都会から初めての島暮らしへ!石垣島へ移住して、生活をする中で驚いた3つのこと

スポンサーリンク
728×90




私は京都で生まれ育ち大阪で会社員をしたのち,結婚を機に沖縄石垣島移住してきました!そんな私がこの島にきて驚いたことや感じたことを紹介していけたらなぁと思っています!

石垣島には湯船が無い?!

移住するにあたって,まず一番に驚いたのがお風呂でした。湯船につかる習慣がこの島には無いそうで,大抵の家にはシャワールームしかありません。比較的新しい1人暮らし用のマンションなどはユニットバスが導入されているようですが,少々年数の経っている家や世帯用のマンションなどには殆ど付いていません。また,温泉や銭湯も皆無です。

唯一ある銭湯も金額が高かったり,ホテルも宿泊客のみの利用だったりします。数年前までは宿泊客以外の利用を許可するホテルも多かったそうなのですが,モラルの問題などで今は制限が厳しくなってしまっているようです。

毎日湯船に浸かってリラックスタイムを至福としていた私としては,これからずっとと考えると結構な悩みでした。ただ,実際に生活してしまえばとても暑いですし,サッとシャワーで済ませてしまう方が理に適っている感じはします。日航ホテルだけは宿泊利用客以外も料金を支払えば利用できるので,冬やどうしても耐えられなくなったら利用しようと思います。

物価が全然違う!

普段食べている野菜の物価について

まず食品。大阪で1人暮らしをしていた頃お世話になっていた白菜やキャベツ,ジャガイモなど,産地が寒い野菜は1.5倍かそれ以上の値段です。小さかったり,色が良くなかったり,質もあまり良いとは言えません。

その代わりにピーマンやキュウリ,アボカドなんかは安いです。個人的にアボカド大好きなので嬉しいですね。大阪だと130円前後のイメージだったのですが,こちらでは100円を下回る日もあります。メインのスーパーは「マックスバリュー」が数店舗あり,その他ローカルなスーパー店2,3店舗。野菜に絞ればJAの品質が良いようです。

石垣島では自動車はかかせない。気になるガソリン代について

そして何といってもガソリン。ここ数日はレギュラー価格144円(6月15日時点)です。電車は勿論,バスなどの交通機関が豊富ではないため,島の人は大抵車に乗っています。旦那も私も趣味がバイクのため,普通車とバイク2台の計3台全てにガソリン入れないといけないので大打撃です。ただ仕入れ元がどのスタンドも同じなので,給油する場所によって損をするなんてことはありません。そこは本島と違って気が楽ですね。

印鑑がない。。。

こちらに来て住所変更など色々な手続きを取る際,認印を実家に置いてきてしまったことに気付いて買いに行ったときに知りました。人数の多い苗字が本土と全然違うんです。そのため,私のたいして珍しくない苗字(100円ショップで必ずあるような苗字です)でもありませんでした。島で一番古い書店に1つだけ在庫があったので助かりました。反対にボクサーの具志堅さんのような,珍しいなと感じる名前の方が多く取り扱われていて,棚を見ていて楽しかったです。

最後に

石垣島に来て驚いたことをいくつかご紹介させていただきました。島の暮らしは今までの生活と違い、驚くことがたくさんあって新鮮です。またこれから色々な発見があると思うので、またリポートしたいと思います!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら