その症状に関してのみ保険が適用されます。

保険適用のメリット・デメリット

保険適用医療の最も大きなメリットは、医療費の多くを国や保険会社が負担してくれるところです。

基本は、全医療費の七割を保険が負担してくれるため、患者の負担は三割と安く済みます。ただし、後期高齢者医療制度などでは、負担額の上限が定められているため、介護や治療の頻度によっては自己負担額が増える可能性があります。

デメリットは、原因が特定できなければ病気と認められず、治療を受ける対象となれない場合があることです。その症状を完治できる治療法が見つからない場合、的外れな治療や手術で済まされてしまう危険もあります。

体や心など、様々な原因が積み重なって起こる体の不調となると、一つの医療分野の治療ではどうにもならないこともあり、その場合は原因不明として治療を受けられない、複数の病院を転々としなければならないリスクもあることを念頭に入れておかなければなりません。

保険適用外のメリット・デメリット

保険適用外医療のメリットは、厚生労働省で認可されている医療技術の縛りがないため、自分の体に見合った的確な治療が受けられることです。

レントゲンやCTスキャンなどで見つけられないような、原因を見つけ辛い疾患にも、様々な分野からアプローチすることで柔軟に対応できるのが、自由診療の大きな強みです。

デメリットは、医療費が高額になるため、生活に余裕のある一部の人しか受けられないことです。しかし、最近では一部のがん治療に保険を適用したり、医療外薬品などの購入費を確定申告の控除対象に組み込むことができるなど、制度の緩和も行われています。

また、歴史が浅く安全性が確立されていない先進医療に関しては、不慮の事故に巻き込まれる危険があるということを念頭に置いておかなければなりません。

最後に

患者の診療方法の選び方は、必ず二者択一というわけではありません。保険適用の治療を受けながら、必要に応じて適用外の治療も組み込んでいくといった活用法もあります。色々な治療法を効率よく選ぶことで、重大な病気を最小限の負担で治すことができるようになるはずです。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら