知恵は生きていく上での道具!雪降る山間部でスポーツカーに乗る知恵不足の実例

スポンサーリンク
728×90




数学は人生を豊かにすると書きましたが、言い換えれば、ソフトウエアが人生を豊かにするといえます。いくら高級な車を買っても乗りこなさなければ生活は貧しいままです。他方、安い軽四車を買っても、十分に乗りこなせば生活は豊かになります。このような事例は、すぐ近くにあります。

雪が降る地域で通勤用にスポーツカー!?

私の住んでいるところは山地で、冬には年に何度か雪が積もります。自動車も4駆に乗っている人が多いです。そんな地域にも関わらず近所の息子さんが通勤用にスポーツカーを買いました。

これは雪が積もったら、苦労するぞと内心思ったのですが、案の定、その冬、雪が積もりました。スポーツカーはご存知のように後輪駆動です。このような車は雪道では走ることができません。

雪の日、息子さんは会社からの帰り、スポーツカーを道路わきに止めて、途中から歩いて帰ったそうです。

家に着いたのは、深夜も過ぎた3時ごろでした。農家の人が乗っている軽トラは4駆ですので、農家のおじさん連中はいつもの日より、倍ぐらいの時間はかかったが家に帰ったそうです。このような話はいくらでもあります。

人生を豊かに過ごすのはハードよりもソフトではないでしょうか。

身に付けた知恵、それも道具です

ソフトも道具なのです。多くの人はハードは道具でソフトは思考だと考えていますが。私は教師ですので、教師の立場から話を進めますと、皆さん、少しでもよい大学、難関大学へ進学を希望しています。

しかし大学もただ入って卒業するだけの人生の一道路なら、単なるハードです。その道を通っても社会に出て役に立つとはおもえません。また豊かな生活が待っているとは思えません。大学でしっかりと学習すれば、それはソフトです。

そのソフトを身につければ、下位の大学を出ても、また大学など出なくても豊かに生きることが出来ます。大学で身につけた技術、学力、教養などは一生を通して、その人を支えてくれますから。

数学的な考え方、ソフトなどわからないという方へ

数学的な考え方、確率の考え方、あるいはソフトなどあまりわからないという方にも、実はよい方法があります。物資的に豊かな生活をしている人、精神的に豊かな生活をしている人を真似てみることです。そのような人は、必ず近くにいます。

例えば、ご主人の勤務先より、はるかに規模の小さな企業に勤めているのになぜか豊かな生活をしている人、給料の安い会社に勤めているのに、なぜか自分らと同じような物資的にも豊かな生活をしている人、そのような人々は必ず少ない給料で豊かに暮らす方法を心得ています。

それを吸収すると、豊かな生活を送ることが出来ます。たとえ、数学的な考え方やソフト嗜好が出来なくても。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら