今年の十五夜は2015年9月27日(日)。十五夜の意味と過ごし方について

スポンサーリンク
728×90

十五夜というと「お月見」「月見団子」「ススキ」などのワードが出てくると思いますが、その意味や本当の十五夜の過ごし方を知っていますか?私自身、十五夜を特に深い思いを持たずに、何となく過ごしていた一人です。十五夜について調べていくとお団子の数や、ススキを飾る理由など知らないことが沢山ありました。2015年の十五夜は9月27日の日曜日です。せっかくの休日を、十五夜の過ごし方を知って過ごしてみるものいいのではないでしょうか?

なぜお月見をするの?

そもそも十五夜とは中秋の名月の通称で、中秋とは秋の真ん中を指しています。昔の秋は7月~9月を指していて、その真ん中が8月15日のため旧暦8月15日の十五夜に月見をするという風習になったのです。では、なぜお月見をするのでしょう?中秋は秋晴れに恵まれる時期で大気が済んだ季節となり、月がとても綺麗に見えます。そこで、上流社会は観月の宴を催し月をめでていたのが、後に作物の収穫祭に結びついていったのです。そのため、人々は十五夜にお供え物をして、感謝や祈りを捧げるようになったのがはじまりといわれています。

月見団子やススキをお供えする理由

十五夜の由来は分かりましたが、なぜお供え物は「月見団子」「ススキ」と決まっているのでしょう。

月見団子

穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが月見団子のはじまりです。また、お供えするお団子の数には2つの説があり、満月の数の12個(閏年の場合は13個)、十五夜だから15個飾るというものです。

ススキ

・ススキは作物や子孫の繁栄を見守ってくれる月の神様の依り代と考えられています。本来は稲穂をお供えしたいのですが、稲刈り前のために稲穂に似ているススキが選ばれたのです。十五夜に月見団子やススキを飾る理由が分かると、感謝して豊かな心で十五夜を迎えたいと思いました。また、十五夜は別名「芋名月」と呼ばれているのを知っていますか?イモ類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えすることもあります。

お供え物は盗んでも大丈夫?!

ちょっと驚いた話ですが、近所の子供たちにお月見のお供え物は盗まれても良いとされていました。これはお月様が食べたと考えられたため、むしろお供え物が無くなっていることを歓迎していたのです。また、「お月見どろぼう」といって、各地で子供たちのお月見イベントも行われているようです。現在ではハロウィンのように各家を回って、「お月見くださーい!」「お月見どろぼうですよー!」と声を掛けてお菓子をもらう風習があります。

このように、知っているようで知らなかった十五夜の過ごし方や風習を知って、普段何となく過ごしていた十五夜を、今年は特別なものとして過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。お子さんがいるご家庭なら子供に十五夜の意味を伝えて、食べ物の大切さを教えてあげえるのもいいと思いました。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら