朝の時間を有効活用!朝活で健康管理や自分磨きを

スポンサーリンク
728×90




朝の時間に何か活動する「朝活」って知っていますか?勉強や運動など活動内容は人それぞれですが、朝の時間を有効に活用している方も多いようです。「わざわざ早起きしてまでやりたくない」と面倒に思う方もいるかもしれませんが、朝活という言葉を耳にすることがあるように、きっとメリットも多いのではないでしょうか。今回は、朝活のメリットと気軽にできる朝活におすすめのエクササイズをご紹介します。

朝活とは?

朝活とは、「早起きをして、朝の自由な時間に何か活動をすること」を言います。朝の時間を有効活用して、スキルアップや自分磨きに励む方もいるようです。勉強や運動、趣味といった好きのことややりたいことに時間を使うというのが、朝活なんですね。

それでは、朝活をするメリットは何でしょう。メリットを知ることで、朝活は面倒というイメージが変わるかもしれません。

朝活のメリット

1日の活動時間が増える

学校や仕事で1日の生活はあっという間に過ぎてしまいます。夜帰宅後に何か作業をする場合、明らかに日中行うよりも疲労や眠気から効率が落ちてしまいます。朝は頭が冴えているため、作業に集中できる上に時間も作れるというメリットがあるのです。

集中力が高まる

脳の働きは、朝が最も活発に働いていると言われています。日中は仕事、休日は用事や約束でプライベートな時間に費やすなど、自由に使える時間も少なくなってしまいます。そのため、誰にも邪魔されず集中し続けられる時間は、朝にあるということです。記憶力や思考力は朝に高まるため、朝活は集中力が高まるというわけですね。

生活リズムが整う

朝日を浴びることで、セロトニンというホルモンが分泌されます。セロトニンは覚醒ホルモンなので、やる気や気力が出て朝の活動に前向きな気持ちになれるのです。早寝早起きで生活リズムを整えることは、脳の活性化により日中の仕事や学業にもメリットがあります。

また、体調面も整えられて、身体が健康で丈夫になります。

心にゆとりができる

仕事や勉強など、やることが多くて心に余裕が持てないと思っていませんか?しかし、「やらなければいけないこと」が心のゆとりを失くしているのではなく、「やりたいこと」ができないから心のゆとりがなくなってしまうのです。

そのため、朝活では好きなことややりたいことだけをする時間にしましょう。そうすると、自然と楽しい時間を朝から過ごせ、心も充実して穏やかになります。

心にゆとりができると、周囲に優しくなれたり仕事にも熱心に取り組めたりと、自分自身に良いことが返ってくるのではないでしょうか。

朝活におすすめ!簡単なエクササイズ

朝活といっても、何をしたいか分からないという方におすすめなのが簡単なエクササイズです。誰にでもできて、気持ちの良い1日を過ごすのにエクササイズはとてもおすすめです。それでは、おすすめのエクササイズをご紹介します。

背伸びをして身体を伸ばすだけ

朝起きて布団から出たら、すぐに始められる簡単なストレッチです。背伸びをしながら、全身を大きく伸ばしてみましょう。両手を組んで左右に身体を引っ張ることで背筋が伸び、寝ているときにかたまった筋肉がほぐれてスッキリします。

1日のはじまりに気持ちを前向きにするためにも、おすすめのストレッチです。

ストレッチでは物足りないときはスクワット

ストレッチだけでは物足りないという方には、その場でできるスクワットがおすすめです。

スクワットは、基礎代謝を上げて脂肪燃焼効果が高まるだけでなく、脚やお尻のシェイプアップ、姿勢を正すといったメリットがあります。お腹に力を入れて行うことで、ウエストを引き締める効果もあります。

朝、テレビでニュースを見ている数分間に、一緒にスクワットをする習慣を身に付けるといいですね。

運動を習慣化したいなら「ラジオ体操」

朝活はしたいけど、いつも三日坊主で…という方には、習慣化しやすいラジオ体操がおすすめです。

短い時間で終わらせたい場合は、第一か第二のどちらかを、両方やる時間があればどちらもやってみましょう。第一も第二もそれぞれ3分ちょっとの短い時間で体操できるため、無理なく習慣化しやすいです。

ラジオ体操で全身の筋肉を大きく使って体操をすると、身体がほぐれて気持ちのいい1日をスタートさせられるのではないでしょうか。

ラジオ体操第一は毎朝6時30分から40分まで!毎朝10分のラジオ体操で気軽に健康維持ができますよ!

朝活を続けるコツ

そもそも、朝活をするには早起きをしなければ始まりません。そのため、早起きを習慣化できるようにするのが第一となります。

  • 寝室にパソコンやスマートフォンを持ち込まない
  • 寝る場所は朝日を浴びられる窓側などにする
  • 目覚ましを複数かける
  • 寝起きに白湯や常温の水を飲んで、身体を目覚めさせる
  • 窓を開けて外気に触れることで、脳と体をリフレッシュ

最後に

いかがでしたか?朝活には、早起きという試練はありますが、それを乗り越えれば1日を気持ちよく過ごせるメリットもたくさんあります。

何かしたいけど思いつかないという方は、簡単なストレッチから始めてみてはいかがでしょうか。自分にあった早起きの方法を見つけて、ぜひ朝活にチャレンジしてみて下さいね。

朝活で心も身体も豊かになって、気持ちの良い1日をスタートさせましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら