マスクをするとイチゴ鼻になる?!マスクが原因の肌トラブルはこう防ごう

スポンサーリンク
728×90

花粉症で毎日のようにマスクを着用している人も多いのではないでしょうか。マスクは感染予防として、とても有効ですよね。しかし、毎日マスクを着用していると肌トラブルを引き起こす可能性もあるのです。最近、毛穴が開いたりニキビができたりしているのが気になる人は、マスクの着用が原因かもしれませんよ。今回は、マスクによる肌トラブルについてご紹介します。

マスクが肌トラブルを引き起こす原因

毛穴から分泌される皮脂は、肌を乾燥させない役割だけでなく皮膚バランスを維持したり病原菌の付着や増殖を防いだりする効果があります。とくに鼻の周りは皮脂の分泌量が多いでしょう。

しかし、皮脂の分泌量が多い人が長時間マスクをしていると、細菌などの微生物が増え、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすいと言われています。

本来、健康な人の皮膚は弱酸性なのですが、汗や細菌が増えるとマスクの中でアルカリ性になり肌トラブルを引き起こすと考えられます。実際、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の皮膚はアルカリ性なのです。

長時間のマスク着用は毛穴が開く

マスクは保湿されて乾燥を防ぎ、肌にも良さそうと思われがちですが、実は毛穴が開きやすいことが指摘されています。

毛穴が開く原因は、マスクを長時間着用することで皮脂が肌に長く留まり毛穴が開きやすい状態になるからです。汗や皮脂が皮膚に長く留まらないよう、マスクを着用している時間に注意が必要でしょう。

マスクをすることでイチゴ鼻を目立たせてしまう

イチゴ鼻とは、鼻の毛穴に皮脂や角質が溜まって酸化することで、イチゴの種のようにブツブツに見える状態のことを言います。男性、女性ともにイチゴ鼻に悩む人も少なくないようです。

なぜ、マスクをすることでイチゴ鼻を目立たせてしまうのでしょう。最初に説明したように、マスクを着用することで限られた空間の中に熱がこもると、肌の周りに湿気が溜まり雑菌が増殖してしまうのです。

雑菌や細菌が増殖すると毛穴の中にどんどん繁殖してしまい、黒ずみや汚れが目立ちやすくなります。その結果、イチゴ鼻に悩む人が増えてしまうようですね。

肌トラブルに悩まないマスクの着用方法は?

風邪をひいたり花粉症を予防したりするため、どうしてもマスクが必要なこともありますよね。どのようにマスクを使えば、肌トラブルを最小限にすることができるのでしょう。ここでは、肌の刺激を少なくするマスクの着用方法をご紹介します。

1:マスクは柔らかい素材の物を選ぼう

一概にマスクといっても、硬い素材の物から肌に優しい柔らかな素材の物まで様々です。硬い素材のマスクは、肌に擦れるとダメージが増えるため避けた方が良いでしょう。

2:保湿はしっかり行おう

化粧水に乳液、クリームなどを使って、肌への保湿をしっかり行いましょう。保湿をすることで肌に一枚バリアができるので、マスクが直接肌に触れることを防いでくれます。

3:マスクを外す時間を作ろう

長時間のマスクの着用はイチゴ鼻の原因となるため、マスクを外す時間を作ることも大切です。マスクを外すことでマスクの中に溜まった水分や蒸れを外に出し、雑菌の繁殖を抑制することができます。

4:マスクは1日に数回取りかえる

1日中同じマスクを着用すると、マスクの中が蒸れるだけでなく雑菌や細菌が増殖する原因です。必ず数時間ごとにマスクを取りかえ、新鮮な空気に触れるようにしましょう。前日使ったマスクを使いまわしたり、長時間同じマスクを着用したりするのは避けてくださいね。

マスク着用でやりがちなNG行動

マスクを着用中にやりがちなNG行動をまとめました。当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1:マスクから鼻を出す

マスクを着用している人で、まれに口だけを覆い鼻が出ている人がいます。感染予防や拡散予防のためにも、しっかり鼻の部分まで覆うようにマスクをしましょう。

2:マスクを顎にかける

飲食中はマスクを外さなければならず、面倒な人は顎にかけたまま食事をしている人もいますよね。一度マスクを顎にかけてしまうと、顎に付着していた飛散物がマスクの内側についてしまう可能性もあります。もしマスクを顎にかけてしまったら、次に使うときは新しいマスクに取りかえましょう。

3:着用中にマスクを触る

マスクを着用しているときに、針金部分やプリーツを触る癖がある人は要注意です。マスクに付着したウィルスを手で触っている可能性が高いので、着用中はマスクに触れるのを避けた方が良いでしょう。

4:ゴム紐がゆるい

マスクを着けているとゴム紐が耳に当たるのが気になり、緩めの紐を選ぶ人も少なくないようです。しかし、ゴム紐が緩いと菌が侵入するスペースができてしまいます。顔に隙間ができないよう、ゴム紐はフィットするものを選びましょう。

最後に

いかがでしたか?マスクは感染予防や拡散予防として欠かせませんが、長時間の着用は肌トラブルを引き起こす可能性があるようです。マスクは正しく着用することで肌トラブルを回避できます。まだまだ花粉が多い時期が続いていますが、細目にマスクを交換して清潔に保つように心がけてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら