これをKARAのメンバーが実践!美白の秘訣

夏真っ只中、紫外線による肌への負担もピークになっている頃では?そのまま放って置くと、冬には砂漠のようなお肌になる恐れが…。いつ見ても美しい、KARAのメンバーも実践している“美白の秘訣”を公開!

その紫外線予防、大丈夫ですか?

日焼け止めの重要性は、もう十分ご存知かと思います。紫外線予防にあまり関心がない方でも、今の化粧品には大抵SPFやPAが含まれていて、「これさえ塗っていれば大丈夫かな」なんて思ってしまいがち。特に室内で過ごす事の多い人は、冷房による乾燥対策にばかり力を入れていたりしませんか?化粧水ミストに携帯加湿器…。確かに、冷房による乾燥はダメージが多いので保湿が不可欠です。ですが、1度自分の肌をじっくり見てみてください。小さい頃はなかったはずの場所に、小さなホクロが出来ていたりしませんか?言われないと気づかない程薄かったホクロが、濃く大きくなってはいませんか。顔は大丈夫であっても、腕や足などに出来ている人が多いのではないでしょうか。ホクロが出来る原因は、必ずしも紫外線とは限りません。ですが、紫外線によってシミやホクロが出来てしまうのも事実です。幸い、紫外線は日々のケアで予防が可能です。せっかくホクロのない綺麗な肌に、わざわざ目立つホクロをつくる理由はありませんよね。忙しい朝は、出来る限り準備に時間をかけたくないものです。ひと手間が面倒くさく感じてしまいますが、出来てしまってからのケアに比べれば、時間もお金も大節約です。高品質のリッチな日焼け止めでなくても、ドラッグストアで売っているお手軽な日焼け止めで十分です。たった2、3分でいいので、出かける前に日焼け止めを塗る習慣をつけていきましょう。

KARAの美容担当、ギョリが教える『実践HOW TO』

KARAの中でも、ひときわ美肌が輝くギョリ。スキンケアにこだわり、もちろん紫外線予防も完璧です。そんな彼女の日焼け止めの塗り方はこちら!

いつ

日焼け止めは、肌に吸収されて膜をつくるまでに20~30分かかります。外出の30分前までに塗ることで、確実に紫外線から肌を守ることができます。

何を

UVAとUVBをしっかりと遮断し、SPF指数が25以上いあるものを選ぶことが基本。

どれくらい

普段は真珠の粒程度の量で充分です。ですが夏の紫外線が強い時期には、小銭ほどの量を塗ることで効果があります。そして、日焼け止めは2時間おきに重ね塗りをしましょう。

汗がたくさん出た時

あぶらとり紙やティッシュで汗や皮脂をオフしてから日焼け止めを塗ること。

化粧直しの時

ファンデーションを重ね塗りすることは避けてください。化粧が固まり汚く見えてしまいます。化粧を直す際は、先にミストで水分との密着力を高めます。次に軽いタイプの日焼け止めをスポンジで塗り、日焼け止め成分が入っているパウダーで叩きます。ポイントは、日焼け止めを塗る際、化粧が取れた部分をふき取るように塗ることです。

野外プールや海へ行った時

ウェータープルーフの紫外線遮断指数の高いものを使いましょう。水から出たらタオルで水けをふき取り、日焼け止めをムラなく塗ります。

サンブロック百科事典

先ほどから出てくるアルファベットの用語、実際なんのことだかいまいち分からない方もいるのでは?覚える必要はありませんが、日焼け止めを選ぶのに役立つので、知っていて損はありません。

UVA

水蒸気やガラスも通し、曇りの日でも到達してしまう紫外線。肌の真皮層まで浸透して、ハリを奪いシミ、ソバカスなどの色素沈着を起こします。

UVB

皮膚にやけどのような赤い腫れやヒリヒリした痛み、水膨れを誘発し、肌を黒くする紫外線。

PA

UVAを遮断する指数。+の個数で表記します。

SPF

UVBを遮断する指数。数字で表記します。

歳を重ねるごとにスキンケア用品が増えていったり、高い商品を使ったりなどしていませんか?高い化粧品を購入する前に、紫外線対策を見直してみるのも美の秘訣ではないでしょうか。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら