鼻水が止まらない方へ!実は鼻水を止めなくていい!?鼻水が酷いときの原因と症状について

スポンサーリンク
728×90

からにかけて空気が乾燥すると、花粉風邪などで鼻水が止まらなくて、辛い季節になります。生活に支障が出るので薬などを使って鼻水を止める人が多いと思いますが、症状によっては無理に止めてしまうと病気の治癒を妨げて症状を悪化させてしまったり、危険な病気に気付くのが遅れてしまう危険もあるのです。どういった症状に注意を払えばよいのでしょうか?
鼻水の色粘度から分かる、病気の見分け方についてご紹介します!

鼻水が出る原因

鼻の中は、一般的に鼻毛と呼ばれる短く太い毛で、びっしりと覆われています。この毛は、空気中に漂っている埃や花粉などのアレルギー物質、病原菌などを誤って吸い込んでしまった時に、体の中に入り込むのを防ぐ役割を持っています。

鼻水は、鼻腔でキャッチした有害な微粒子を、外に流し出すために鼻の中で分泌される液体です。鼻水が良く出てくるのは、それだけ体の中に悪い菌やアレルギー物質が入り込もうとしているからなのです。

鼻水は、私たちが体を守るために本能的に行っている防衛反応だと言えます。

鼻水の状態で症状が分かる

出てくる鼻水の色や粘度を確認すると、どんな菌やアレルギーが体に入ろうとしているか、その正体がおおまかに分かります。

透明で水っぽい鼻水

花粉やハウスダストなどのアレルギー物質が鼻に入った時に出てくる鼻水です。風邪の引きはじめや体の冷え、自律神経の乱れなどでも出てくることがあります。

透明で粘りのある鼻水

風邪を引き起こす病原菌やウイルスが鼻の中に入って来た時に、体の中に入り込ませないようにするために出てきます。風邪の初期症状や完治直前などによく出てくる鼻水です。

白い粘りのある鼻水

本格的に風邪を引いてしまい、ウイルスなど病原菌が大量に鼻水に絡めとられているために色が変わります。この状態の時が、体力を消耗して体が一番辛い時なので、無理せずに安静にしておく必要があります。

緑色、黄色の鼻水

鼻水は鼻腔内の血管から染み出してくる分泌液で、塩分や白血球などが含まれています。緑色や黄色っぽい鼻水は、鼻に入ってきたウイルスと戦って死んだ白血球や、倒されたウイルスの死骸が混ざり込んでいるため、濁っています。

基本的にはウイルスが死滅するまでの一時的なもので、この色の鼻水がでてくると風邪なども治りかけの場合が多いです。しかし、風邪の症状が治まっても長く色のついた鼻水が出る場合は、慢性の鼻炎や蓄膿症になっている場合もあるため、病院での治療が必要になります。

赤茶色い鼻水

濁った粘度の高い鼻水に、血が混じっている状態です。鼻水で鼻腔内が圧迫されて傷ついたり、鼻のかみすぎで出血してしまった時に起こります。あまりに出血量が多い時は、早めに耳鼻科で診てもらうようにしましょう。

薬などで無理矢理止めてしまうといけない時も

鼻水がたくさん出るということは、それだけ体内に入ろうとするウイルスや花粉を追い出そうと体が頑張っている時です。

でも、鼻が詰まると呼吸が苦しくなり、生活に支障も出るので困りますね。そのため、鼻水の分泌量を減らして鼻の通りを良くする医薬品も、販売されています。

しかし、薬で鼻水が止まったからといって風邪やアレルギー症状が治ったわけではなく、むしろ体内から悪い菌を追い出す作業を遅らせることになってしまうのです。そのため、風邪の治りが通常よりも遅くなったり、悪化してしまう危険もあるのです。

どうしても鼻水を止めたい時は

仕事などを休めず、やむをえず鼻水を止めなくてはいけない場合には、一時的に薬を利用して止める程度に留めましょう。風邪の症状で鼻水が止まらない時には、鼻炎の薬を飲むよりも、抗生物質などウイルスを死滅させる効果のある薬のほうが良いです。

ただ、薬の使用が慢性化してしまうと、鼻水の分泌量が少なくなってしまい、病原菌を体の中に取り込みやすくなってしまいます。どうしても鼻水が辛くて止めたいという時には、薬を使わずに鼻水、鼻詰まりを改善させる方法が安全で効果的です。

鼻を温める

蒸したタオルなどを使って鼻を温めると、鼻腔が広がって鼻の通りが良くなります。その間に鼻をかむと、スムーズに鼻水を除去することができます。

ペットボトルを脇に挟む

500mlのペットボトル(角が丸いもの)に水を入れて脇に挟むと、交感神経が刺激されて鼻の通りが良くなります。右の鼻が気になる時は左側の脇に挟む、といったように、詰まっている鼻と反対側の脇を刺激することがポイントです。

しかし交感神経を活発にしてしまうため、寝る前に行うのはおすすめできません。

鼻うがい

少しでも鼻の中を清潔に保っておくことも大切です。市販薬や鼻の中と濃度を合わせた食塩水で鼻うがいを行うと、鼻の通りが良くなってすっきりします。殺菌作用もあって、おすすめの方法です。

ただし、鼻の中と濃度が異なる塩水を使用すると、粘膜を損傷して鼻の中が炎症を起こす危険があるので、注意が必要です。

最後に

鼻水が止まらないと、睡眠や日常生活にも影響を及ぼしてしまいますが、体を健康に保つためには欠かせない生理現象です。風邪による鼻水は強引に止めようとせず、できるだけ外に排出して共にウイルスと戦うという考えでいると、辛さも和らぐのではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら