4歳児、5歳児はストライダーが不要!こんな簡単な練習方法ですぐに自転車に乗れるようになった!

スポンサーリンク
728×90




小学校に入学して2か月が経過し、新しい友達と交わることも随分多くなったとおもいます。そして、小学生1年生の多くが自転車に乗れるようになっている事実に気が付き、慌てて自転車に乗る練習を開始しました。乗れるようになるまでにあった、失敗談と成功談について世の中のお父さん・お母さんに共有したいと思います。我が家の子供はこうやって自転車に乗れるようになった練習方法をお伝えいたします。

自転車に早く乗りたいなら、ストライダー(STRIDER)でなく自転車を買おう!

小学生になって、ストライダーという選択肢はもうありません。ストライダーの対象は2歳から5歳です。自転車との大きな違いは本体の重さだと思います。ストライダーの重量は約3KG。

それに対して、幼児用の自転車は9KGから12KGぐらいはあります。身体が小さく、大きな車体を支え切れない子供にはストライダーで良いと思いますが、十分成長をしていると思える子供に対しては、自転車を買い与えることをお勧めします。

ストライダーのホームページをみると、以下のコメントがあります。

2歳から5歳、子どものココロとカラダは大きく成長します。そんな、遊び方の変化も激しい時期に、もっとも適した乗り物それは三輪車や自転車ではなく、足で地面を蹴って進み直感的にコントロールができるストライダー。

子どもには使いづらいペダルとブレーキを省き走る・止まる・曲がるというコントロール性能とシンプルでタフ、そして最も軽い独自構造を追及しました。

ストライダーの延長線上に自転車があるという錯覚があるかもしれませんが、自転車に乗るために必要なブレーキの使い方、ペダルの踏み方に関する能力まで身に付けることはできません。

実際にストライダーを使用して、バランス能力は取れるようになった子供の声を耳にしますが、みんな足で自転車を止めようとするという話を耳にします。とても危険な行為です。

ストライダーはストライダー。自転車は自転車。別物として考えて乗らせた方がいいですよ。

どこで自転車を買うのがいいの?自転車を買うお店の選び方とは

ここでまず私の失敗談です。実家に戻る途中にちょっとした大きさの自転車屋さんがあり、何回か子供と見にいき、最終的には家族全員の同意を得た上で子供が欲しいという自転車を買い与えました。

ただ、車で通りかかるようなお店で、自宅から自転車でいけるようなお店ではありません。つまり、その店舗とは最初に買うだけのお付き合いとなり、その後のメンテナンスは一切お願いできないお店になってしまったのです。お店選びでまずは失敗…。

子供の自転車、何かと調整が必要になることが多いので、できる限りその後もお世話になりやすい環境を作っておくことをお勧めします。

お店の人も仕事だから当然依頼した作業をしてくれると思いますが、自分のところで買ってくれた自転車と、そうでない自転車だと取扱いの違いが出ても仕方がないと思います。

値段にしても、格安を売りにした自転車屋さんと、地元の自転車屋さんと値段を比べたとしてもそんなに大きく違いは出ないと思います。1回外食をするのを控えれば、差額分なんて簡単に埋め合わせることができます。

成長に合わせて調整が必要になる、子供の自転車。特殊な工具も必要なので、できる限り地元の自転車屋さんにお願いをするようにしたほうがいいです。

子供用の自転車、何インチの自転車を選べばいいの?私は選び方を失敗して買い直しになりました

小さな自転車になると、2から3歳の幼児向けの自転車もあります。一般的な推奨サイズは以下の通りです。

自転車のサイズと子供の適正身長ならびに年齢(目安)

12インチ 83cm ~ 98cm 2~3歳
14インチ 92cm ~ 107cm 3 ~ 5歳
16インチ 98cm ~ 119cm 3 ~ 6歳
18インチ 103cm ~ 125cm 4 ~ 8歳
20インチ 111cm ~ 140cm 5 ~ 9歳
22インチ 116cm ~ 145cm 6 ~ 11歳
24インチ 122cmから151cm 7歳以上

私が1台目の自転車を購入するときに、この指標を参考にしました。どこの自転車屋さんにもこの参考値が掲載されていますので、使ってくださいと申し上げたいのですが、私はこれで大失敗しました。

子供の身長22インチの適用基準に達していたので、自転車屋さんに相談して足の先がつくから問題ないという回答を頂いたのです。

これからの子供の成長を考えると、少し大きめの自転車の方が長く使う事が出来ていいなと思ったのが大誤りでした。

初めての自転車は練習のことも考えて、足が「ぺたっ」とつくサイズを選ぼう!

自転車さんのおにーさんも随分いい加減だなと、後々嘆いたのですが、結論からお伝えすると、まだ自転車に乗れる能力がない子供の自転車は、絶対に足がぺったり付く自転車を選ぶべきです。

最初に買った22インチの自転車はかろうじて足の先っちょで立つことができる程度だったのですが、全く練習になりませんでした。

初めての自転車を練習するときに必要なのは、

  1. ブレーキの掛け方を学ぶ
  2. バランスのとり方を学ぶ
  3. 交通ルールを学ぶ

このような事がありますが、足の先っちょしかつかないような自転車では、とにかく怖がって練習どころではありませんでした。常に、サドルを抑えて一緒に走るか、親が腕を支えてバランスをとって走るか。

こんなのでは絶対に上手く乗れないと思い、22インチの自転車を使うことをあきらめ、今度は近所にある自転車屋さんに行くことにしました。

近所の自転車屋さんで買った自転車は18インチ

私は、後々のことも考えて少しでも大きい自転車を買ってしまったことに大後悔…。自転車屋さんにある、適正表ならびに店員さんのアドバイスを信じたのですが、足の裏が”べたっ”とつかない自転車では全く使い物になりませんでした。

新しい自転車で3週間練習したあと、思い切って自転車を買い直しにいきました。買ったのは18インチ。このサイズが足の裏が”ぴたっ”とついて、体のサイズにもピッタリの自転車でした。ここで、ベテランの店員さんにアドバイスをいただき、以下のことをしました。

バランスをとる練習をするためには、自転車のペダルを外す

ストライダーでバランスをとる練習をしていない子供が自転車に乗るために最初に行わなくてはいけないのは、バランスをとる練習です。そのために不要なペダルを外したほうが良いというアドバイスを受けました。

いきなりペダルを蹴ってバランスをとる練習をするのではなく、緩やかな下り坂を利用し、両足で地面を蹴って前に進む練習をする。この練習をすることによって、バランスを取る練習はもちろん、ブレーキをかける練習にもなります。

購入した自転車はペダルを外して乗って帰ることにしました。

初めての自転車練習は、緩やかな下り坂でバランスを取る練習から

自転車屋さんからの帰り道、早速ペダルがない自転車でバランスを取る練習が始まりました。親が命じたのはとにかく

  • 姿勢を正して!
  • 前を見て!
  • 両足で蹴って!

この3点だけでした。ペダルが無い自転車なので、イメージとしてはブレーキがあるストライダー状態です。ひたすら両足で蹴る練習をしました。蹴ったあと、バランスを取って倒れないようにする練習です。

子供は吸収が早いので、あっという間にバランスが取れるようになってしまいました。両足がぺったりつく自転車だと今までとは全くちがいました。足がつくので怖がらないのです。進歩する力が全くちがいました。

さらに、緩やかな下り坂を利用してブレーキの練習をします。バランスが取れ始めたと同時に、きちんと止まる練習もするのです。道路の白線にそって下りる練習をします。わが家の近くには約100mもの緩やかな坂があったのでそこで練習をしました。そして約束をしたのです。

「この坂を一回も止まらないで止まれるようになったら、ペダルを付けてあげる♪」

子供に次のステップに向けてのゴールを示すのです。20回も坂を下ったでしょうか。きちんと一回も止まらずブレーキを調整して、下れるようになりました。約束を守り、すぐにペダルを付けてあげました。

上手になっていく姿が目に見えて本当に楽しかったですよ。両足がぺたっとつかない自転車では得られなかった満足感でした。ちなみに1回もケガをするような転倒はありませんでしたよ♪

幼稚園(保育園)児、小学校低学年の子供の自転車。スタンドは片側タイプだけ?それとも両立タイプ

初めての自転車を買うとき、スタンドをどのようなタイプのものにするか選ぶ必要がありますが、大人がよく使う両立タイプが良いだろうと最初は思っていました。

1台目のいけていないお店で両立タイプのスタンドを最初の設定として付けてもらっていたのですが、子供の力では両立タイプのスタンドに対応するのは大変なのです。動作を思い出してください。

両立タイプのスタンドはサドルの部分に手を当てて、自転車を持ち上げるような動作をしませんか?22インチの自転車を片手で持ち上げて、更にスタンドをおろす。

無理でした。

初めての自転車は必ず、片側スタンドの自転車を選ぶようにしてあげてください。こんなこともきちんとアドバイスできない自転車屋は最低です。

初めての自転車と加入していて欲しい保険について

子供が自転車に乗れるようになって、街中を少しずつ走るようになりました。ただ、たまにふらついたりして、バランスを失うことがあります。

1つの大きなリスクとして、止まっている車などにぶつかって傷つけるリスクです。

第三者の財物に対して、傷つけたり壊してしまう可能性があるため、必ず入っていて欲しい保険があります。それが個人賠償責任保険です。

この個人賠償責任保険は色々なところで保険の特約として付帯されています。例えば、賃貸にお住まいの方は、必ずこの保険に加入させられています。あと、自動車保険の特約としても付帯することができます。

また、単品で個人賠償責任保険だけに加入することもできます。1契約あれば、家族全員が被保険者として保険の対象となります。

最初の自転車屋さんからの提案に自転車保険についての提案がありましたが、自転車保険になると、ケガをしたときに、入院:1日3,000円などの補償がつくのですが、そこまでの補償は不要かなと思います。

不要な補償がついて高い保険料を支払うのであれば、単品で個人賠償責任保険に入ることをお勧めします。

子供が高級車に突っ込んで傷をつけた瞬間に、何十万円の請求がくるリスク。親はこの対処をする必要性があります。

最後に

今までいつも電動自転車の後ろに乗せていた子供が、ついに独り立ちして嬉しさと寂しさが入り混じりましたが、健全な成長だと思います。今回学んだことは、親が適切な道具を提供することができれば、子供は自転車にあっという間に乗れるようになるのです。

どうやったら子供が上手に自転車に乗れるようになるか、ググっているお父さん・お母さん。是非参考にしてください。その後最初に買った大きな自転車にも乗れるようになりました。

また、良かったら↓の”いいね”などを教えてシェアしてくださいね(笑)

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら