株の面白い癖!?切りのいい数字が、株価の節目(ふしめ)になる??

スポンサーリンク
728×90




前に株価の節目について書きましたが、一つ抜けていましたので、付け加えます。節目については、面白い現象があります。

切の良い数字が節目になる

どういうことかといいますと、たとえば、株価が180円台、190円台で推移しているとき、特に上昇しているとき、200円付近が株価の節目になることが多いのです。これは何も、裏付けの理由があるわけではありません。

つまり、193円とか、205円より、200円がきりが良いのです。そんなわけで、株価は上昇を続けているときなど、このような切の良い数字でもみあうことが多いです。

ただし、このような切の良い数字でもみ合っても、出来高は参考にできない場合が多いです。つまり、出来高が増えても増えなくても、このような切の良い数字が節目であるときは、簡単に突破することもあるし、そこで頭打ちになることもあります。ただ、株価の上昇速度はこの切の良い数字付近で落ちます。他の節目と同じように。

これは株価が下がるときも同じです。100円台で推移していた株価が100円に近づくように下がっていくと、この100円が節目になることが多いです。つまり、株価が下がる速度が落ちるのです。このような場合も出来高は参考になりません。

ただし、この切の良い数字と、他の節目と組み合わさる場合、そこが節目である可能性は大きいです。その場合、もちろん、出来高は参考になります。株価が節目に近づいた場合、株価はその節目を突破するか、それとも、節目で折り返すか。それは株価が上昇する場合も下降する場合も重要な問題です。

任天堂の株価について考えてみる

ポケモンの評判がよく、任天堂の株価があがりました。昨日も塾の同僚の先生に任天堂の株を買ったかどうか尋ねられました。しかし、残念ながら買っていないと答えました。というのも、私自身、ゲーム業界についてはほとんど知りません。知らない業界については手を出さない。それが私の投資原則です。

そのうえ、現在、任天堂の株まで回す投資資金はありません。まして、今は7月末です。これから8月を迎えます。一般に株価はこれから下降に入る季節です。

任天堂の株は同僚の先生のように素人の投資家も手を出しているようです。確かに、これから上がるかもしれません。しかし、いつ下がるかもわかりません。

「アマチャ投資家が出動すれば、相場は終わる」

これは昔からの格言です。そんなわけで、任天堂の株はデートレーダー向けだと思います。中期投資や長期投資を考えている人は、今は手を出さないほうがよいでしょう。

念のために会社四季報を調べてみますと、自己資本比率89.5%の超優良企業です。

そのうえ、予想PER54.6(高値平均 124.2、安値平均 65.2)PERからみると、割安です。来期の予想営業利益は1.5倍になりそうです。

ただし、チャートでは去年の8月に天井をつけています。今年も8月に天井をつける可能性があります。

さて、投資家としては、ここで上昇中の任天堂株に飛び乗りますか、それとも、いったん天井を付けたのち、移動平均線以下まで下がるのを待ちますか。デートレーダーなら、飛び乗り飛び降りで短期間に儲けるでしょう。しかし、気楽に儲けたい、ハラハラドキドキするのは苦手な人なら、移動平均線以下まで株価が落ちて、再び上昇する機会を狙う・・・。私などは後者のタイプです。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら