玄米にこそ日本人に必要な栄養素が詰まっている!私を守るための「自然の法則に則った食事」を取ろう!

スポンサーリンク
728×90

一つ一つの体から成り立っている動物の体。これらの体を保っていくために食事をしっかり取るということは不可欠な行為です。この食事は長い歴史の中において必要なモノが自然と根付いているのです。日本人が本来毎日すべきものは玄米なのです!

自分の身体は自分で守る!自然の法則に則った食事とは?!

皆さんは「病院へ行く」という言葉の意味について考えたことはありますか?西洋医学でいう治療してもらうという意味です。西洋医学に対して東洋医学は、漢方や食事療法といった自然の力で治療、もしくは治癒を促すことなのです。 病院で薬をもらいに行こう!と思う前に

  • 「自分の身体はどうして調子が悪くなったのか?」
  • 「調子が悪くなったらどうして病院へ行くのが当たり前になっているのか?」

など、自分の身体にまつわるあれこれを考えてみませんか。 自分の身体に耳を傾けることは、病院へ行く回数が減ることにもなります。病院の初診料約3,000円。

ばかにできない金額ですね。一方、自分で自分の身体の声に耳を傾けるのは無料です。あなたも“自分で自分の身体を守る”ことを始めてみませんか。

私たちは「食べて」生きている

私たち生き物は、食べて命をつないでいます。毎日毎日食事をとるのですから、少し考えてみると、日々の食事がいかに大切であるかが解ると思います。

我々の多くは日本で育ちました。

樹木が土地や土を選んで生息しているように、人もその土地のものを食べるのが一番自然の摂理に叶っています。最近の「地産地消」ブームは自然の流れを大事にする流れが来たのかもしれませんね。

日本人だから和食

まずは和食に戻してみませんか?洋食でも自分の身体に耳を傾けることはできますが、そこから聴こえてくるものは喉通りの悪さ、コーヒーで胸のつかえをとりたくなる異様な満腹感、便が全部出切ったと思えない不快感など否定的なものが多いと思います。

和食に変えてみてください。それも、白米を玄米に変えてもらいたいのです。たとえ洋食のままでも、主食を白米から玄米に変えるだけで身体は劇的に変化します。

さらに和食は、自分の身体から肯定的な声が聴こえてきます。便通の良さ、胸のつかえが取り除かれた感覚、コーヒーを飲んでもススーッと胃に到達する感じがあり、とても心地よい状態を体験することができるはずです。

白米は栄養を捨ててしまった後のカス。だから玄米がお勧め!

豊富な栄養素を捨て、白米というカスを食べているに等しい私たち。今こそ和食の良さ、玄米の良さを再認識する時だと思います。

玄米をお勧めする理由は、日本人に必要な沢山の栄養素が詰まっているからです。不思議なことに玄米食を続けていると、洋菓子類が欲しく無くなるのです。

生クリームやケーキ、プリン、クッキーなどが食べたくなくなる理由は玄米の中に日本人が必要とする油分も含まれているためです。

優先順位をつけるとするなら、洋食より和食、白米より玄米といった感じでしょうか。 私たちが、毎回食べ過ぎる理由は「物足りなさ」です。何かが足りない。

だけど何が足りないのかが解らない。という理由から、あれこれといろんなものを食べてしまい、むやみに太り、ダイエットに勤しまなくてはならなくなります。

さらには糖尿や体重過多などで膝や腰が悪くなり、西洋医学に頼り不必要な薬まで飲まなくてはならなくなるのです。

変化に気がつくまで3か月。人間の細胞は3カ月サイクルで変わる!

人間の体内の細胞は3カ月で入れ替わります。白米を玄米に置き換えて三か月もすれば、体調の大きな変化に気づくはずです。

早い人で3~4日、遅い人でも1カ月ほどでわかると思います。 太陽が沈み月が出るように、私たちの身体も自然の流れに任せてみるとすべてがうまくいくことを是非皆さんにも体験していただきたいと思います。

最後に

玄米ごはんですが、少し工夫をしておいしく食べる方法があります。そう、発行玄米食について次の記事でご確認ください!

小豆とお塩を入れて炊いた玄米ご飯。発酵玄米(寝かせ玄米)食が体にいい!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら