LINEのユーザー名の横の「鍵マーク」の正体は?LINEの”Letter Sealing”について知ろう!

スポンサーリンク
728×90




24時間、いつでもどこでも好きなときに、無料で通話やメールができるアプリといえばLINEですよね。スマートフォンを利用している人であれば、LINEを使っている人も多くいると思いますが、最近LINEのユーザー名の横に「鍵マーク(ロックアイコン)」がついているのを知っていますか?筆者もつい最近気付いたのですが、この鍵マークって一体何のためについているのでしょう。今回は、突如現れた謎の鍵マークについて、その正体をご紹介します。

鍵マークの正体はLINEのLetter Sealing(レターシーリング)機能

LINEのレターシーリング機能とは、簡単に言うとユーザー間の通信の内容を暗号化して、送信者と受信者の間でしかメッセージの内容が解読できないようになっている機能です。

今まで使われていたLINEのメッセージ暗号化機能は、送信者からLINEサーバーまでが暗号化され、送信者から送られてきた暗号をLINEサーバーが一旦解読して暗号化されていない内容に戻し、改めて暗号化を施してLINEサーバーが受信者にメッセージを送信していました。

もちろん、一旦LINEサーバーで暗号化されていない文章に戻すからといって、メッセージの内容を社員が盗み見ることはできませんが、鍵を付けることで今までより更に厳重にセキュリティが強化されたということです。

このレターシーリング機能は、2015年11月から1対1のトークで導入されており、その後1対1の無料通話に適用され、さらに2016年8月31日からは50人以下のグループトークや複数のトークにも対応されました。

レターシーリング機能の設定方法

LINEユーザーは、初期設定の段階でレターシーリング機能がオンになっています。LINEの公式サイトによると、レターシーリングは常時オンにすることを推奨しており、もしオフになっている場合はLINEの設定から変更することができます。

設定方法は、LINEの設定から「トーク・通話」を選択し、「Letter Sealing」の項目をオンにすれば設定完了です。

また、レターシーリングが適用されたあとのトーク内容を未読のまま機種変更してしまうと、機種変更後は新たな暗号化のための鍵がつくため、未読のトーク内容は閲覧できなくなってしまう可能性があります。そのため、機種変更前にLINEのトーク内容は確認するようにしましょう。

今までの暗号化通信では危険なの?

それでは、今までの鍵マークがついていないトークでの送受信は、危険なのでしょうか。見た目にも鍵マークがついている方が安心と言えますが、今まで利用していて鍵がついていないトークでは安心できないということはあったでしょうか。

今までもトーク内容はセキュリティレベルで保護されており、情報の漏洩の心配をしてLINEを使っているという人はいないのではないでしょうか。

そもそも「LINEが信用できない」という人は、LINEを利用しませんよね。そのため、鍵マークがなくてもきちんとしたセキュリティのもと送受信をしていたが、今まで以上に安全性が向上したということで、さらに安心してLINEを利用できるようになったということではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか?このように、LINEのユーザー名の横にあらわれた鍵マークは、今まで以上にユーザーが安心してLINEを利用できるようになった嬉しい機能ということなんですね。

また、LINEの便利な機能についても、こちらでご紹介しております!

スタンプや無料通話だけじゃない!LINEの便利な機能ご紹介いたします

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら