「メルカリ」で出品者、購入者とトラブルになったらどうする?メルカリトラブル対処法

スポンサーリンク
728×90

フリマアプリメルカリ」でトラブルに遭った経験はありますか?出品者にしても購入者にしても、取引が多くなるほどトラブルに遭遇しやすいのも事実。とくに初心者の方は、「メルカリ」で欲しいものがあるけどトラブルに巻き込まれたくないからと、購入を躊躇してしまうのではないでしょうか。そこで今回は、「メルカリ」で起こりやすいトラブル対処法をご紹介します。

「メルカリ」で起こるトラブルと対処法(出品者編)

ここでは、出品者側が遭遇しやすいトラブルと対策をご紹介します。

トラブル1:「購入された商品の代金が支払われない」

出品者側で起こるトラブルのひとつに、「商品代金が支払われない」といことがあります。代金が支払われない理由としては、同じ商品で他に安く出品されているのを見つけたり、購入する必要がなくなったりなどが考えられます。

ただし、万一代金が支払われなくても、商品を発送するのは代金の支払いが終わってからなので、出品者にそこまで大きな痛手とはならないでしょう。メルカリでは販売手数料として10%の支払いが必要ですが、取引が完了していないので販売手数料は引かれません。

対処法は、出品者から取引をキャンセルするという方法になります。出品者からキャンセルを行えるのは、購入手続きから翌々日の24時を過ぎてからです。翌々日の24時を過ぎるとキャンセルを依頼できるフォームが出てくるので、そこからメルカリ事務局にキャンセル依頼をしましょう。

ちなみに購入者がコンビニ払いを選択した場合、支払いが完了しないと次回からの購入ができない仕組みなので、慌てて購入者が支払いをするというケースもあるかもしれません。

トラブル2:「専用出品の横取り」

メルカリでは、商品のタイトルに「○○様専用」という記載がされている場合があります。これは他のユーザーが購入しないようにする方法であり、メルカリのオフィシャルなルールではありませんが、よく見かける方法です。

「専用出品」の場合は、他のユーザーが購入しないという暗黙のルールのようなものがあります。しかし、専用出品であっても購入してしまうユーザーはゼロではありません。

このような場合、メルカリでは決して規約違反ではありませんが、出品者としては専用にしたユーザーに購入してほしいのが正直な気持ちではないでしょうか。

対処法は、メルカリはあくまでも最初に購入手続きをした人に購入する権利があるため、出品者側の複雑な気持ちもわかりますが、余計なトラブルを引き起こさないためにもメルカリのルールに従って取引は進める必要があります。

専用出品は当人同士でのやり取りでありメルカリの規約違反ではないので、出品者がメルカリ事務局に問い合わせをしても対処してもらえる可能性は低いでしょう。

「メルカリ」で起こるトラブルと対処法(購入者編)

ここでは、購入者側が遭遇しやすいトラブルと対策をご紹介します。

トラブル1:「購入した商品が届かない」

購入したのに商品が届かない(発送されていない)というケースは、出品者側で何らかの理由があるということです。考えられる理由として、以下のものが挙げられます。

  • 商品取引が多い出品者は、見落としにより発送し忘れている可能性がある
  • 急用で発送できない状況だった
  • 商品が破損などで発送できない状態
  • 個人情報を得るための出品(らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便以外は購入者の個人情報が入手できる)

このように、商品が届かない理由はさまざまでしょう。中には、出品者のコメントで「1週間以内に発送します」などと記載されている場合があります。

2~3日経っても発送されないことに不安を感じ、出品者に「まだですか?」と連絡をする前に、一度コメント欄を確認することをおすすめします。

最終的に商品が届かなかった場合の対処法は、メルカリ事務局にキャンセル手続きを依頼することです。

発送の日数から3日を過ぎても商品が発送されず、出品者からも3日以上連絡がない場合は、キャンセル専用フォームで手続きを行うことができます。

メルカリ事務局がキャンセル依頼を確認次第、お金はすぐに返金されますよ。

トラブル2:「購入した商品を返品したい」

実際に購入した商品を手にしたら、商品の紹介ページでは記載されていない傷や汚れがあったというケースがあります。まず、届いた商品が商品説明と違う場合は、受取評価をしないことです。

受取評価をしてしまうと取引が完了したという扱いになり、メルカリ事務局での対応が難しくなるからです。

ネットオークションなどでは、ノークレーム、ノーリターンとしている出品者が見られますが、メルカリではこのルールは禁止されています。

対処法は、出品者に商品に相違がある旨を連絡し、返品・返金の依頼をするという流れです。また、購入者側の都合で返品・返金をすることは難しいでしょう。あくまでも出品者側に非がある場合に、対処してもらうということです。

最後に

いかがでしたか?出品者の方も購入者の方も、トラブルなく気持ちの良い取引ができると良いですね。「メルカリ」初心者の方やトラブルに遭遇してしまった方は、ぜひ対処法を参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら