地方に貢献できて、特産品がもらえてお得!ふるさと納税をしてみよう!

スポンサーリンク
728×90




最近、「ふるさと納税」という言葉を耳にすることはありませんか?ふるさと納税は、自分の生まれ育ったふるさとはもちろん、自分が応援したいと思う地域ならどこでも応援することができる制度なのは知っていますか?では、どんな応援ができて、どういったメリットがあるのか詳しくご紹介しましょう。

ふるさと納税とは

そもそもふるさと納税とは、地域の格差や過疎による税収の減少に悩む自治体を助けるための新構想として2008年に創設された、比較的新しい制度です。

たとえば、自分が生まれ育った故郷を出て都心に移り住むと、その都心に税金を納めることになるため、自分を育ててくれた故郷への税収はストップしてしまいます。

そのため、それに代わる何か恩返しができないかという思いから、大切なふるさとを寄附という形で応援するというふるさと納税が生まれました。

さらに、ふるさと納税は、自分が生まれ育った故郷だけでなく、旅行で訪れたことのある街や、お世話になっている人が暮らす街、いつか住んでみたい街など、全国どこでも自由に選ぶことができるのも魅力。

自分が好きな街や故郷のように思っている地域を寄附で応援して元気することができるという制度なのです。

ふるさと納税のメリットとは

ふるさと納税では、寄附した自治体から感謝の気持ちとして、その地域の特産品や工芸品、その地域の施設で使える優待券など、様々なお品を贈ってもらえることがあり、ふるさと納税の嬉しいメリットのひとつとなっています。

中には、あまり流通していない珍しいものや、ふるさと納税限定の品もあり、貢献した地域そのものの魅力に触れられるという魅力があります。

寄附なのにお礼のお品をもらうのは本来の目的と外れてしまうように感じられるかもしれませんが、地域としては、このふるさと納税をきっかけに自慢の特産品を知ってもらえるアピールの機会になりますし、実際に、その品を気に入って購入する方が増えるというケースもあるため、地域にとってもメリットになっているのです。

また、ふるさと納税で寄附した後に、確定申告を行うことで、税金が控除されるというメリットもあります。その年に払った所得税から一部還付され、翌年度の住民税から差し引かれるというものです。

寄附した金額の全てが控除されるわけではありませんし、寄附を行う方の収入や家族構成などによって金額は変わりますが、その年の寄附が翌年の住民税の先払いのような形で返ってくるので、自分にとってもメリットになるといえます。

税金の使い道が選べることも!

ふるさと納税では、自治体にもよりますが、どのように使われるのか、お金の使い道を選んで寄附できる場合があります。

これは日本で唯一、税金の使い道が指定できる制度とも言われ、たとえばその地域の震災復興や歴史継承のための建築、美しい自然を守るための森林育成など、自分が応援したいと思う費用に寄附できることがあるのです。

自分の住民票のある地域に払っている税金が何に使われるのかまではなかなかわかりにくいもの。その点、ふるさと納税は具体的にどんな貢献ができるのかわかりやすいのも特徴です。

また、一つに絞らなくても、複数の自治体を選んで寄附することも可能となっています。応援したいと思える地域が決まったら、その自治体のホームページをチェックするか、直接問い合わせて、具体的な手続き方法を確認してみましょう。

最後に

寄附して貢献できるだけでなく、その土地の特産品を楽しんだり、その地域を訪れるきっかけになったり、応援した”ふるさと”の魅力に触れることができるのは、とても有意義な納税のしかたではないでしょうか?ぜひ、注目してみてくださいね!

こちらの記事でもふるさと納税について紹介しております。続けてお読みください!

年末調整で2,000円戻ってこないだけ!?確定申告なしでもふるさと納税が気軽できるんです!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら