特に椎茸(しいたけ)がオススメ!キノコは生のままで冷凍してうまみアップ!知って得する節約テクニックについて

スポンサーリンク
728×90

最近、「キノコ冷凍」することで、うまみがアップすることが、テレビなどで取り上げられて、注目されています。「キノコって冷凍できるの?」と、今ひとつ、半信半疑の方にも、節約テクのひとつとしても、おすすめしたいのが、「キノコ」の冷凍です。

すぐに黒ずんでしまうキノコの保存は?

ヘルシーで香りのいいキノコは、食卓に欠かせない食材ですね。でも、一度に使い切れずに、冷蔵庫に入れておいたら、すぐに黒ずんで来て、「まだ、食べても大丈夫かしら?」と不安になることも多い食材。

ネットで

「どの程度をめやすに使い切ればいいでしょうか?」

という新米主婦さんのお悩みもよく聞かれます。キノコの保存方法として、ざるに広げて日に当てて、干して使うことをすすめている人もいますが、もっと手軽なのが「冷凍」です。煮たり、焼いたりする必要はありません。

キノコは生のままで「冷凍」できるので、買って来たら、すぐに「冷凍」してしまえば、ぐっと長持ちして、使い切れずに悪くすることがなくなるので、節約になるのです。

科学的に実証されている冷凍キノコのおいしさ!

「買って来て、すぐに冷凍するなんて、逆にもったいない。生のまま、使った方がおいしいはず」と思う方もいると思いますが、キノコ類は使用直前まで冷凍しておいた方が、うまみが増すことが知られてきたのです。

キノコは冷凍することで、水分が膨張し、細胞が破壊されることでうまみ成分が増すことが、科学的にわかっているそうです。実はその事実を知らずに、「キノコも冷凍できるはず」と思って冷凍しておいた生椎茸をバターソテーしてみたら、「やたらとおいしい」ということに気がつきました。

「冷凍しないで使うときよりもおいしいさがアップしている気がするけれど、気のせいかしら?」と思っていたら、科学的な根拠があることを後付で知り、実践的に納得したのです。

ミックス冷凍キノコで、時短料理も!

キノコも多種類がありますから、冷凍がおすすめのものも、あまり向かないものもあるようですが、私が実践しているのは、ミックス冷凍キノコを作ること。

  • 椎茸
  • しめじ
  • 舞茸
  • えりんぎ
  • えのき

あたりが、スーパーでよく手に入るキノコですが、これをすぐに調理できるようにカットして、多種類を一緒に冷凍してしまいます。

キノコはいろいろな種類を混ぜたものを使う方が料理としてはおいしさがアップするからです。

冷凍におすすめなのは椎茸(しいたけ)のようで、えりんぎなどは、食感が少し損なわれるようですが、うまみがアップするのは、どのキノコにも共通しているということなので、ミックスキノコにすれば、互いが補い合うから、食感のことも気になりません。

解凍はせずに、冷凍のままのキノコを調理に使うのがおいしく作るこつ。キノコとベーコンのパスタやキノコごはん、キノコ汁など、すでにカットしてあるミックス冷凍キノコを作っておけば、使いたいだけ取り出して、切る手間もなく、すぐに料理が仕上がるので、時短にもなりますね。

おわりに

いかがですか?時短&節約できて、さらに味が美味しくなるキノコの冷凍保存を、みなさんも是非試してみてください!

きのこを冷凍して使えるとご紹介いたしましたが、冷凍した食材の活用術について次の記事でご紹介しております。続けてお読みください!

キャベツやきのこなどの野菜は生のまま冷凍ができる。冷凍食材の活用術について

この記事を書いた人

arco
arco
ライター、編集者として仕事をして20年以上になります。主に女性向けの生活情報について、雑誌、フリーペーパーなどの企画から取材、撮影、編集まで一括して行って来ました。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら