歯並びを治したいけど、矯正器具に抵抗がある方へ。新しい治療方法「マウスピースで歯列矯正」

歯列矯正と言ったら銀色のワイヤーを歯につけているイメージがありますよね。ギラギラして怖い印象でした。歯並びが気になるけれど、あの装置をつけるのは抵抗があるという方は少なくないと思います。最近では、歯の表面に取り付けるブラケットと呼ばれるものは基本透明にはなってきましたが、やはりワイヤーの部分はまだ銀色になってしまいます。しかし、新しい矯正の仕方が出てきていて、最新の方法ではマウスピースで歯列矯正をするのです。そんな新しいマウスピース矯正についてお話します。

治療の流れ

どんな方法の歯列矯正でも、必ずはじめにするのが「相談」です。

現在の歯並びについて、どのような治療をするのか、金額や期間についてお話します。歯科医院によって相談のみは無料でおこなっている良心的なところもあるので、複数の医院で相談してみて、納得のいく先生のもとで治療をはじめることをお勧めします。

相談のあと、治療をはじめることになると、精密検査に進みます。お口や顔周りの写真撮影、レントゲン撮影、歯の型採りなどをおこないます。

この時点で、もし虫歯があった場合は、矯正治療より虫歯の治療を優先します。せっかくマウスピースを作っても虫歯の治療をしてしまうと、合いが悪くなってしまうからです。

そして、親知らずがある場合、状況によっては抜歯が必要になることもあります。歯列が綺麗になっても、あとから親知らずが奥から押して、綺麗な歯列をくずすことがあるからです。

その後、マウスピースが完成し、あとは歯科医師の指示のもとで使用していくだけです。種類にもよりますが、基本的には、1日20時間程度は着用し、食事や歯磨きのときは外します。

マウスピースは約2週間ほどで、新しいものに交換していきます。

歯列が整ったらマウスピースは終わり、その後、後戻りを防ぐために「保定」をおこないます。前歯の裏側の見えにくい部分に短いワイヤーをつけるなどの処置です。これは矯正期間と同じ期間が必要と言われていて、とても大切な期間となります。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

目立たない

一つ目は、目立たないこと。マウスピースは透明なので、従来のブラケット矯正に比べると、かなり目立たなくなっています。

清潔

二つ目は、清潔です。歯磨きのときはマウスピースを外せるので、矯正器具が邪魔をすることがなく、食事のときも外すため、食べかすが絡まることもありません。

安価

三つ目は、ブラケット矯正より安価ということです。歯列矯正は、自費診療になるので、綺麗な歯列を手にいれるまでに、約100万円はかかってしまいます。しかし、マウスピースの矯正の場合は、約40万円でできる場合もあります。

これはマウスピースの種類にもよりますが、日本で一番普及しているアソアライナーという装置だと約40~60万円での処置が可能です。

デメリット

最新のマウスピース矯正ですが、やはりデメリットもあります。

治療期間が長い

ブラケット矯正よりも期間が長くなってしまう場合があることです。マウスピース矯正は、歯を大きく動かすのには不向きなのです。そのため、歯に大きなねじれなどがあると、どうしても矯正の期間が長くなることがあります。

短期間で処置を希望の方は、最初の1年はブラケット矯正をして歯列をある程度整えて、その後、マウスピース矯正に移行するというやり方もあるようです。

ちなみに矯正期間は、歯列の状態や年齢により個人差があります。

壊れやすい

はぎしりが強いとマウスピースが割れてしまうことです。マウスピースは2週間ほどで交換していくものですが、交換の前に割れてしまうようですと、マウスピース矯正は向いていないかもしれません。強いはぎしりのある方は、別の矯正の方法を考えましょう。

最後に

歯列矯正は、まだ歯が動きやすい子供の方が適していますが、最近は大人になってから始める方も増えてきています。その場合、見た目が気にならないマウスピース矯正は、とても魅力的ですよね。

口元の印象でその人のイメージが変わるので、歯並びで悩んでいる方は、思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。お金が心配という方も、ほとんどの医院で分割払いが可能です。一生付き合っていく歯ですので、一度しっかりと向き合ってみてください。

歯列が整うと、歯周病のリスクも軽減されます。歯並びが悪いと、汚れが溜まりやすくケアもしにくいので、歯周病が進行する傾向にあります。そのため、歯列を整えることで、歯周病のリスクを回避できます。

歯科医院選びはじっくりと。矯正専門の歯科医院はたくさんあり、治療の方針や金額など、医院によってさまざまです。マウスピース矯正といっても、装置の種類がいくつかあるので、相談は何件も行くことをおすすめします。

中には矯正のためだけに、県外の歯科医院に通院される方もいらっしゃいます。お金のかかる治療なので、信頼のできる先生のもとで、納得のいく治療をしてもらいたいです。良い治療ができることを、心から祈っています。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら