JALの「どこかにマイル」と「どこかにマイル南の島」を利用して賢い旅を計画してみよう!

スポンサーリンク
728×90

JALの「どこかにマイル」は、羽田空港大阪伊丹空港もしくは関西国際空港のどれかから、行き先を確定せずに予約するマイレージ特典プログラム。

2018年4月からは「どこかにマイル南の島」が登場し、那覇空港鹿児島空港発着で離島のどこかへ行ける同様のプログラムも発進。通常の国内線特典航空券が往復で12000マイルからということを考えると、どこに当たっても往復6000マイルというのは、かなりお得な企画だということがわかります。

ただし、行き先が指定できないだけでなく、ほかにもちょっとした制限があります。ここでは「どこかにマイル」「どこかにマイル南の島」を知って、お得に旅の計画をたてるポイントをご紹介します。

https://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/index.html

どうやって行き先が決められるの?

「どこかにマイル」の場合、4つの候補地が表示され、それを確定することで行き先が決まります。4つの候補地のリストは変更することができ、自分の納得いくリストが出てきたら申し込みに進みます。同様に「どこかにマイル南の島」は3つの候補地のリストから行き先が決まります。

個人的な好みになってしまいますが、私はどうせならLCCが利用できる路線はなるべく候補に表示されないようリストを選んでいました。その点でいくと「どこかにマイル南の島」の登場は私にとって願ってもないサービスの開始でした。

沖縄や鹿児島へのフライトは安いLCCで移動し、そこから「どこかにマイル南の島」を使って離島へ。

例えば鹿児島⇔沖永良部路線は通常公式の先得割引を利用しても14,500円ほどで、普通運賃だと33,000円です。このフライトが特典航空券だと15,000マイル必要なのですが、「どこかにマイル南の島」で当たればの半分以下のマイルで利用できるからです。

もちろん行き先は限定できませんが、鹿児島空港発といった感じで出発空港を指定する、出発到着時刻を目当ての路線に合わせるなどの工夫で、候補をしぼりやすくなると思います。

逆に

  • 石垣
  • 奄美大島
  • 久米島
  • 宮古島
  • 種子島

などはLCCが発着していたり、公式の割引料金を使っても比較的安いので、お得感が少ない気もします。

一方東京、大阪発着のどこかにマイルの場合は候補地が多いので、絞り込むのは難しいと思います。逆に行きたくない場所が入るリストを除いて、あとは運任せぐらいに考えたほうが効率的かもしれません。

申し込みから3日以内に行き先が決定され、メールで知らされます。ワクワクしながら行き先の決定を待つのも楽しいですね。

https://www.jal.co.jp/jmb/dokokani-island/index.html

いつから予約できる?

申し込みは1ヵ月前の同日から搭乗日の7日前まで。1ヵ月というと、ホテルや現地のアクティビティ予約がバタバタしそうですが、それはある程度覚悟しなくてはならないところ。あとに述べますが、予約できない搭乗日があるので、あらかじめ確認しておくといいと思います。

お得なサービスだけど注意したいポイントも知っておこう

キャンセル・変更がほぼ不可能

申し込み完了後の変更はできません。キャンセルは可能ですが、その場合もマイルは戻ってきません。通常の特典航空券と同じく、運航に影響が見込まれる場合には1回のみ手数料なしで変更が可能です。

あと搭乗日の当日、出発空港のチェックインカウンターで、予約便より前の時間の同一区間便に空席がある場合にのみ変更が可能です。直接チェックインカウンターへ赴く必要がありますので、変更の場合は空席を確認したうえで早めに空港へ向かうことが必要です。

https://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/cancel/index.html

同時に予約できるのは4名まで

どこかにマイルは、同行する友人もマイルを保有している場合や家族(JALの規定による)の分もマイルがある場合は、同時に予約してドキドキを分かち合うことができます。ただし、同時に予約できるのは4名まで

友人の分も同時予約した場合は、友人は個々に自分のマイルの引き落とし手続きを完了させる必要があります。

予約できない搭乗日がある

先ほども少々触れましたが、「どこかにマイル」「どこかにマイル南の島」に関しては予約ができない日があります。お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどの超繁忙期は予約できないと考えたほうがよさそうです。

ちなみに2018年7月以降11月までの予約できない日は東京、大阪、沖縄、鹿児島発7月13~14日、8月8日~11日。到着が7月16日、8月12日~19日。

日程は10日以内

「どこかにマイル」は、旅行の期間も制限があります。日帰り旅行も可能ですが、長くても10日以内の帰りの便を予約する必要があります。国内旅行で10日というとかなり長い日程になると思うので、ほとんどの人は問題ないと思いますが、あらかじめ知っておいたほうがいいポイントのひとつです。

1日の申し込み受付数が決められている

申し込みには1日あたりの受付数が決められています。その数は発表されていませんが、その日に申し込みができなくても、翌日トライしたら予約できたということもありますので、あきらめずに午前0時を過ぎたら再チャレンジしてください。

候補地のリストの表示も上限があるようです。「なかなかいい組み合わせがないな~」と変更し続けていたら、検索ができなくなることもあるらしいのですが、ブラウザを変えたりすれば、また検索できるようなので、このあたりは問題にならないと思います。

最後に

旅の計画からちょっとしたサプライズを味わえる「どこかにマイル」「どこかにマイル南の島」を利用して、ドキドキと得した満足感を満喫してくださいね。

https://www.jal.co.jp/121campaign/dokokani/
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら