月うさぎは万国共通?十五夜は満月?今年は9月15日(木)にくる十五夜について知ってお月見を楽しもう♪

スポンサーリンク
728×90

9月に入り秋らしい風や空気を感じられますが、9月といえば十五夜お月見。今年の十五夜は9月15日の木曜日となります。みなさんは十五夜をどのように過ごしていますか?お供え物を用意したり、お月見をしながらお団子を食べたりと、十五夜の楽しみ方はそれぞれだと思います。そこで、十五夜のお月見を楽しむ前に、十五夜についてもっと知ってみたいと思いませんか?今回は、十五夜のお月見について意外と知られていない情報をお届けします。

十五夜は必ず満月というわけではない

十五夜のお月見といえば、満月を連想させますよね。でも、実は必ずしも満月というわけではないようです。十五夜の月は中秋の名月と言われ、旧暦8月15日のお月様のことを指しています。旧暦では秋は7月から9月となっていて、その真ん中にあたる日が8月15日になるので中秋と呼ばれています。

しかし、現在の暦の数え方で考えると旧暦の8月15日にあたるのは、毎年9月中旬から10月上旬の間にやってくるため、その年ごとに日付も変わってしまいます。そして、新月から満月になるまでの日数は、地球と月の公転軌道の関係から14日から16日間の間で変動しているのです。

そのため、15日が必ず満月になるのではなく、1日、2日ずれてしまうこともあるようです。さらに驚くことに15日が満月になることの方が珍しいようです。

何で月にうさぎがいるの?

十五夜のお月様で思い浮かぶのが、月うさぎではないでしょうか。月うさぎの姿ってどんな姿か覚えていますか?みなさん、月うさぎがお餅をついている姿をイメージしませんか?でも、月うさぎってどうしてお餅をついているのでしょう。

もし、子供に聞かれたら何て答えたらいいのかしらと悩んでしまいそうですが、この月うさぎの餅つきには諸説ありですが、様々な伝説があると言われています。最もポピュラーな話が、以下の通りです。

「ウサギとキツネとサルの前にお腹を空かせた老人が現れ、3匹の動物たちは老人のために食べ物を探します。キツネとサルは食べ物を探しだしたのですが、ウサギだけ見つけることが出来ませんでした。

そのため、ウサギは自ら火の中に入りウサギ自信を食べて下さいと老人に捧げたのです。実は、この老人は、帝釈天(たいしゃくてん)という神様で、ウサギを哀れみ、月の中で甦らせて皆のお手本にしたのです。」

これが、最も知られているお話です。

さらには、なぜお餅をついているのかというのは、中秋の名月はもともと豊作を祝うために考えられてとされていて、お米がたくさん採れるようにという思いが込められているそうです。

実は月うさぎは万国共通ではない

月うさぎが見られるのは、実は日本と韓国、一部の中国で見られる姿なのです。月は地球に対して同じ面を向けて回っているので、どの国からも見えている模様は同じなのですが、その国によって捉え方が違うようです。一部の中国地方では、大きなはさみを持った「カニ」と答えるところもあります。それでは、他の国では十五夜のお月様がどのように見えているのでしょう。

  • 欧米・・・女性の横顔
  • インドネシア・・・編み物をしている女の人
  • オーストリア・・・男性が明かりを点けたり消したりしている
  • ドイツ・・・薪を担ぐ男性

などなど、その国によって捉え方が違って面白いですね。今年はもしかすると月うさぎではない姿が楽しめるかもしれませんね☆

最後に

昨年の記事になりますが、十五夜の意味と過ごし方について書いた記事があります。合わせてご確認ください!

今年の十五夜は2015年9月27日(日)。十五夜の意味と過ごし方について

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら