薬を牛乳や納豆と一緒に飲んでいませんか?薬の飲み合わせ・食べ合わせについて

スポンサーリンク
728×90




みなさん、を飲む時はどんな飲み物と一緒に飲んでいますか?一般的には水と一緒に飲んでいると思いますが、ついつい面倒で手元にあったジュースやお酒で飲んでしまったこともある人はいるのではないでしょうか。「まぁ、薬を飲めばいいんだから!」と気軽に考えているかもしれませんが、実は薬と飲み物にも飲み合わせがあり、飲み合わせが悪いと薬の効果が低下したり、まったく薬が効かないなんてこともあるのです。今回は、飲み物の相性(飲み合わせ・食べ合わせ)についてご紹介します。

薬は水やぬるま湯で飲むのはなぜ?

よく薬の処方箋には「水やぬるま湯で一緒に服用する」と記載されていますが、なぜ水やぬるま湯で飲むのでしょう?これにはちゃんと理由があり、たまに錠剤やカプセルの薬を水などを一切使わず薬だけで飲みこんでしまう人がいます。

しかし、薬だけを飲みこんでしまうと、当然薬が溶けるのにも時間がかかってしまいその分薬の効き目も遅くなるということです。

正しい飲み方は、コップ一杯分の水やぬるま湯と一緒に飲むということです。薬を定期的に飲んでいる人は、毎回水を用意するのが面倒とそのとき飲んでいたコーヒーやビールで薬を飲んでしまう人もいるかもしれません。

しかし、他の飲み物で飲むことは薬の作用が低下してしまう可能性があるため、正しく処方することが薬の効果を得やすくなるということです。

薬と相性の悪い飲み物(飲み合わせ)について

牛乳

牛乳に含まれる鉄やカルシウムは、抗生物質などの吸収を抑える働きがあるため、薬の効果を低下させる可能性があり、薬と一緒に飲むのは避けた方が良いでしょう。

牛乳は胃の中でアルカリ度を高めてしまい、本来腸で溶けるべき下剤は胃で溶けてしまい、吐き気などの副作用を起こします。

アルコール

アルコールのほとんどは、多くの薬と相互作用を起こしやすい飲み物です。そして、睡眠薬やかぜ薬、花粉症治療薬などは、アルコールにより薬の作用が増強して、とても危険なのです。

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースには薬を代謝する酵素を阻害する力があり、薬が代謝されないため薬が効きすぎてしまうという報告もあります。実は、グレープフルーツジュースの影響はとても強く、たったコップ一杯分でも1日以上グレープフルーツジュースの影響があらわれます。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは興奮作用があり、睡眠薬の処方が必要な場合はカフェイン摂取により薬を打ち切ることもあるそうです。また、痛み止めなどの胃に負担をかける薬は、カフェインとの相乗効果で胃を荒らす可能性があります。

飲み物以外にもある!薬と相性の悪い食べ物(食べ合わせ)とは?

薬と相性の悪い飲み物をご紹介しましたが、実は飲み物だけでなく食べ物の組み合わせも薬と関係しています。

納豆

納豆は体に良いと言われていますが、納豆をたくさん摂取してしまうとビタミンKが多量に作り出されてしまい、これにより胃の働きが悪くなったり血栓という血の塊ができてしまう可能性もあります。

血管が詰まると血栓症を発症し、最悪心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険もあるのです。

揚げ物

揚げ物など油を多く含む食材は、喘息薬や抗生物質の影響を受けることがあります。風邪薬などで処方される抗生物質の代表はペニシリン系ですが、この中にアンピシリンという成分が含まれていることがほとんどです。

このアンピシリンは脂肪の多いものと同時に摂ると、その効果が著しく低下します。

最後に

いかがでしたか?何となく薬と水以外の組み合わせは良くない気はしていても、たまに水以外で飲んでいたという人もいるのではないでしょうか。しかし、実は薬との相性が悪いと、副作用やとても危険な病気を引き起こすきっかけになるかもしれないのです。

薬は必ず正しい飲み方で処方するようにしましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら