防災グッズまで断捨離はやりすぎ。断捨離の更に上を行く!ミニマリストのデメリットとは

スポンサーリンク
728×90

最近よく「ミニマリスト」という言葉を耳にしませんか?ミニマリストとは、断捨離の域を超えた最小限のものしか持たない暮らしをすることです。テレビで特集されるほどミニマリストは浸透していますが、実はミニマリストにはデメリットもあるという声があるのです。シンプルライフや断捨離など余計なものがなく綺麗な状態に憧れを持つ人も多いと思いますが、ミニマリストにはどうしてデメリットがあるのでしょう。今回は、ミニマリストについてご紹介します。

ミニマリストはどうして広まったの?

ミニマリストは特に若い世代に多く広まっているのですが、その要因には進化したIT化にあるようです。今の時代、スマートフォンを手放せないスマホ依存症という病気を発症する人がいるほど、若い世代を中心にスマートフォンの利用時間はどんどん増えています。

テレビや音楽を聴くのも、本を読むにしても何でもスマートフォンで済ますことができるため、ミニマリスト生活を送る人はスマートフォンで情報を得ていることが多く、テレビも本も何もないという空間を作ることができるのです。

そして、ミニマリスト生活を送る人々は、最小限にものを減らしたからこそ本当に必要なものが分かると言っていました。

ミニマリストによるデメリットとは

持たない暮らしに憧れる人が多い中、持たな過ぎてしまうと新たな弊害が出てしまうということが問題になっているようです。

2011年の東日本大震災により防災グッズや食品の備蓄に意識を持つ人が多くなりましたが、ミニマリスト生活によりこのような必要なものまで備えていないという状況を作り出しているのです。

また、一度ミニマリスト生活に成功するとこれが自信となり、更なる持たない暮らしへの欲が強くなっていきます。自分ならもっとできるという欲望が、正常な暮らしから精神的に崩れてくることになるのです。

防災グッズまで断捨離をしてはダメですよ!

シンプルライフを送る人は、とても綺麗好きできちんとしているため好印象となります。そのため、持たない暮らしに憧れを抱き、実践することは素晴らしいことだと思います。しかし、ミニマリストを追及せず、他のことに意識を持つことも必要です。

例えば、今まで生活をシンプルにしていた上で、今度は自分自身をシンプルにしてみるということです。要するに自分磨きをして、ジムに通って身体をシェープさせたりエステに行くなど、何か自分自身に投資をすることです。

ミニマリストばかりに意識が集中していたのが、別の方向へ意識が変わることで、やりたいことや趣味が増えて、様々なことに目を向けることができるようになるのです。

また、防災グッズは自分のものという意識ではなく、全く別のものとして置いておく必要があるものという意識を持つことが大切です。防災グッズまで断捨離してしまい、いざという時に自分の命を捨てるようなことはしないようにしましょう。

おわりに

ミニマリストが注目される中、持たな過ぎるという問題点もあるということが分かりました。もちろんミニマリスト生活によってライフスタイルも改善されて、心も体もリフレッシュできているという人もいると思います。

どこまでが良くて、それ以上はダメという線引きは自分自身でするしかないですが、行き過ぎた生活ではなく上手に持たない暮らしと付き合っていくことが大切ではないでしょうか。

また、実際に断捨離を行った記事をこちらございます。続けてご覧ください!

ミニマリスト、断捨離、実際にやってみて分かったこと!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら