これは納得!主婦の洗濯を楽にする洗濯ネットの活用ワザとは!

スポンサーリンク
728×90

毎日のお洗濯。洗うのは洗濯機任せですが、面倒なのが干す作業。からみついた洗濯ものをほどいて、仕分けして、干す。そんな洗濯の干す作業を軽減する洗濯ネット活用ワザをご紹介します。

洗濯ネットに入れて洗っても汚れは落ちる!

洗濯が終わった洗濯ものを干すときに、まず、面倒なのが、からみついた衣類をほどく作業ですね。洗濯ボールとか、洗濯機に入れると衣類がからみつきにくくなる便利グッズもありますが、もっといいものがないのかなと思っていたときに、洗濯ネットを利用することを思いつきました。

糸くずなどがつくとやっかいな黒い色ものなどを目の細かいネットに入れて洗っていたのですが、全部の洗濯ものを入れて洗ったら、

「からまないのに」

と思ったわけです。ただ、心配なのが、汚れ落ち。ネットに入れたままだと、汚れ落ちしないのではないかと思いますよね?

そんなときに、テレビで洗濯のプロの方がネットに入れて洗っても汚れ落ちは変わらないと言っているではありませんか!その方いわく、ネットに入れないで洗うと、衣類がからみついて、そこに洗剤が入り込みにくくなって、かえって汚れ落ちしないので、ネットに入れて洗った方が汚れは落ちるのだそうです。

時短できる活用法を発見できた洗濯ネット

それから、すべてを洗濯ネットに仕分けして、洗うようにしました。色つきのもの、白いもの、タオル類など、色と素材を気にかけて仕分けして、ネットに入れると、汚れ落ちは全く気になりません。もちろん、ふつうに洗濯しても落ちないようなひどい汚れは、それまで同様に、揉み洗いしてからネットに入れています。さらに、からみつきが全くなくなったという点以外にも、ネット洗いの利点があることに気が付きました。

  • 洗濯ものがからみつかないので、ほどく時間が時短できる。
  • 洗濯ものがからみついて引っ張られないので、しわができにくい。
  • ネットに入れているので、洗い終わった洗濯ものを取り出す手間が時短できる。
  • 仕分けしてネットに入れているので、干すときに仕分けしないですむから時短できる。

時短と衣類が痛まない洗濯ネット活用!

大小の洗濯ものが洗濯槽の中でバラバラになっていると、取り出すのも、何度も拾い集める感じですが、ネットに入っていれば、ネットごと取り出せるので、バラバラになっていなから、すぐに取り出せるし、大きなもの、小物と、仕分けもできているので、干すのに、とても楽なのです。洗ってから濡れたものを仕分けするより、乾いたものを先に仕分けしておいた方が、手軽ですよね。さらに、強い力でからみつくと、しわも寄りやすいのですが、それも軽減できている印象です。

もちろん、洗濯ものがからみついて、強い力で引っ張られると、洗濯ものが痛んでしまいやすいので、それがふせげるから、衣類がへたりにくくなるし、黒いもの、白いものを別々にネットに入れて洗えば、糸くずなどもつかずに、仕上がりもきれいです。大きなボタンやひもがついたものがほかの衣類に引っかかったりもしないし、デリケートな衣類にもネット洗いが最適です。

最後に 

洗濯ネットを使うようになってから、おかげさまで、洗濯ものを干す作業が以前より、ずっと快適になりました。からみついた衣類をほどくのが面倒だし、しわもよりやすかったのが、どちらもストレスが軽減されました。ネットは網目の粗いものより、目の細かい方が糸くずなどもつかなくてきれいに仕上がるのでおすすめです。

この記事を書いた人

arco
arco
ライター、編集者として仕事をして20年以上になります。主に女性向けの生活情報について、雑誌、フリーペーパーなどの企画から取材、撮影、編集まで一括して行って来ました。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら