6月に身体や心の不調を感じたら「6月病」かも!近年増えている5月病ならぬ「6月病」

スポンサーリンク
728×90




ゴールデンウィーク明けに体調を崩す5月病。よく耳にする言葉ではないでしょうか。しかし、近年5月病ならぬ6月病が増えているのをご存知ですか?6月病は、とくに新入社員に増えているというのです。それでは、6月病とはどのような症状なのでしょう。今回は、6月病の原因や予防法についてご紹介します。

6月病とは?

5月病は、4月に入学や入社、転勤、引越しといった新生活を迎える人が、ゴールデンウィーク明けに体調を崩してしまう症状を言います。

環境の変化により、4月から1ヶ月頑張ってきたところでゴールデンウィークという連休を迎えるため、一気に気持ちが解放されてゴールデンウィーク明けには「学校に行きたくない」「仕事がめんどう」というような心身ともにストレスを感じ体調を崩してしまうのです。

一方、6月病は新入社員に多くみられる症状で、4月に入社を迎え新人研修を終え、5月には配属先での仕事が始まり、6月はようやく職場に慣れてくるころです。そして、仕事の慣れと共にストレスや疲労も蓄積されていきます。

また、慣れてきたころでの仕事でのミスや人間関係が上手くいかないといった状況に、大きなストレスを抱え込んでしまうのも6月病になりやすい特徴です。さらに、6月は梅雨の時期でもあるため、ジメジメしてどんよりとした空模様にも落ち込む影響が少なからずあります。

6月病の症状

6月病は、身体の不調だけでなく心の不調も伴います。それでは、どのような症状があらわれるか見てみましょう。

1:身体の不調

  • 身体がだるい、重い
  • 食欲がなく胃が痛い
  • 下痢、便秘、腹痛
  • 疲れやすく寝付きが悪い
  • 肩こり、頭痛がひどい

2:心の不調

  • やる気がない、集中力の低下
  • イライラする
  • 気持ちが落ち込む
  • 不安や焦りを感じる
  • マイナス思考になり、他人と話をしたくない
  • 判断力、思考力の低下

このような不調が2週間以上続く場合は、6月病の疑いがあります。長引くと「うつ病」を発症する可能性があるため、心療内科または精神科を受診しましょう。

6月病は深刻な病気に発展することも

5月病も6月病もストレスが原因だし、リフレッシュすれば大丈夫と安易に考えてしまうと、もしかすると6月病から深刻な病気に発展するかもしれません。

6月病は医学用語ではないため、専門家は「適応障害」と診断することがあります。適応障害とは、ある特定の状況や出来事が本人にとってとても辛い場合、そのせいで気分や行動に大きな影響を与える病気です。

周囲にしてみればなんてことない職場環境であっても、その人にしてみると耐え難いストレスを感じていると言えます。

しかし、この場合ストレスの原因が職場環境と判明しているため、その原因から離れることで症状は改善されていくでしょう。適応障害と診断された人のうち、厚生労働省によると40%以上が5年後に「うつ病」を発症しているそうです。

さらに、適応障害から発達障害が判明することも少なくないと言われています。

このように、6月病だからと放置してしまうと、後に恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。そのため、6月病は早期の対処や治療が必要となるでしょう。

6月病の予防法

1:十分な睡眠

脳の活性化にかかせないのが「セロトニン」という脳内にある神経伝達物質です。セロトニンが減ってしまうと、うつ病になりやすいと言われています。セロトニンを増やすためには、十分な睡眠と規則正しい生活が不可欠となるのです。

また、体調を崩していると寝付きが悪い場合もあるため、5~8時間はグッスリ眠れる時間を確保することを考えて、布団に入る時間も考慮してくださいね。

2:好きなことをする時間を確保する

ONとOFFの切り替えも重要です。OFFタイムには自分の好きなことをする時間として、休養やリフレッシュをするようにしましょう。好きなことに没頭している時間は、仕事での嫌なことも忘れストレスを感じることもありません。

3:適度な運動

セロトニンを活性化させるには、適度な運動がおすすめです。うつ病の症状が軽い場合は、ジョギングやウォーキングといった一定のリズムで身体を動かすことで、セロトニンが活性化され効果的です。

4:たんぱく質を積極的に摂ろう

6月病に限らず健康な身体づくりには、バランスの摂れた食事は当たり前のことですよね。栄養バランスを考え、1日3食しっかり食べることが大切です。

また、トリプトファンという物質は、セロトニンを作り出すアミノ酸の一種であり、大豆や魚、肉などのたんぱく質が豊富な食材に多く含まれています。トリプトファンが含まれるたんぱく質を積極的に摂るようにしましょう。

アミノ酸自体はサプリメントでも摂取できますが、アミノ酸単体で摂取しすぎると肝臓に負担がかかる可能性もあるため要注意です。

もし新入社員が6月病かも…と感じたら

元気いっぱいに入社してきた新入社員が、6月ごろには元気がなく、突然泣き出したり挨拶をしなくなったりする場合は、6月病の可能性があります。お昼のランチや飲み会といった付き合いを断るようになるのも、6月病のサインと言えるでしょう。

もし、後輩が6月病かも…と感じた場合、「頑張って」という声掛けは絶対にしてはいけません。「頑張ってきたのに、周囲からは私の頑張りが伝わっていない」と余計に悲観的になってしまうかもしれません。

この場合は、「困ったことや悩みがあるなら聞くよ」と優しく声をかけましょう。もし、2週間以上たっても症状が改善されていなければ、職場の健康管理室や産業医へ相談することを勧めてあげてください。

最後に

いかがでしたか?6月病があるなんて…と特に新入社員の方は不安を感じてしまうかもしれません。丁度、職場での仕事に慣れてきたこの時期、仕事でのミスや人間関係に悩むこともあるでしょう。

ストレスを溜めることは6月病となる可能性があるため、休日や帰宅後は自分の好きな時間を設け、心身共にリフレッシュすることを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら