牛乳は癌のリスクを高める?牛乳は消化に悪い?牛乳が体に悪いという噂を徹底検証!

学校給食の定番とも言える牛乳は、身体に良いイメージがありますよね。しかし、牛乳身体に悪いという説がたびたび話題を呼び、不安になる方もいるようです。牛乳に対する不安がきっかけで、牛乳にまつわる様々な噂が聞こえてくることもあります。今回は、牛乳にまつわるを解決していきましょう。牛乳に悪いイメージがある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウワサ1「牛乳ががんのリスクを上げる」

牛乳には、IGF-Iと呼ばれるインスリンと構造がよく似ているペプチドホルモンが含まれています。IGF-Iは、骨の成長を促進したり、細胞を増殖させたりと身体に良い作用なのですが、過剰に摂取すると異常な細胞増殖が起こり、がん化すると考えられているようです。

しかし、フランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)によると、生乳から牛乳を作る段階で超高温加熱殺菌が行われます。殺菌処理後は、IGF-Iはほぼ消滅しているため、仮に牛乳に残っていたIGF-Iが体内に入ったとしてもごくわずかであるため問題ないのです。

ということは、牛乳ががんのリスクを高める可能性は低いと考えられるでしょう。

ウワサ2「牛乳を飲むとお腹をこわす」

牛乳を飲むとお腹がいつも緩くなる…これって私だけ?と感じている人もいるようですね。もしかして、牛乳がおなかに良くないのでは?と思うかもしれませんが、みんながみんなお腹をこわすわけではありません。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり下痢をしたり、不快な症状があらわれることを乳糖不耐と言います。乳糖不耐とは、乳糖を分解する酵素が少なく、十分に作用しないことで起こると考えられていました。

しかし、実際は牛乳を飲んだからと言って、乳糖を分解する酵素が少なくなるリスクを上げているわけではありません。

牛乳を飲むとお腹をこわすと感じている人の中には、乳糖がうまく分解できていない可能性もありますが、1日の牛乳の飲む量が多すぎるなど、ほかの原因が考えられることも多いですよ。

ウワサ3「学校給食に牛乳は必要ない」

近年、学校給食に牛乳が必要かどうかと議論されることが増えてきました。保護者からは、「牛乳が給食のメニューに合わない」「そこまで飲む必要があるのか」などという声も上がっているようです。

実は、文部科学省で定められた「学校給食法施行規則」により、学校給食で「ミルク」を提供することが決められています。

学校給食は、子供達が1日に必要な栄養量の3分の1以上を含むメニューを提供しています。不

足しやすいカルシウムは、ミルクで補うのが最も効率的であるため、学校給食でミルクを提供するよう定められたのでしょう。

成長期の子供達にとって、カルシウムやたんぱく質はおかずだけでは補うことが難しく、牛乳は栄養生理学として重要な役割を果たしているのです。

ウワサ4「牛乳は異種たんぱく質だから、アレルギーの原因である」

人間と同種のたんぱく質は、赤ちゃんがママから貰う母乳だけです。牛乳はもちろんのこと、それ以外は全て異種たんぱく質です。

たんぱく質を含む食品はすべて異種たんぱく質であるため、口にすると危険と考えるのは間違いです。もし危険であれば、誰もたんぱく質を含む食品が食べられませんよね。

たしかに、異種たんぱく質の中にはアレルギーの原因物質となる小麦や卵、そばがあります。牛乳だけ異種たんぱく質だからアレルギーを引き起こすという考えは、公平な考え方ではありませんね。

ウワサ5「牛乳は消化が悪く胃の中で溜まりやすい」

牛乳が消化に悪いと思う人もいるようですが、実際は牛乳に含まれるたんぱく質が胃酸によって固まり、消化が良くなるのです。

牛乳には、「カゼイン」というたんぱく質が全体の8割を占めています。ガゼインは、消化の良いたんぱく質であり、たんぱく質を含む食品の中でも牛乳の消化率は最も優れています。

牛乳を飲むと、牛乳に含まれるたんぱく質が胃酸により胃の中で固まります。固まったたんぱく質は、隙間が多く消化酵素が自由に出入りできる構造であるため、どんどん消化されていくのです。

牛乳は消化に悪いわけではなく、今後は消化に良い食品と考えましょう。

牛乳が身体に悪いというウワサは信じない!

様々な牛乳にまつわるウワサがありますが、ほとんどはデマと言ってもいいものばかりです。ただし牛乳の飲みすぎは気を付けた方が良いですね。

どのくらい牛乳を飲めば良いのか悩む場合は、1日コップ1~2杯と考えると良いでしょう。

日本人は成分無調整の牛乳を好み、なかでも

  • 「3.6牛乳」
  • 「3.8牛乳」
  • 「4.2牛乳」

と脂肪分を多く含むものを好む傾向があるようです。毎日飲むことを考えカロリーが気になるようであれば、低脂肪の牛乳を選ぶことをおすすめします。

最後に

いかがでしたか?もともと牛乳は身体に良いというイメージが根強いていましたが、いつの頃か身体に悪いという噂が流れていたようです。あなたが知っている牛乳のウワサは、今回ご紹介したウワサの中に含まれていたでしょうか?

牛乳が身体に悪いと思っていた方は、安心して飲んでくださいね。牛乳を飲んで、健康な身体を作りましょう。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら