なんと、たった4,980円で本を自費出版ができてアマゾンで売れる!

スポンサーリンク
728×90




自分が得意にしている分野のことについて、本を出版して多くの方に伝えたい。さらに、印税まで入ってきたら…、なんて思ったことありませんか。MyISBNというサービスを利用すれば、たった4,980円を払うことでアマゾン三省堂で著書が売れるのです。自費出版を夢見ていた方にオススメのサービスをお伝えします。

MyISBNとは

MyISBNとはザインエッグ株式会社というベンチャー企業が提供しているサービスで、出版したい書籍をPDFでアップロードするだけで、紙の書籍を出版できるサービスです。ISBN出版者記号を管理運営する日本図書コード管理センターとは関係のない独自のサービスを提供しています。

このMyISBNの特徴は本を受注印刷できることです。つまり、出版にあたり数百冊・数千冊単位であらかじめ準備する必要がないのです。アマゾンに登録することができるので、注文が入れば印刷してお届けするという無駄がないサービスなのです。また、本屋さん経由でも受注をすることとができるようになりました。

また嬉しいのが出版権について求められないことです。大手の出版会社だったらか、出版をするんだったらうちの会社から100%だけというエクスクルーシブ契約を当然のように求められます。このMyISBNのサービスではそれを求められないのです。

MyISBNの利用方法

MyISBNの利用はユーザ登録から始まります。その後、文章やタイトル・表紙のデータなどを送るだけの約5分で作業が完了します。必要な費用は4,980円だけ。ページ数に応じた料金ではなく、1冊の登録料となっています。MyISBNは発行料のみ有料となっています。発行登録は大きく、ユーザ登録と書籍登録の2つステップを踏みます。

1.ユーザ登録をする

  1. メールアドレスを入力してメールを確認する
  2. 送られてきたメール内にある「確認リンク」をクリックする
  3. パスワードを登録する
  4. 新しい本を登録する

よくある登録方法と変わりません。

https://d13kiiruo3x6iv.cloudfront.net/image/images/normal/24c17f50da5674c1d4b669997e942b30a245be47.png?1372061019

2.書籍を登録する

書籍の登録をするうえで、著書・表紙のデータをPDF化しておく必要性があります。また、希望販売価格についてもあらかじめ決めておいてください。

  1. タイトルを入力する(必須)
  2. かなタイトルを入力する(必須)
  3. サブタイトルを入れる
  4. 本の分野を入れる
  5. 著者名を入れる
  6. PDFで原稿をアップロードする
  7. PDFで表紙データをアップロードする
  8. 販売価格を決める
  9. Amazonで表示される書籍の紹介分を入力する
  10. クレジットカードか銀行振込を選んで支払う

このあと、Amazonの審査が開始されます。1か月ほど待つことになります。審査が通れば、すぐに販売が開始されます。注文が入ると、自動的に印刷と製本が行われ、2日程度で本が配達されるようになるとのことです。

MyISBNを利用する上で気をつけたいこと

MyISBNを利用する上で気をつけたいことは、出版社の編集者がいないというデメリットです。つまり、誤字脱字や文章構成などについて、全て自己責任で行わないといけません。このサービスは著書をPDFにしてアマゾン経由や三省堂経由で販売するというものです。決して積極的なプロモーションをしてくれるというものでもありません。書店であなたの著書が売れているイメージを目指すのであれば、やはりそれなりの出版社に依頼する必要があります。もしあなたが今すぐアマゾンで本を販売したいとお考えであれば、Kindle direct publishing(略称:KDP)という選択肢があることも最後に加えておきます。

https://kdp.amazon.co.jp/

あなたがどのような目的で出版を目指しているかによって、出版社の選び方は大きく変わってくると思います。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら