洗濯物は収納場所もしくは家族ごとに仕分けるのがコツ!洗濯物を簡単に取り込みそして片付ける方法とは

スポンサーリンク
728×90




毎日の洗濯は主婦にとって大変ですね。特に大人数の家族の場合は、洗濯物の量も大量です。今は大容量の洗濯機のおかげで、洗濯物を洗うのは楽になりましたね。しかし、問題は取り込んだ後の洗濯物です。この大量の洗濯物をたたむのに一苦労・・・。仕事をしている主婦にとって、帰宅後の洗濯物を畳む作業は結構苦痛です。しかし、畳まないで山積しておくと見た目が・・・。そんなお悩みの主婦におすすめの簡単片付け方法を紹介します!

洗濯物を一網打尽の大風呂敷!収納場所ごとに風呂敷に入れよう!

洗濯物を取り込むときに、収納場所ごとに仕分けできる方法です。これには大きな布・風呂敷などが便利です。

この風呂敷は、収納場所の数を用意しましょう。そして、広げておいてタオルならタオルだけをその風呂敷に乗せていきます。

まとまったら風呂敷の四隅をつまんでひとくくり。その状態で収納場所へ持っていきましょう。それぞれの種類ごとに、この方法でまとめていきます。

そして、その場所でひとつずつ畳んで収納していきます。洗濯物の種類があれこれたくさんあるよりも、同じものが固まっているため、作業効率がグンッと良くなります。

また、畳む時間がないときはその場で待機させておくのも有りですね。山積になっていないので、見た目にも苦痛を感じません。時間の出来たときに畳めば良いのです。

洗濯物の収納グッズ大作戦!家族ごとに洗濯物を取り入れよう!

洗濯物を取り込むときに、カゴなどの収納ボックスへ仕分けして入れていきます。これは家族ごとが良いでしょう。家族ごとの洗濯物をどんどん取り込んでいけば、まず見た目がスッキリです。

この方法のメリットは、帰宅後の忙しい時間でも、洗濯物を分けて入れていくだけなのでまず時間短縮になります。そして更に洗濯物の山積からも開放されますね。また、負担を減らすために自分のものは自分で畳むようにすると、お手伝いの良いきっかけになります。

家事を一人ですべてこなそうと思うと、かなりの負担になりストレスも溜まります。家事は家族を巻き込むことが大切。そうすることで心のゆとりも生まれ笑顔も増えるのです。

子供や旦那さんにとっても、お母さんが笑顔でいてくれるのは何よりの幸せでしょう。どんどん巻き込んでいきましょう!

おわりに

いかがでしたか?家事は主婦だけのものではありません。一人ですべてこなすのは、体力的にも心にも大きな負担となります。家事は家族の協力が必要です。

それを子供にも楽しみながら感じてもらうことは、これからの子育てにとっても大切なことになるはずです。ぜひ試してみてください!

また、洗濯物がふんわり仕上げるための方法、ご存知ですか!?こちらの記事でご確認ください!

こんな裏技知ってる!?洗濯物は干す前、叩くより強く振ることでふんわり仕上がります♪

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら