いつの時代も資格は有利と言うけれど。社会保険労務士の資格はどう活かせるの?

スポンサーリンク
728×90




キャリアアップ給与アップのために資格を取得したいと思って、パンフレットやインターネットで取得できそうな資格を探している人もいるでしょう。独立開業給与アップが狙える資格の1つに、社会保険労務士という資格があります。どんな資格なのでしょうか。

社会保険労務士の仕事とは

社会保険労務士は社会保険労務士試験に合格後に、社会保険労務士名簿に登録すると、社会保険制度と人事管理のプロとして活動できるようになります。社会保険労務士には大きくわけて4つの業務を行うことができます。

(1)労働社会保険の手続き

法律に基づいての健康保険、国民・厚生年金、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)の手続きを行います。

(2)人事管理

企業の人事管理全般について就業規則の作成、給与レンジや評価制度の設計と導入、退職金制度、再雇用制度、採用・研修、助成金の利用や申請などのコンサルティングを行います。

(3)年金手続き

公的年金に関する唯一の国家資格者であり、障害年金や遺族年金、老齢年金以外の給付制度などの相談や手続きを個人に代わって行うことができます。企業・自営業者・個人の年金に関する問題について相談に応じ指導を行います。

(4)労働問題の解決

解雇、サービス残業の賃金などの賃金に関する問題、希望しない出向や配置転換、職場でのイジメやセクハラなどの解決を行います。

社会保険労務士の資格を活かすには?

1)企業の人事部で活かす

人事部で社会保険事務や人事管理のプロとして、他の社員から手続き方法についてアドバイスを行なったり、就業規則の変更や評価制度の設計など幅広く活躍することができます。

2)生命保険営業

FP(ファイナンシャルプランナー)と併せて社会保険労務士の資格を持っていると、公的年金に関する唯一の国家資格者として個人や自営業のお客様の将来の年金に対する不安に応じて商品をできます。

また、企業に対しては人事管理・労務管理のプロとして退職金制度や年金についてのアドバイスを行いながら商品の販売が行えます。

3)独立開業

社会保険事務所を立ち上げても、企業の社会保険手続きや給与計算などを請け負っているイメージが強いですが、顧問契約をすれば企業の人事労務管理、雇用管理、人事管理、教育訓練、安全衛生管理、福利厚生に関するコンサルティングが行えます。

また、個人のお客様に対しては障害者年金の申請のアドバイスを行なったり、労働契約に関する助言を行います。ただし、それまでに培った人脈や営業力がないと、HPやSNSで情報発信を行って飛び込みのお客さんを待つだけでは安定した収入を得ることは難しいでしょう。

最後に

いかがでしたか?社会保険労務士の資格を取得するには、毎年ある法改正もカバーしながら幅広い知識を身につけなければ合格することはできません。また、資格取得後も法改正関する知識を身につけていかなければなりませんが、知識は日常生活でも役に立つことばかりです。

誰かの役に立ちたいと思う人には向いている仕事ではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら