6月19日に上場する大人気のメルカリ!初心者にも分かるメルカリの使い方と月ごとの売れ筋商品♪

フリマアプリの最大手である「メルカリ」が、ついに6月19日東証マザーズ新規上場されます。メルカリは、国内で5000万を超えるダウンロード数で、ラクマなど様々なフリマアプリがある中でも断トツの利用者数です。

サイズアウトした衣類や使わないコスメ用品など、不要なものを出品してみたいと思う人も少なくないのでは?メルカリは、初心者でも簡単に出品できるおすすめのフリマアプリですよ。今回は、初心者にもわかりやすいメルカリの使い方と、月別の売れ筋商品をご紹介します。

まずはメルカリをダウンロード!

メルカリは、スマホやタブレットなどで利用することが多いので、まずはメルカリのアプリをダウンロードしましょう。アプリは普段ダウンロードするときと同じ方法です。

スマホのアプリというイメージがあるかもしれませんが、メルカリはパソコンからも参加ができます。また、出品手数料や会員登録料、月会費など、すべて無料なので安心して利用できますよ。

会員登録の仕方

アプリをダウンロードしたら、会員登録をします。メールアドレスやFacebookなどから登録ができます。メールアドレスで会員登録する場合、メールアドレス、パスワード、ニックネーム、招待コードの入力画面があらわれます。

招待コードとは、他のメルカリユーザーから招待されたときにもらえるクーポンのことです。招待コードを使って会員登録をすると、招待した人と招待された人にメルカリ内で使える300円分のポイントがもらえます。メルカリをはじめて登録する人は、メルカリユーザーから招待してもらうのがおすすめですよ。

ニックネームは出品者名やコメントを残すときに表示されるため、本名は避けて下さいね。次に、電話番号を登録します。本人確認のために登録するので、自分の電話番号を正しく登録しましょう。SMSで認証番号が送られてくるので、認証番号を入力します。

登録が完了すると、メルカリから登録したメールアドレス宛てに会員登録完了のメールが届きますよ。

メルカリの出品はとても簡単!

メルカリでは、3分で簡単売り買いとうたっているだけに、出品作業はとても簡単です。メルカリの画面右下にある「出品」をタッチしたら、売りたい商品の写真を載せます。

写真はそのまま写真撮影をすることもできますし、アルバムから選ぶこともできますよ。4枚まで写真を掲載できるので、商品の状態によって何枚乗せるか決めてくださいね。

写真を選んだら、商品名と商品説明を入力しましょう。商品名は40文字以内、商品説明は1000文字以内まで入力できます。

次に商品のカテゴリを選ぶのですが、最初からおおまかなカテゴリが絞られて表示されるので、そこから選んでいきます。もしカテゴリに含まれていなければ、自分で選んでいきましょう。

商品の状態、配送方法、配送料、販売価格まで入力して、最後に出品ボタンをタッチしたら作業は完了です。メルカリのタイムライン上に、あなたの商品が掲載されますよ。

メルカリの配送方法の選び方

実は、メルカリには配送方法がいくつか用意されています。どの配送方法にするかは、出品者側で選ぶことができます。メルカリの場合は、ほとんどの出品者が送料を負担しているケースが多いので、送料はできるだけ安いものを選びたいですね。

1:らくらくメルカリ便

らくらくメルカリ便とは、メルカリとヤマト運輸が提携してできた配送方法です。らくらくメルカリ便のメリットは、宛名書きが不要なので名前や住所などの個人情報を相手に知られることなく、商品を贈ることができます。送料は全国一律で、最大69%も安く済ませられます。

2:ゆうゆうメルカリ便

ゆうゆうメルカリ便とは、メルカリと日本郵政が連携してできた配送方法です。厚さ3センチ以内のA4サイズまでであれば、最安値の全国一律175円で発送することができます。

らくらくメルカリ便との違いは、重さの区分がないということです。らくらくメルカリ便は、荷物のサイズと重さで料金が設定されており、例えば60㎝サイズで重さが2㎏までであれば送料は600円ですが、ゆうゆうメルカリ便は60㎝サイズで重さは何㎏でも送料は600円です。

商品が重いものは、ゆうゆうメルカリ便がお得になるかもしれませんね。また、レターパックや普通郵便、ゆうパックなどでの発送も可能です。

月別の売れ筋を知ろう

不要なものを出品することを決めたら、同じような系統の商品がいくらくらいで取引されているのか知ることも大切です。商品の状態が良ければ上乗せして、状態が悪ければ値下げも検討する必要があるでしょう。

また、季節ものやイベントに合わせた商品を売るときは、売る時期が大切です。いま必要としている人が多いほど、よく売れるということです。それでは、月別の売れ筋をご紹介します。

  • 1月:福袋、バレンタイン向けのギフト
  • 2月:ホワイトデー向けのギフト、春物衣類、卒園・卒業アイテム
  • 3月:入園・入学アイテム、新生活用品、スーツ
  • 4月:母の日ギフト、登山用品、ゴルフ用品
  • 5月:夏用スーツ、雨具、鞄
  • 6月:夏物衣類、夏用家電、アウトドア用品、
  • 7月:プール用品、水着、甚平、ダイエット用品、サンダル
  • 8月:浴衣、サングラス、セール商品
  • 9月:秋物衣類、デジカメやビデオカメラなどの運動会用アイテム
  • 10月:七五三用品、ハロウィングッズ、ブーツ
  • 11月:冬物衣類、冬用家電、スキー用品、クリスマス用品
  • 12月:コート、アウター、防寒着、カレンダー、手帳

最後に

いかがでしたか?メルカリは、落札の経験はあっても出品はしたことがないという人も少なくありません。最初は、落札されるまで不安かもしれませんが、慣れるとスムーズに商品を発送できるようになりますよ。

もし、興味がある方は、月別の売れ筋も考えながら発送してみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら