あなたのその症状は低血圧のせいかも!?コエンザイムQ10を取ろう!

スポンサーリンク
728×90




朝起きるのがつらい。午前中は仕事や勉強がはかどらない。満員電車がつらい。他の人より疲れやすい。これらは低血圧の症状です。また、この症状がストレスの原因になることも多いようです。今回は、低血圧の症状と陥りやすいストレスについてご紹介いたします。

低血圧の症状

全身症状

身体がだるい、季節の変わり目に弱い、無理がきかない、疲れがとれにくい、低体温、乗り物酔い、など。低血圧の人の特徴で多いのが、朝起きられず午前中は不調だが、午後になるとだんだん元気になり、夜は元気になるという症状です。

脳循環器系の症状

めまい(立ちくらみ、ふらふら感、浮遊感、回転性めまい)、頭痛、頭重、身体が揺れているような身体動揺感、耳鳴り、血の気が引く感じ、失神、眼の奥が痛いなど

循環器系の症状

顔色が悪い、動悸、息切れ、胸の痛み、不整脈、頻脈、夕方になると下肢の浮腫(むくみ)出る、体位を変えると動悸がするなど

呼吸器系症状

呼吸困難、過換気症候群、胸痛(狭心症と間違えられるような痛み)、胸部の不快感、息切れ、ため息、息苦しさなど

消火器症状

食欲不振(特に朝ごはんが食べられない)、胃もたれ、朝の腹痛、便秘、下痢、腹が張る、気分が悪い、吐き気、嘔吐、偏食、食が細い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりやすい、胃下垂、喉の閉そく感、過敏性腸症候群など

慢性の痛み

眼精疲労、肩こり、四肢末梢痛、四肢の冷え、しもやけ、顔面痛、腰痛、舌痛症、顎関節症、など

低血圧の人が陥りやすいストレス

健康な人と同じことをしようとがんばりすぎる

低血圧の人にはデリケートで感受性が強く、生真面目な人が多い傾向にあります。細かなことに気がつくので、コツコツとこなす仕事に向いています。しかし、体力的には自信が持てません。ですが、健康に自信がないにもかかわらず、他人と同じだけ仕事をこなそうとがむしゃらに仕事に打ち込んでしまいます。そのため、仕事が終わる時には疲弊しきってしまいます。これが1日で済めば良いのですが連日になると心身ともに疲れ切ってしまいます。この状態が長期になればうつ病を発症する人もでてくる可能性も高いです。

解決策は、自分なりのリラックス法を見つけること。自分には限界があることを理解し、他人に任せられるものは任せる。職場で今のポジションでの仕事が辛いのであれば、産業医に意見書を書いてもらうか、低血圧の治療を行っている医師を紹介してもらう方法もあります。

おわりに

いかがでしたか?低血圧の人はコエンザイムQ10が不足している人が多くいます。コエンザイムQ10は体内にある細胞のエネルギー代謝に必要です。心臓や肝臓、腎臓、肺を正常に動かすには十分な量が必要です。また、これらの臓器から排出される活性酸素(体内を錆びつかせる原因)を吸収する際にもコエンザイムQ10が必要になります。サプリメントでも摂れますので、試してみてください。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら