全てをさらけ出して!前向きすぎる「日記系映画」厳選2本

スポンサーリンク
728×90




恋愛や仕事など一生懸命取り組んでいることほど、失敗したりミスをしたりすると落ち込んでしまってなかなか気分が戻らない時がありますよね。今回は失敗してもくじけても、日記で心を整理し、明るく切り替えて、幸せを手に入れる前向きな女の子が登場する「日記系映画」を見どころ・裏話と共に、2本ご紹介します!

ブリジットジョーンズの日記

この映画が大好き!という女性も多いのではないでしょうか。イギリス人作家のヘレン・フィールディングの書籍を映画化したもので、書籍・映画共に大ヒットしました。イギリス人はみんなブリジットが好き!という程、現地で愛され続けています。ブリジットジョーンズシリーズ第3弾も公開されるということで、再注目されている映画です。

あらすじ

アラサーのブリジットは恋愛も仕事もがんばるが、いまいちパッとしない生活を送っている。ニューイヤーパーティーでいけすかない男マークにバカにされたことをきっかけに、酒浸りの不摂生な生活やだらしない自分の性格を変えて、幸せになるための日記をつけることを決意する。職場の上司で遊び人のダニエルといい関係になるが、遊ばれているのか本気なのかわからず悩む日々。そんな時、再びマークと出会い、ブリジットは嫌いだったはずのマークの紳士さに惹かれ始める。ブリジットは恋の葛藤、仕事、ダイエットの苦悩、お酒断ちによるストレスの愚痴などをユーモア溢れる表現で取り繕うことなく日記にしたためていく。 

ブリジット・ジョーンズ:レネー・セルヴィガー

ダニエル・クリーバー:ヒュー・グラント

マーク・ダーシー:コリン・ファース  他

見どころ

見どころはなんといっても、「ブリジットのかわいらしさ」です。不摂生によって若干ぽっちゃりしていて、下着はいつも大きめ。女子力は低めの彼女ですが、何でも一直線につっこんでいく勇気と失敗して落ち込んでもすぐに立ち直る素直さが、誰も彼女をほっとけない不思議な魅力を持っています。ダニエルに自分のデカパンツが見られてしまっても、勘違いで一人だけパーティーにバニーガールのコスプレで行ってしまって、「はずかしい!」という時も上手に気持ちを切り替えていきます。そんなブリジットが、一生懸命変わろうと努力し、包み隠さず日記にぶつける気持ちは本当にかわいらしく、思わず応援してしまいます。同じ女性だったら共感間違いなしです。

裏話

ブリジットジョーンズの日記は本場イギリスでは本当に人気のある作品だったため、映画化する際、反対や批判が出やすい作品だと言われていました。その理由のひとつがブリジットのイギリス訛りの英語を再現できる女優などいるのか?という点でした。ブリジット役のレネー・セルヴィガーは猛特訓し、見事イギリス訛りを再現しました。また、レネーは自分が痩せ型の体型にも関わらずブリジットの肉付きのいいスタイルを作り出すためにわざと太ったそうです。レネーの並々ならぬ努力があってブリジットジョーンズの日記は全世界から愛される映画になりました。

ジョージアの日記~ゆーうつでキラキラな毎日~

イギリスでベストセラーになったルイーズ・レニソンの本を映画化した作品です。「ブリジットジョーンズの日記の妹版」と言われており、女子高生版ブリジットという雰囲気の作品です。10代だからこそぶつかる恋や体や家族の悩みが等身大の高校生らしくストレートな表現で語られていきます。同世代はもちろん、大人も楽しめる作品です。

ジョージア:ジョージア・グルーム

ロビー:アーロン・ジョンソン  他

あらすじ

コンプレックスが多い主人公のジョージアは超イケメン転校生ロビーに一目惚れ。しかし、ロビーには美人の彼女がいて気後れして近づけない。なんとか彼に近づこうと自分磨きをしてみたり、友達と結託し接触を図ろうとしたり、学校一キスが上手いと噂の男子とキスの練習をしたり・・・変わろうと試みる自分の毎日を日記に書きながら、懸命にロビーに近づいていく。

見どころ

見どころは「ジョージアの根性」!コンプレックスを抱えつつもジョージアは絶対にロビーと仲良くなろうと心に決めて行動します。その根性たるや!好きでもない男子とキスの練習をしたり、脱毛をして足がオレンジ色に変色しまっても隠し通そうとしたり、大好きなフィッシュアンドチップスを死ぬ気で我慢したり。かわいい女の子になって彼を手に入れるための試行錯誤と失敗しても諦めないバイタリティの高さはこちらまで勇気づけられるほどのパワフルさです。10代なので、かなりの無茶をする時もありますがそれもまたおもしろくてかわいらしいです。そして、イケメンすぎる!王子様のようなロビー役のアーロン・ジョンソンにも注目です。クールな雰囲気ですがくしゃっと笑う瞬間が素敵な男の子です。

裏話

この映画に出てくる若者たちは、監督がオーディションを行って集められたほとんど素人の人たちです。そうとは思えない程、全員表現力豊かにそれぞれの人物を演じていて、等身大の高校生たちになっています。この映画の後、本格的に役者デビューをした演者も多いそうです。

最後に

いかがだったでしょうか?目標のための孤独な戦いも日記に綴ることで気持ちが落ち着いていつもの自分に戻ることができると思います。映画の中の彼女たちは失敗しても、困難にぶつかってもユーモアを持って乗り越えていく知恵をくれるはずです!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら