スタンプや無料通話だけじゃない!LINEの便利な機能ご紹介いたします

スポンサーリンク
728×90

「LINE」といえば、24時間いつでもどこでも無料で通話やメールを楽しむことができるアプリですよね。今や多くの人がコミュニケーションツールとして「LINE」を利用しているのではないでしょうか。さらにiPhone同士だけでなくAndroidを利用している友達とも、無料で通話やトークができるのも最大の魅力です。そして、メールの絵文字を超える可愛らしいスタンプも豊富で、もはやスタンプだけで会話が成立してしまう?!なんてこともあります。LINEを利用している人は無料なだけに利用頻度も高いと思いますが、意外と知られていない機能があるのをご存知ですか?今回は、あまり知られていない意外なLINEの機能についてご紹介します。

クロネコヤマトの不在届をLINEで受け取る

配達でお馴染みのクロネコヤマトですが、配達のタイミングが合わない場合は不在届がポストに入っていますよね。そこで再配達の依頼を電話でしたり、直接取りに行くという方もいるのではないでしょうか。

ヤマト運輸のアカウントを友達登録にすると、LINEから荷物の問い合わせや再配達依頼、集荷依頼、料金・お届け日検索といった機能を使うことができます。

まず、ヤマト運輸のアカウントを友達登録するとトーク画面に「連携・新規登録はこちら」と表示されるため、クロネコメンバーズに登録していない方は新規登録が必要となります。クロネコメンバーズに登録が完了したら、LINEで再配達依頼や荷物の問い合わせなどの機能を使うことができます。

ヤマト運輸の友達登録はこちらから↓

http://www.kuronekoyamato.co.jp/campaign/renkei/LINE/index.html

もしかしてブロックされているかも?!そんな時の確認方法

LINEは迷惑な相手をブロックできる便利な機能ですが、もし自分がブロックされていたら気になりませんか?そんな時に相手にLINEブロックされているか確認する方法があるのですが、「これ!」といったひとつの判別方法ではなく、いくつかの方法を試した上でブロックされている可能性があることを判別する方法となります。

スタンプのプレゼント

この方法はAndroid限定となるのですが、ブロックしているか確認したい相手にLINEのスタンププレゼント機能を使ってスタンプを贈るだけです。「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」という表示が出ると、ブロックされている可能性があります。本当に持っている場合もこの表示が出るため、明らかに相手が好きそうじゃないキャラクターのスタンプを贈って確認してみましょう。

iPhoneの場合は、着せかえをプレゼント

iPhoneではLINEスタンプのプレゼントができませんが、無料の着せかえを相手にプレゼントすることでブロックされているかの判断材料になります。無料のきせかえは

LINEキャラクターの

  • 「ブラウン」
  • 「コニー」

とLINEのロゴ

  • 「ホワイト」
  • 「ブラック」

の4種類だけなのですが、「ホワイト」「ブラック」はあまり利用者が少ないと言われているため、「ホワイト」か「ブラック」をプレゼントして試してみるという手もあります。

通話やタイムラインによる確認方法

ブロックされている相手に発信すると、こちら側には普通にコール音が聞こえます。そのため、もしブロックされていなければ相手に不在着信の表示が出ます。もしあなたからの着信があるのに、何のアクションもなければブロックされている可能性があるということです。

さらに、タイムラインもブロックされている相手のヘッダー画像は見ることができるのですが、投稿は見ることができません。しかし、現在のLINEでは初期設定の段階で全員に公開という設定になっていないため、判断材料としてはあまり有力ではないかもしれません。

最後に

このように、ブロックされているかどうかの判断は、いくつかの方法を試した上で判別するということになります。しかし、あまり相手を疑ったり本当にブロックされていたときのショックなどを考えると、何もしないほうがいいという考え方もあります。

LINEには、意外と知られていない機能がまだ隠されているかもしれません。友達付き合いなどコミュニケーションツールとして使える「LINE」ですが、そこだけにこだわるのではなく、上手な使い方をしていきましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら