何でも洗える魔法の石鹸!?「マジックソープ」の特徴や使い方とは?

スポンサーリンク
728×90

「マジックソープ」という名前の石鹸を聞いたことがありますか?このマジックソープとは、アメリカのブロナー博士が開発した製品で、アメリカトップの売り上げを誇る石鹸です。そのおしゃれなボトルデザインが目をひくことも多く、日本でも一度は見かけたことのある人も多いと思います。そこで今回は、このマジックソープの特徴や使い方についてご紹介致します。

マジックソープの特徴とは?

マジックソープの特徴といえば、

  • 「すべて天然素材」
  • 「肌にやさしい」
  • 「赤ちゃんから大人まで使える」

という点があります。原材料はオリーブ油やヤシ油などの天然オイルです。また、合成界面活性剤が使われていないため、肌にやさしく、自然環境にも優しいです。

界面活性剤が使われていないものは一般的に泡立ちが悪いという印象を持たれがちですが、このマジックソープは泡立ちの良さもひとつの売りになっています。

天然素材で口に入っても安心なので、通常の石鹸よりもたくさんの用途に使え、その数は18通りにもなると言われています。まさに「魔法の石鹸」と言われるのが分かりますよね。

マジックソープの使い方とは?

マジックソープは原液のまま使うと洗浄力が高く、肌がカサカサしてしまったりすることもあります。

基本的には、5~10倍程度に薄めて使ってください。希釈濃度は自分の肌や用途に合ったものを使いながら見つけ、調整していくと良いですね。薄める時には水道水や精製水を使います。

保存料が入っていないのでで、きるだけ早く使い切れる量をこまめに希釈するようにしましょう。

洗顔料やボディソープとして

希釈したマジックソープを泡立てネットで泡立てたり、泡ポンプで出したりして洗ってください。軽いメイクなら、マジックソープがクレンジングの変わりをしてくれますよ。また、ボディソープとして使用することで、背中のニキビにも効くという声があります。

シャンプーとして

シャンプーとしても使え、まさにこれ1本で全身洗うことができます。石鹸シャンプーなので、希釈が甘いと髪がキシキシしてしまうこともありますが、クエン酸リンスをすればサラサラになります。他の天然オイルなどを混ぜることで、クエン酸リンスを使わなくてもきしまなないという声もあります。

歯磨き粉として

驚くのが歯磨き粉としての使い方です。原液を歯ブラシに1、2滴落として普通に歯を磨きましょう。マジックソープにも種類がたくさんありますが、ペパーミントを使うと清涼感があって良いですよ!

台所で

お風呂場だけでなく、台所でもマジックソープは大活躍です!主に、食器洗剤としてや野菜や果物を洗う時に使用できます。口に入っても安全な素材でできているので、安心ですよね。

掃除に

床拭きや窓ふきの時の洗剤としてもマジックソープが使えます。トイレ掃除やお風呂掃除にも良いので、これ1本で家じゅうの掃除が可能ですね!手にも優しいので安心です。

おわりに

いかがでしたか?マジックソープはこのように何にでも使うことができ、肌にもやさしいため、「旅行にはこれ1本持っていけばOK!」という人もたくさんいます。

また、旅行のみならず普段の生活もマジックソープに洗剤を統一すれば、余計な洗剤ストックもいらず、身軽に毎日を過ごせるようになるかもしれませんね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら